新着記事

have got to / have gottaって何なの?have toとの違いを解説

英会話でよく出てくる have got to(have gotta)は have to と同じ意味で、よりカジュアルな表現だと言われますが、カジュアルとはどういうことなのかわかりにくいですよね。have to と have got to(have gotta)のコアイメージを元に、have to と have got to の違いを解説しました。

mustとhave toの違い

置き換え問題としてよく出題される must と have to の違いを、must と have to のコアイメージを元に解説しました。must と have to の例文は「肯定文の場合」「否定文の場合」「過去を表す場合」に分けて記載しています。

助動詞 must のイメージと意味・用法まとめ

「~しなければいけない」の意味で有名な must ですが、他にも用法があります。この記事では must のコアイメージを元に、must の持つ意味・用法(「義務」「禁止」「強い確信」「強いオススメ」)について解説します。

can と be able to の違い

学校の置き換え問題で良く出てくる can と be able to ですが、これらにニュアンスの違いはあるのでしょうか。can と be able to のコアイメージを元に解説しました。

依頼を表す Will you と Can you の違い

依頼表現の Will you と Can you、どう違うのかわかりにくいですよね。この記事では、will と can のコアイメージを元に、「Will you …?」「Can you …?」「Would you …?」「Could you …?」の違いについて解説しました。please をつけた場合のニュアンスについても記載しています。

Can you speak と Do you speak の違い

外国人の方に「英語は話せますか?」と聞きたいときに"Can you speak English?"と"Do you speak English?"のどちらが望ましいのでしょうか? can のコアイメージを元に、“Do you speak English?”と”Can you speak English?”の違いをシチュエーションごとに解説しました。