未来を表す”will”、”be going to”、現在進行形”be -ing”、未来進行形”will be -ing”の違い

このページの読了時間:約36

英語で未来を表す表現はたくさんあるけれど、結局どう違うの?」ー英文法を学べば学ぶほど深まる疑問をここでスッキリ解決しておきましょう。

スポンサーリンク

未来表現を使うタイミング

明日、英語の勉強をする』という意味の英文を例に、「will」「be going to」「be -ing」「will be -ing」を、どのタイミングで使うのか確認します。

英会話での使用頻度が高い基本編と、低い特別編に分けて見ていきましょう。

基本の未来表現

例文1:I will study English tomorrow.
例文2:I‘m going to study English tomorrow.
例文3:I‘m studying English tomorrow.

future_matome1

will を使うタイミング

will のコアイメージは「確信度の高い思い」。

ただし、入念に考られたものではなく「その場の思いつき」というニュアンスです。

そのため、「よしっ!学習するぞ」と思い立ったタイミングでのセリフになります。

be going to を使うタイミング

am going to study は「決心済だが、準備は未完了」。

現在分詞 going は「既に決心は済んで、現在向かっているが、到達はしていない」状態を表し、to study は「その到達する先は study である」ことを表しています。

to は到達点までに距離があることを表しているため、「準備チェックリスト」を洗い出しているようなタイミングでのセリフになります。

現在進行形 be -ing を使うタイミング

am studying は「準備済だが、学習は未完了」。

study までの距離がない状態であり、その状態を tomorrow によって未来時に移すことで「確実に学習する予定」というニュアンスを表します。

学習に向けての準備を終えたタイミングでのセリフです。

特別な未来表現

例文4:I will be studying English at this time tomorrow.

future_matome2

未来進行形 will be -ing を使うタイミング

will は「その場の思いつき」で、その思いつきの内容として be studying(確実に学習していること)を描いています。

「パッと想像したことでも、いつも大体そうなっていることであれば確かだ」というわけで、「これまでこの時間はいつも英語の学習をしているから明日もこの時間には学習しているはず」と言いたいときのセリフになります。

未来を表す表現のより詳しい解説

この記事では未来表現の違いをざっくり取り上げましたが、もっと詳しく学びたい方は以下の記事をご参照ください。

未来表現全般

未来を表す表現「will」「be going to」「be doing」「will be doing」の違いについて解説します。

will と be going to の違いについて

置き換え問題でよく出てくるwillとbe going toですが、実際にはニュアンスが違っていて、必ずしも置き換えられるわけではありません。この記事ではイメージを元に、その違いを解説します。

be -ing と will be -ing について

過去分詞(-ed) と比べると現在分詞(-ing) は「進行・ライブ感」でだいたい理解できますが、「確実な予定」を表す用法など「進行・ライブ...
コメントの入力は終了しました。