get on one’s nerves の意味とイメージ解説

このページの読了時間:約236

get on one’s nerves
~をイライラさせる
She’s always moaning. It really gets on my nerves.(彼女はいつも文句ばっかり。本当にイライラさせられるよ)

imagelink_banner1

get on one’s nerves なぜ?

get on one’s nerves で「人をイライラさせる」という意味ですが、このとき get と on はどのような働きをしているのでしょうか?

get は「~になる」、on は「接触」のイメージで、nerve は「神経」という意味です。get on one’s nerves で「人の神経に触れることになる」→「人をイライラさせる」となります。

誰かの言動が人をイライラさせているときに使います。以下では、イラストも交えながらもう少し詳しく解説します。

get と on のイメージ

get のコアイメージは「何かのアクションによって自分のものにする」で、ここから「~の状態になる」という意味が派生しています。

on のコアイメージは「接触」です。「くっつけて、触れたままにする」というイメージの単語です。

ここから get on は「~に触れた状態になる」→「~に触れることになる」となります。

中学英語イメージリンク

get on one’s nerves のイメージ解説

She’s always moaning. It really gets on my nerves.(彼女はいつも文句ばっかり。本当にイライラさせられるよ)

get on my nerves は「私の神経に触れることになる」というイメージです。

「私の神経に触れることになる」→「イライラさせられる」という意味になります。

get on my nerves は誰かの言動にイライラさせられているときに使います。

That constant humming is really getting on my nerves.
(あの絶え間なくブンブンいっている音に本当にイライラさせられています)

Stop whining. You’re getting on my nerves.
(泣き言はやめて。ムカついてくるから)

Don’t get on my nerves!
(イラつかせないでくれる!?)

We can understand how these kids can get on your nerves.
(この子たちにどうイライラさせられるのか、私たちは理解できます)

Be careful not to get on his nerves.
(彼をイライラさせないように気をつけて)

【関連記事】

get の意味・コアイメージ解説・イディオムまとめ
get on / get ~ on の意味とイメージ解説

【英文法の概要や英語学習のコツを知りたい方へ】

英文法の概要を『英会話イメージリンク習得法』にざっくりまとめています。分厚い英文法の参考書を読む前に、さらっとお読みください。

また「これから英語の勉強を始めるぞ!」という方向けに「英語学習を続けるためのコツ」なども掲載しております。ご興味ある方はぜひご覧ください。

imagelink_banner1

この記事のURLとタイトルをコピーする

シェアする