新着記事

助動詞 shall のイメージと意味・用法まとめ

shallといえば Shall we ~?(~しませんか?)が有名ですが、契約書などにも出てくるので、いまいち何者なのかわかりにくいですよね。この記事では shall のコアイメージを元に、shall の意味・用法(「予言・決意」「法律・命令」「申し出・提案」)を解説します。

must と have to と should の違い

must、have to、should はそれぞれ「義務」を表しますが、ニュアンスはどう違うのでしょうか。must、have to、should のコアイメージを元に、「英語を勉強しなければいけない」という例文でその違いを解説しました。

may と can の違い

許可を求める May I と Can I の用法や、may の推量と can の可能性などは、意味が似ていてどちらを使えばいいのかわかりにくいことがありますよね。この記事では may と can のコアイメージを使って、may と can の違いを解説しました。

have got to / have gottaって何なの?have toとの違いを解説

英会話でよく出てくる have got to(have gotta)は have to と同じ意味で、よりカジュアルな表現だと言われますが、カジュアルとはどういうことなのかわかりにくいですよね。have to と have got to(have gotta)のコアイメージを元に、have to と have got to の違いを解説しました。

mustとhave toの違い

置き換え問題としてよく出題される must と have to の違いを、must と have to のコアイメージを元に解説しました。must と have to の例文は「肯定文の場合」「否定文の場合」「過去を表す場合」に分けて記載しています。