be to do(be+to不定詞)の意味・用法まとめ

このページの読了時間:約516

学校で be to do には「義務予定運命可能意図」という5つの用法があって、頭文字をとって「業界(ぎようかい)」と覚えるとよいと習いました。しかし、どうしてこんなバラバラな意味を持っているのでしょうか? be to do のイメージを教えてください。

be to do の5つの用法(義務・予定・運命・可能・意図)は意味がバラバラのように感じられますよね。この記事では be to do のコアイメージを元に、be to do の意味・用法について解説します。

imagelink_banner1

be to do のコアイメージ

be to do のコアイメージは「~することになっている」です。

何かが be で「存在」して、to do で「~することに向かう」流れです。ここから「~することになっている」というイメージが出てきます。

※be動詞については「be動詞の意味・用法まとめ」を、to do(to不定詞)については「to不定詞の基本の意味・3用法まとめ」をご参照ください。

be to do の主な用法は「予定・運命」「義務・命令」「意図」です。

ポイントは話し手の意志とは無関係である、というニュアンスが含まれていることです。

そのため客観的な表現とも言えますし、当事者意識の感じられない表現として聞き手に受け取られることもあります。このあたりは例文を挙げながら詳しく見ていきましょう。

be to do の用法

予定・運命を表す be to do

例文:The next meeting is to take place in Tokyo.(次の会合は東京で行われることになっています)

is to take place で「行われることになっている」という意味で、予定を表しています。

話し手が決めたわけではなく、そういうことになっているというニュアンスを含んでいます。

例文:He was never to see her again.(彼が彼女と二度と会うことにはなりませんでした)

was never to see で「決して会うことにはならなかった」という意味です。

話し手としてはそのような流れを述べているだけで、運命的なニュアンスは文脈から発生しています。

義務・命令を表す be to do

例文:You are to do your homework before going to play.(あなたは遊びに行く前に宿題をすることになっています)

are to do で「やることになっている」という意味で、「義務」を表しています。

話し手の意志として「やるべき」と言っているわけではなく、客観的にそういう流れであることを述べています

もちろん表現上はそうだというだけで、セリフの背後に話し手の意志が隠れていることは英語でもよくあります。表現をどう使うかは話し手次第ですので、ご注意ください。

例文:You are to return that umbrella to me.(あなたはあの傘を私に返すことになっています)

are to return で「返すことになっている」という意味です。

話し手としては客観的にそういう流れであることを述べているだけですが、聞き手からすれば「返しなさい」という命令的なニュアンスが感じられる表現ということになります。

可能を表す be to do

例文:The ticket was not to be found.(そのチケットは見つけられなかった)

was not to be found は「見つけられることにはならなかった」という意味です。

話し手としては、そういう流れになったことを述べているだけで、「見つけられた/見つけられなかった」という可能のニュアンスは文脈から発生しています。

意図を表す be to do

例文:If you are to succeed, work hard.(もし成功するつもりならば、一生懸命働きなさい)

if you are to succeed で「もしあなたが成功することに向かうならば」という意味です。

if という仮定の上に、are to succeed で「成功することに向かう」という流れをつくることで、「~するつもり」という意図のニュアンスを生み出しています。

ただし、これは相手が実際にそう思っているかどうかは考慮に入れていない表現で、あくまでも「もしそういう流れならば」と述べているだけであることに注意してください。

中学英語イメージリンク

まとめ:be to do の意味、用法

be to do のコアイメージは「~することになっている」です。

be to do の主な用法は「予定・運命」「義務・命令」「意図」です。

用法フレーズ意味備考
予定The next meeting is to take place行われることになっている話し手が決めたわけではない
運命He was never to see her決して会うことにはならなかった運命的なニュアンスは文脈から発生
義務You are to do your homeworkやることになっている客観的にそういう流れである
命令You are to return that umbrella返すことになっている
可能The ticket was not to be found見つけられることにはならなかった可能のニュアンスは文脈から発生
意図If you are to succeed, work hardもしあなたが成功するつもりなら相手が実際にそう思っているかどうかは考慮に入れていない

【動詞の派生語をまとめて学習したい方へ】

動詞の派生語(過去分詞・現在分詞・to不定詞・動名詞)に関する記事を一冊の電子書籍『英文法イメージリンク【動詞の派生語】』にまとめました。公開記事との違いは次の通りです。

  • 読みやすいように編集しました。
  • 記事中に広告がありません。
  • 練習問題を設けました。
  • 参考例文を追加しました。

また電子書籍なので、キーワードで横断的に検索することができます。リファレンス用などとしてぜひご活用ください。

grammar-imagelink-verbals_banner

この記事のURLとタイトルをコピーする

シェアする

コメント

  1. マンボ より:

    be to do という表現は日本語にしづらいなと常日ごろから思っていましたが、記事では1つ1つの用法がわかりやすく説明されていたので理解を深めることが出来ました。「話し手の意思とは無関係である」というのを念頭に、義務や命令等もうまく使い分けしたいと思います。

  2. 吉田 より:

    ~することになっている、という表現は使い方として分かりやすいのですが、話し手の意志とは無関係で他人事、あるいは客観性のある表現でわるというのは初めて知りました。be to doの用法の頭文字を取って「業界(ぎようかい)」と覚える習い方も初耳で面白かったです。

  3. pumpkinhead より:

    私はbe to do の用法について意識して英文を読み書きしていなかったので、イラストが分かりやすくてとても勉強になりました。ニュアンスの表現方法なので難しいなと感じますが、be to do を知っていることによって文法を間違えにくくなるなと思いました。

  4. 匿名 より:

    確かに”be to do”の用法を「予定・運命」「義務・命令」「意図」で覚えたような気がします。ただ、そこまで気にして使用したことはありませんでした。この記事の例文と絵、その説明を読んだ結果、大変理解できました。

  5. ゆうたノート より:

    「~することになっている」と英語で聞いたとしても、なかなかそのようなイメージで受け取ることはできないだろうと感じました。英語で考える事が出来るようにならないと、それは難しいのでしょうね。まるで野党の女性議員の言い回しのようです。

  6. マイマイ より:

    be to doの説明として、話し手の意思とは関係なしに~することになっている、という意味がコアなイメージであるという説明が理解しやすかったです。用法からも客観的な表現である印象はイメージできました。

  7. 雪の華 より:

    英語を母語として日常生活で使わない私のようなものにとっては、be to do のコアイメージには話し手の意志とは無関係であるニュアンスが含まれているため、聞き手には客観的かつ当事者意識が感じられないと受け取られることがあると説明がなされても、解説としてはそのとおりであっても、なかなかピンとこなところがあります。それは、この解説記事の問題というより、いつも話す言葉と違う言語を理解することの難しさに由来するものだと思います。

  8. 匿名 より:

    be to doのポイントは話し手の意志とは無関係というニュアンスが含まれている…という説明がわかりやすかったです。「~するっことになっている」という他人事のようなコアイメージはすんなりと消化できました。

  9. コツメカワウソ より:

    be to doは不定詞の中でも特に用法が難しく、受験問題などにもよく出題されるものだと思います。参考書にも解説は載っていますが、こちらの記事では参考書などにはないインパクトと分かりやすさがあります。分かりやすい例題で解説されているので素晴らしいと思いました。

  10. pso2 より:

    be to do は「〜することになっている」という意味では覚えていて、未来の予定のようなニュアンスでしたが、義務や命令、意図というニュアンスまでは把握していなかったので、改めて理解できてよかった。

  11. のりたま より:

    be to doという使い方は普段なんとなく使っていましたが、あまり意味は理解していませんでした。このコラムを読むといろいろな使い方が書いてあって、頭の中が整理された気がします。コアイメージをよく理解することが大事かなと思いました。

  12. 七條 眞由美 より:

    ‘be to do’ のコアイメージのヒントを探しに、
    こちらに辿り着きました。
    分かりやすかったんですが、
    「本人の意志とは関係ない意志」は、
    ちょっと論理矛盾していそうな感が否めないので、

    「あたかも運命や義務のような意志の方向」みたいな感じなのかな…?」と、自分なりに解釈しました。

  13. アンザワ ケンジ より:

    「業界」人はわかりました。ですが、nativeの方々は、このような表現を日常生活の中でどんな場面で使っているのでしょうか?例えば「意図」の場合、それに似た表現は別にできると思うのですが、あえてこの表現でなされる根本的な理由が今ひとつわかりません。ということは、まだよく理解できてないことなのかもしれません。この辺を更に教えていただければと思います。

  14. Yukitchen より:

    非常にわかりやすい説明ありがとうございます。やっとBe To Doが理解できました。

  15. やま より:

    be to 不定詞が客観的なイメージだとすると、be sure toやbe ceartain to と、ofのときで意味が違うことと、なにか関連がありそうな気がしますが、どうでしょうか?

  16. pennygirl より:

    be to do たまに出てきますがイマイチ意味が掴みづらいかったので助かりました。例文もわかりやすかった。

  17. taka saito より:

    be to do の用法の説明、とても参考になりました。
    なんとなく、そのようだと思い始めては居たのですが、
    実際に他の方がそのように説明されているのを読み、
    そのように考える人が他にも居たことを嬉しく思っています。

    予定・運命を表す ← will , be going to
    義務・命令を表す ← must , have to , should
    可能を表す ← can , be able to
    意図を表す ← ought to

    定形動詞に対しての非定形動詞である『過去分詞・現在分詞・to不定詞/原形不定詞・動名詞』は
    それぞれ、定形動詞の be vpp , be ving , (to) vr , ~ing に対応していて
    実際のところこれらの非定形動詞にもそれぞれ意味上の主語・目的語・補語・修飾語がある、
    つまり5文型をそのまま適用しての英文解釈が出来るようだという気づきがありまして、
    それを確認する(実際はこれを否定する証拠を見つける)ためという目的も含めて
    先日より twitter で形態素付きの英文、和訳付き&発音記号付きの公開をしています。

    https://twitter.com/agoandnew/status/1542610801823207424
    https://twitter.com/agoandnew/

    ↑和訳の方は、日本語としてちょっとおかしいと思える部分もあるのですが、
    これを始める際に、英文→和訳のルールとして以下のように決めているという部分もあったりします。

    ①修飾句を末尾から述語動詞側の順に、拾い上げる。
     (英語の修飾句は末尾に行くほど一般化し、述語に近いほど重要な意味を含むとのこと)
    ②被修飾語の前の形容詞副詞等をこちらは前にあるものから順に並べていく
     副詞/句は語尾に『く・て・に』を、形容詞/句は語尾に『い・な・の』を付ける(なるべく)
    ③被修飾語(目的語)をその後に置き、目的語を示す『を・に』をつける
    ④最後に主語や補語を『が・は』をつけて和訳の先頭に置く

    よかったらご覧ください。しばらくは毎日少しずつ投稿を続ける予定です。
    (自分自身の勉強も兼ねてますというか、私自身の英語の習得が一番の目的ですので)