stop to ~とstop ~ingの違い

このページの読了時間:約457

stop to ~とstop ~ingの違いについて

stop to ~は「~するために止まった」で、stop ~ingは「~することを止めた」だと習いましたが、なぜこんな違いが発生しているのでしょうか?

スポンサーリンク

構成要素のコアイメージ

stop to ~とstop ~ingは stopto不定詞動名詞から出来上がっているので、それぞれのコアイメージから確認していきましょう。

stopのコアイメージ

stopのコアイメージは「止める」です。

stopは「ふさぐことで、流れをせき止める」ようなイメージの英単語です。

to不定詞のコアイメージ

to不定詞は「to+動詞の原形」であり、toと動詞から成り立っています。

to のコアイメージは「別のところに向かう動き(矢印)とその向かう先にある対象(到達点)」です。

このtoのイメージから、to不定詞の主な意味は「①~すること」「②~するための」「③~するために」となります。

動名詞のコアイメージ

動名詞のコアイメージは「まさにその動き」で、代表的な意味は「~すること」です。

動名詞は「写真」のように動きを切り取ったイメージで捉えるとわかりやすいでしょう。

stop to smokeとstop smokingの違い

stop to smoke

例文:He stopped to smoke.(彼はタバコを吸うために立ち止まった)

この例文は He stopped / to smoke と区切ることができます

He stopped は「(それまで歩いていた)彼が立ち止まった」で、to smokeは「タバコを吸うために」という意味です。

区切りは文字にするとわかりにくいですが、実際の英会話では stopped と to smoke の間に一呼吸入るので、割合スムーズに理解できると思います。

なお、訳として(それまで歩いていた)を入れていますが、そのように解釈するためには当然「彼は歩いていた」という文脈が必要です。

つまり、アクションを取り出すと「①彼は歩いていた」→「②彼は歩くのを止めた(=立ち止まった)」→「③(多分)彼はタバコを吸った」という流れになるわけです。

前提となる①の行為として「歩く」以外に、たとえば「書類を書く」とすることもできます。

その場合は、「①彼は書類を書いていた」→「②彼は書類を書くのを止めた」→「③(多分)彼はタバコを吸った」という流れになります。

stop smoking

例文:He stopped smoking.(彼はタバコを吸うのを止めた)

この例文のアクションを取り出すと「①彼はタバコを吸っていた」→「②彼はタバコを吸うのを止めた」となります。

なお、stop smokingは「吸っていたタバコの火を消した」ではなく、「禁煙した」という意味になります。

英語で「タバコの火を消した」と言いたいときは “He put out the cigarette.” と表現します。

stop smokingが「禁煙した」という意味になる理由は、動名詞smokingが「習慣的な行為」を表しているからです。

つまり、それまで習慣的に吸っていたタバコを止めたというわけで、禁煙したという意味になるわけです。

まとめ:stop to ~とstop ~ingの違い

stopのコアイメージは「止める」です。

フレーズ 意味 違い
stop to smoke タバコを吸うためにそれまでの行動を止めた to不定詞(副詞的用法)
stop smoking タバコを吸うのを止めた 動名詞(習慣的な行為)

補足:stop smokingとstop walkingの違い

例文:He stopped smoking.(彼はタバコを吸うのを止めた)
例文:He stopped walking.(彼は歩くのを止めた)

この二つに出てくる動名詞smokingとwalkingは働きが微妙に異なっています。

stop smokingの動名詞smokingは「習慣的な行為」を表しており、stop smokingはそのような習慣を止めたという意味です。

一方で、stop walkingの動名詞walkingは「一般的な行為」を表しており、stop walkingはそれまでの行為を止めたという意味です。

動名詞は「写真」のように動きを切り取り、状況をありありと描いたものです。

状況をありありと描くには、何回もその行為を行ったことがあるから思い描けるパターンと、一般的にこうだろうと思い描けるパターンがあり、それぞれが「習慣的な行為」と「一般的な行為」に該当しているわけです。

動名詞の詳しい解説は以下の記事をご参照下さい。

現在分詞と動名詞、ともに「動詞の原形+ing形」で表されますが、実際はどのように違うのでしょうか?現在分詞と動名詞のコアイメージを元に、意味や用法を解説します。

なお、これだけ見ると英語は難しいと思うかもしれませんが、日本語でも同じです。

「タバコを吸うのを止めた」は習慣的な行為を止めたことになりますし、「歩くのを止めた」はそれまでの行為を止めたことになります。このあたり日本語でも英語でも共通していて面白いですね。