新着記事

be to do(be+to不定詞)の意味、用法

学校で be to do を習った時に、義務・予定・運命・可能・意図という5つの用法の頭文字をとって業界(ぎようかい)と覚えたりしませんでしたか?実はそんなことをしなくても be to do のイメージは簡単なのです!丸暗記に頼らずに be to do を理解してみましょう。

前置詞 for の意味・用法まとめ

forは「~のために」という意味が有名ですが、それ以外にも「賛成する」や「対価」などたくさんの意味があり、覚えるのが大変ですね。この記事では、forのコアイメージをもとに、forの用法をまとめました。

前置詞inの意味・用法まとめ

前置詞inは「~の中」で大体理解できますが、たまにin ten minutes(10分後に)やin pencil(鉛筆で)のように「~の中」では理解ができない用法が出てきます。この記事ではそれらも含めてイメージで解説しました。