hear と hear of と hear about の違い

このページの読了時間:約56

hear は「聞く、聞こえる」、hear of は「~のことを聞く」ですが、どうしてこのように違う意味になるのでしょうか。hear about(~について聞く)と合わせて、イメージで解説しました。

スポンサーリンク

hear

例文:If you keep quiet, you can hear the birds singing in the garden.(もし静かにしていれば、庭の小鳥のさえずりを聞くことができます)

hear のイメージは「耳に入ってきた音を聞く」です。

どちらかというと受け身的な「聞こえる」というニュアンスで使われやすい単語で、can と共によく用いられます

参考:Can you hear me?(私の声が聞こえますか?)

hear about

例文:She heard about the decision later.(彼女は後でその決定について知らされた)

hear about は「~について聞く」という意味。

about のイメージは「まわり」なので、その決定に関すること(いつ・誰が決定したのか、また決定の理由や目的など)を聞かされたというニュアンスになります。

参考:Have you heard about the tennis championship taking place in your town?(あなたの街で行われるテニスのチャンピオンシップについて何か聞いていますか?)

hear of

例文:I’ve heard of a job which would be just right for you.(あなたにちょうどぴったりの仕事があると聞いています)

hear of は「~のことを聞く」という意味。ある仕事がある(存在している)と聞いているというニュアンスになります。

ただ、hear of がこのような意味になるのは、普段の of からはなかなか想像しにくいですよね。そこで of について少し解説しましょう。

hear of における of は前置詞ではなく副詞として働いています。副詞の of のコアイメージは「分離・存在を取り出す」です。

今回の hear of a job は、動詞 hear に「ある仕事という存在を取り出す」という of の働きが加えられています。

「ある仕事の存在を取り出して、そのことを聞いている」→「ある仕事があると聞いている」となるわけです。

参考:When he came to this country, he had never heard of cell phones.(彼はこの国にやってきたとき、携帯電話というものの存在を一度も聞いたことがなかった)

練習問題

以下の英文の空欄に当てはまる前置詞として about, of のうち適切なほうを選びなさい。

(1) “Have you heard (   ) Shinichi?” – “Yes, he broke his leg.”

(2) “Have you heard (   ) Shinichi?” – “You mean the man who plays the drums for the pop-group? Yes, I know of him.”

■解説

(1) 正解:about

例文:“Have you heard about Shinichi?” – “Yes, he broke his leg.”(「信一について何か聞いている?」「うん、足を折っちゃったんだって」)

Have you heard about Shinichi? は Have you heard the news about Shinichi?(信一に関する近況を聞いていますか?)と置き換えられます。

hear about を使った場合、話し手と聞き手は両方とも信一という人物について知っている前提になります。

(2) 正解:of

例文:“Have you heard of Shinichi?” – “You mean the man who plays the drums for the pop-group? Yes, I know of him.”(「信一って人、聞いたことある?」「あのバンドのドラムをやってる人のこと?うん、名前は知っているよ」)

Have you heard of Shinichi? は Do you know who Shinichi is?(信一が誰なのか知っていますか?)と置き換えられます。

hear of を使った場合、聞き手が信一という人物について知っているかどうかわからない前提で、話し手が質問していることになります。

なお、返答に出てくる know of は「~の名前を知っている」という意味で、こちらの of も「存在を取り出す」ニュアンスを know に加えた用法です。「存在は知っているけれども、それ以上は知らない」というニュアンスになります。

hear / hear about / hear of の違いのまとめ

例文 意味 ポイント
you can hear the birds singing 小鳥のさえずりが聞こえる can と共によく用いられる
She heard about the decision 彼女はその決定について知らされた その決定に関すること(理由・目的など)
I’ve heard of a job ある仕事があると聞いています ある仕事が存在すること