大人のやり直し英語(4)『気に入ったツイートに一言返信する』

このページの読了時間:約326

「大人のやり直し英語」をテーマに、編集部の遠藤と今井が対談するシリーズです。

今井 最近、手作りでモノを作るのにはまっています。この前は軍事用リュックサックを作りました。どうも、今井です。

遠藤 リュックサックって手作りできるんですね、それはすごい……。こんにちは、遠藤です。

 さて、大人のやり直し英語シリーズですが、前回は「Twitter は趣味特化型アカウントがオススメ」について話し合いましたね。

 今回の第四弾は「Twitter 上に、どうやって英語の居場所を作っていくのか」について話し合いたいと思っています。

今井 これって、自分の好きなテーマについて英語でツイートしているアカウントを探し出してフォローする以外に何かあるんですか?

遠藤 それ以外にもまだあるんです。順を追って私なりのやり方を説明していきますね。

 まず最初のステップは、いま今井くんが言ってくれたように自分の好きなテーマについてツイートしているアカウントをフォローしていってください。

今井 そういえば、そのテーマで英語のツイートをしているアカウントが見当たらない場合はどうしたらいいですか?

遠藤 何もしなくて大丈夫ですよ。ちゃんとテーマ設定ができていれば、そのテーマについてのツイートが流れてくるはずです。そのうちに英語のツイートも流れてくるはずなので、そのツイート主が気に入ればフォローしていきましょう。

今井 焦って探し出さなくてもいいんですね。

遠藤 そうですね。自然な形で英語の居場所を確保していってあげてください。さて、次のステップでは、気に入ったツイートに一言コメントを返信するようにしていきましょう。

今井 え~、それはハードルが高そう。

遠藤 重要なのは「一言コメント」の部分です。気の利いたことを言う必要はありません。「すごい!」のような短いコメントでいいんです。

今井 えっ、そんな短くていいんですか。それなら問題なさそうですね。って、英語ツイートにも同じようにコメントをつけていくんですよね?

遠藤 そうです。Twitter を英語学習に役立てる観点から言えば、この「英語でレスポンスすること」がとても大事だと思っています。「Great!」のような短いコメントでかまいません。英語を使うことに慣れるのが重要なのです。

今井 あっ、それいいですね。英会話の現場でも、日本人は難しく考えすぎているなぁって感じることがよくあります。一言感じたことを言えばいいだけのところを、ちゃんとした英文を作ろうとして、でも作れなくて、結局何も言えなくなってしまってるって場面はあるあるなんですよね。

 これについて僕がよくアドバイスするのは、LINEスタンプで表現されているような内容に対応する英語表現を覚えておくといいよってことなんです。

 「りょうかい!」とか「冗談でしょ!?」とか「あなたは神か…」とか色々あるじゃないですか。そういう内容を英語で言えるようにしておいたら、すごく役立つんですよね。

遠藤 LINEスタンプの英語表現を覚えておくのはいいですね。英会話の現場でも役立つでしょうし、Twitterの返信にも活用できると思います。

 画像編集できるのであれば、絵と英語表現を組み合わせたイラストを自作しておくと重宝しますよ。

今井 すごくいいですね。わかりやすそう。

遠藤 相手も「おっ」と思って、自分のアカウントをフォローしてきてくれるかもしれませんよね。

今井 そりゃあ、自分のツイートに対して気の利いたレスポンスをしてくれて、かつ同じテーマに関するアカウントだったら、フォローしてもいいかなってなりますよね。

遠藤 それでは今回のポイントをまとめておきましょう。今回のポイントは「気に入ったツイートに一言返信する」でした。

 もちろん日本語ツイートには日本語で、英語ツイートには英語でレスポンスするような感じで、相手に合わせてくださいね。

今井 りょうかいです!

【英文法の概要や英語学習のコツを知りたい方へ】

英文法の概要を『英会話イメージリンク習得法』にざっくりまとめています。分厚い英文法の参考書を読む前に、さらっとお読みください。

また「これから英語の勉強を始めるぞ!」という方向けに「英語学習を続けるためのコツ」なども掲載しております。ご興味ある方はぜひご覧ください。

imagelink_banner1

この記事のURLとタイトルをコピーする

シェアする

関連コンテンツ