第22章 There構文(There is/are ~)

このページの読了時間:約421

imagelink_banner1

There is/are ~ の意味

例文:There is a big tree in the park.(その公園には大きな木があります)

there は元々「あそこに」という意味ですが、文頭にもってきて There is ~ の形にすることで「~がある」という意味になります。この形を「There構文」と呼びます。しかし、どうしてこのような意味になるのでしょうか。there のイメージから確認していきましょう。

通常、there は文末に置いて「離れたところに場を移す」働きをします。この場合、there は「あそこに」という意味になります。

この there を文頭にもってきたとき、there は「場を移す」のではなく「場を設定する」働きをするようになります。これは、文頭なので移すものが何もないから、と考えるとよいでしょう。

また、there のもっている「離れたところ」というイメージは、離れていることから「まだ知らない」「いま気づいていない」のようなイメージに置き換えることができます。

「まだ知らないもの」「いま気づいていないもの」とは「新しいもの」と言ってもよいでしょう。こうして、文頭にもってきた there は「新しいものを登場させる場を設定する」働きをすることになるわけです。

このような there の後に、存在を表す is を続けることで、There is ~ は「~がある」(聞き手にとって新しいものを登場させる)という意味になるわけです。

■ 新しいものでなければ There構文は使えない

太郎 Where is my pencil?(俺の鉛筆はどこ?)
信一 ×)There is your pencil on that desk.
)Your pencil is on that desk.(あの机の上にあるよ)

There構文は聞き手にとって新しいもの(そもそも存在していることを知らないもの、存在を忘れてしまっているもの)を登場させるときに使います。

そのため、上の例文に出てくる your pencil のように聞き手(太郎)が存在しているのは知っているものには、There構文を使うことができません

このような場合はシンプルに Your pencil is on that desk.(あの机の上にあるよ)のように答えます。

■ 後述の主語が複数形のときは There are を使う

There are two big trees in the park.(その公園には2本の大きな木があります)

後述の主語(ここでは「two big trees」)が複数形であれば、be動詞は are を用います。

おすすめ英会話教材 英会話エクスプレス

There is/are ~ の否定文

例文:There are not any trees in the park.(その公園には木が1本もありません)

There is/are ~ は be動詞の文なので、否定文は be動詞の後に not を入れます。There are の否定文は any と一緒によく用いられるので、any についても確認しておきましょう。

any は「どんな~も(無制限)」という意味です。無制限を表す any と 否定を表す not が組み合わさって「1つも…ない」という意味になります。

imagetrace_banner1

There is/are ~ の疑問文

例文:Are there any restaurants near here?(この近くにレストランはありますか?)

There is/are ~ の疑問文は be動詞を there の前に出します。

There is/are ~ の肯定文・否定文では聞き手にとって新しいものを登場させていましたが、疑問文では話し手にとって新しいもの(そもそも存在しているかどうかも知らないもの)を尋ねることになります。

■ There is/are ~ の疑問文の答え方

疑問文:Are there any restaurants near here?(この近くにレストランはありますか?)
答えY:Yes, there are.(はい、あります)
答えN:No, there aren’t.(いいえ、ありません)

be動詞の疑問文には be動詞で答えればよいのですが、実際に知っている場合は Yes, there are. だけでは質問にちゃんと答えたとは言えません。通常は、どこに何があるのかまで続けて答えることになります。

答えY’:Yes, there are. There is a sushi restaurant at the end of the block.(その区画の最後に寿司屋がありますよ)

【英文法の概要や英語学習のコツを知りたい方へ】

英文法の概要を『英会話イメージリンク習得法』にざっくりまとめています。分厚い英文法の参考書を読む前に、さらっとお読みください。

また「これから英語の勉強を始めるぞ!」という方向けに「英語学習を続けるためのコツ」なども掲載しております。ご興味ある方はぜひご覧ください。

imagelink_banner1

この記事のURLとタイトルをコピーする

シェアする

関連コンテンツ