『英会話イメージリンク習得法』一部web公開

このページの読了時間:約31

書籍『英会話イメージリンク習得法』の5章から10章までのweb公開を再開しました。(2019/10/21)

みなさんが英文法を学ぶ目的は「英文の意味やニュアンスが知りたい」「英語が理解できるようになりたい」というものだと思います。

しかし、これまでの文法書はルールが脈絡もなく出てくるものばかり。実際に最初の数ページで挫折して、そこから先に進めなかったという経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

(やっぱり自分には英語の才能がないんだ…)

そう感じるのも仕方のないところですが、それは違います

ネイティブは私たちが習うような英文法のルールを知りません。「五文型」や「現在完了形」などの用語を知らなくても英語を使いこなせているのです。

同じように私たちも日本語文法のルールを知りません。「イ形容詞/ナ形容詞」などの用語を知らなくても日本語を使いこなせています。

もちろん私たちの日本語は、日本語文法のルールからズレることがあります。よくあると言ってもよいでしょう。しかし、完全にズレてしまうことはありません。筋が真ん中を通っており、そこを中心にズレているので、聞く側も十分理解できるわけです。

英語も同じです。英語ネイティブはいつも英文法のルール通りに話しているわけではありません。しかし、それでも通じるのはやはり一本筋が通っているからです。

metronome

私はその真ん中を通っている筋が何なのかについて研究してきました。そして、それをまとめたのが書籍『英会話イメージリンク習得法』で、こちらのコーナーはその一部を無料で公開したものです。

こちらのコーナーを読んで、英文法が私たち日本人にも十分理解可能なものであること、そして英語に親しみを覚えていただけたらと願っています。

imagelink_banner1

本サイトにおける掲載範囲

こちらのコーナーでは『英会話イメージリンク習得法』の英文法パート(第5章から第10章まで)を掲載しています01)第5章は第4章から続いている部分があるので、そこだけ違和感のないように新たに文章(0節)をつくっています。

最初から読むことをオススメしますが、途中の章から読んでいただいても問題ありません。みなさんの興味や関心に応じてご活用ください。

よく読まれているページ

日本語に存在しない冠詞を題材に、英語ではモノをどのように見ているのかを解説します。
英語と日本語における話し手の立ち位置の違いから、それぞれどのようにモノを見ているのかを解説します。
未来を表す表現「will」「be going to」「be doing」「will be doing」の違いについて解説します。

Chapter一覧

英語の動詞について詳しく確認していきます。
英語の特徴「先に結論、後で説明」を元に、英文の作り方・組み立て方を説明します。
英語の現在形について確認していきます。
英語の現在完了形、過去形について確認していきます。
英語の基本構造を「モノの見方」の違いという観点から解説します。
日本語と感覚が異なる英語の冠詞と名詞について解説します。

【英文法の概要や英語学習のコツを知りたい方へ】

英文法の概要を『英会話イメージリンク習得法』にざっくりまとめています。分厚い英文法の参考書を読む前に、さらっとお読みください。

また「これから英語の勉強を始めるぞ!」という方向けに「英語学習を続けるためのコツ」なども掲載しております。ご興味ある方はぜひご覧ください。

imagelink_banner1

注釈   [ + ]

01. 第5章は第4章から続いている部分があるので、そこだけ違和感のないように新たに文章(0節)をつくっています。
この記事のURLとタイトルをコピーする

シェアする

関連コンテンツ