第8章 前置詞

このページの読了時間:約310

前置詞は副詞と同じように時や場所などを表すことができます。ただし、副詞が「1語だけ」で表せるのに対して、前置詞は「名詞とのセット」で表すという違いがあります。

imagelink_banner1

前置詞とは

例文:I play soccer in the park.(私はその公園の中でサッカーをする)

例文における in を「前置詞」と呼びます。前置詞は、名詞の前に置いて位置関係などを表します。

前置詞の目的語

例文:This is a present for him.(これは彼へのプレゼントです)

前置詞 for に続く代名詞は目的格になります。

「彼」は前置詞 for の働きを受ける(=前置詞の目的語になっている)ので、主格(he)ではなく目的格(him)にしなければいけません。

おすすめ英会話教材 英会話エクスプレス

代表的な前置詞とイメージ

代表的な前置詞とイメージについて確認しておきましょう。

ーーー

imagetrace_banner1

Coffee Break

■ 日本語と英語における「物を見ていく順番」の違い

遠藤 副詞や前置詞を習ったことで時や場所を表せるようになったわけですが、重要なのはそれらの英文内における位置です。

今井 えーと、時や場所は英文内では文末ですよね。

遠藤 そうです。英語では時や場所は文末に置きます。ここで取り上げたいのは日本語との違いです。たとえば「昨日、東京の渋谷のハチ公前で友だちと会った」という日本語を考えてみましょう。時や場所はどの位置にありますか?

今井 日本語だと文頭になっていますね。でも、それがどうかしたのですか?

遠藤 この位置の違いは、日本語と英語で「物を見ていく順番」が違っていることに由来しているのです。

今井 日本語だと時や場所から見ていくってことですか。逆に、英語だと時や場所は最後に見る、と。

遠藤 そうです。日本語は「周辺から中心へ」言葉を並べていくのに対して、英語は「中心から周辺へ」単語を並べていくという大きな違いがあるのです。

今井 確かに「昨日・東京・渋谷・ハチ公前・友だち・会った」という日本語は周辺から範囲を絞っていっている感じがしますね。

遠藤 私たち日本人にとって、時や場所から物事を見ていく癖は根強いものがあります。英会話や英作文で Yesterday から始めてしまうパターンをよく見かけますが、それは日本語の癖が反映されてしまったものなのです。

今井 なるほど。確かに Yesterday から始めてしまう人は多いですね。

遠藤 もちろんこれは Yesterday から始めてはいけないという意味ではありません。英語ネイティブでも Yesterday から始めることはあります。ただ、そこには特別な意図があって、最初に持ってくることがほどんどです。何も意図がないならば、yesterday は最後に持ってくるのがふつうですから。

今井 Yesterday から始めると、特別な意図があるように聞こえてしまうわけですね。

遠藤 それに加えて、最初に Yesterday を持ってくることで、英語の「中心から周辺へ」という流れに乗りにくくなってしまいます。要するに、単語がスムーズに出てこなくなってしまうわけです。聞き手に違和感を与えることよりも、こちらの方が問題は大きいと思います。

今井 日本語の物の見方で Yesterday から始めて、そこから英語の物の見方に切り替えて…となるわけか。物の見方を切り替えるのは負担になるので、最初から英語の物の見方で英文を作るのに慣れておいた方が、急がば回れで最終的に楽になりそうですね。

【英文法の概要や英語学習のコツを知りたい方へ】

英文法の概要を『英会話イメージリンク習得法』にざっくりまとめています。分厚い英文法の参考書を読む前に、さらっとお読みください。

また「これから英語の勉強を始めるぞ!」という方向けに「英語学習を続けるためのコツ」なども掲載しております。ご興味ある方はぜひご覧ください。

imagelink_banner1

この記事のURLとタイトルをコピーする

シェアする

関連コンテンツ