前置詞 by の用法・意味まとめ

このページの読了時間:約824

by のコアイメージを教えてください

by は「〜によって」だと理解していましたが、「〜のそばに」という意味もあるようで、よくわからなくなってしまいました。by のコアイメージを教えてください。

スポンサーリンク

by のコアイメージ

by のコアイメージは「~に寄って」です。

by は、ある状況に至った経緯を表します。つまり、何かに「近寄って接した」結果、ある状況になった、という一連の流れを表しているわけです。

またイラストにある B はオーブのようなもので、A が B に接したときに「A は B の影響を受ける」というニュアンスも含んでいます。

by の主な用法は「すぐそばに(近接)」「~で(方法)」「~によって(動作主)」です。

ここまでの説明は少し抽象的だったと思いますので、例文で具体的に確認していきましょう。

by の用法

場所に関する用法

近接

例文:He stood by the window.(彼は窓のそばに立っていました)

by the window は「その窓のすぐそばに」という意味。by は近接を表しています。

通過

例文:The bus was going by the post office as I came out.(私が出てきたとき、そのバスは郵便局を通り過ぎていったところでした)

by the post office は「その郵便局を通り過ぎて」という意味。by は通過を表しています。

The bus was going(そのバスは行っているところでした)と組み合わさって、「郵便局を通り過ぎていったところでした」となります。

手段・方法に関する用法

手段・方法

例文:He earns his living by selling insurance.(彼は保険を売ることで生活費を稼いでいます)

by selling insurance は「保険を売ることで」という意味。by は方法を表しています。

ここで注意してほしいのは、表現の順番です。英語では He earns his living と状況を先に述べて、次にその状況に至ることになった経緯として by selling insurance と述べています。

自然な日本語訳は「保険を売ることで」となりますが、英語本来のイメージとしては「保険を売ることを通じて」のほうが近いことがわかりますね。

※英語では、方法を表す by を “way of doing something“(何かをする方法)と表現します。この way は「方法」という意味ですが、way は他にも「道」という意味をもっています。つまり、英語では「道」と「方法」はイメージとして近いわけです。

例文:He goes to work by bus.(彼はバスで仕事に行きます)

by bus は「バスで」という意味。by は輸送方法を表しています。

by が一般的な輸送方法を表す場合、by の後には名詞をそのままもってきます。つまり、冠詞の a や the などをつけません。

英語では、無冠詞の名詞は具体的なモノではなく、コンセプトを表します。つまり、無冠詞の bus は「バスの働き(※)」というコンセプトを表しているわけです。

無冠詞 bus と by を組み合わせた by bus は「バスの働きを通じて」というイメージであり、その結果として He goes to work(仕事に行っている)という状況に至るわけなのです。

(※)「バスの働き」とは、幼児から「バスって何?」と聞かれたときに答える内容だと思ってください。正解があるわけではありませんが、たとえば「バス停からバス停まで運んでくれる」「お金を払って乗るもの」「運転手さんがいる」などが挙げられます。

経由

例文:He came in by the back door.(彼は裏口から入ってきました)

by the back door は「裏口を通って」という意味。by は経由を表しています。

単位

例文:Eggs are sold by the dozen.(卵は1ダース単位で売られています)

by the dozen は「1ダース単位で」という意味。

by the A で「A単位で」となり、単位を表します。必ず the を用いることに注意してください。

なお、by the dozen は「12個を1まとまりにすることを通じて」とイメージするとよいでしょう。

例文:He showed me the process step by step.(彼は私に一つずつ工程を示しました)

step by step は「一歩ずつ」という意味。慣用句として用いられる表現です。

なお、最初の step は「歩み」のイメージで、by step で「一歩ずつの単位で」というイメージが加えられます。

差異

例文:I was overcharged by 1,000 yen.(私は1,000円余分に請求された)

overcharged by 1,000 yen は「1,000円余分に請求される」という意味。by は差異を表しています。

by 1,000 yen は、請求される過程において「1,000円分を受ける」ようなイメージです。今回は overcharged なので上乗せされた金額となります。

※ I was undercharged by 1,000 yen. だと「1,000円少なく請求された」となります。by 1,000 yen はあくまで差分の金額というわけです。

受け身に関する用法

動作主

例文:The mouse was chased by the cat.(そのネズミはその猫に追いかけられた)

by the cat は「その猫によって」という意味。by は受動態で動作主を表すときに用いられます。

例文:a painting by Monet(モネの絵)

by Monet は「モネによって(描かれた)」という意味。作品の後に続く by は作者を表します。

参考:a play by Shakespeare(シェークスピアによる劇)

乗法・除法

例文:3 multiplied by 4 is 12.(3×4=12)

3 multiplied by 4 は「4を掛けられた3」という意味。by は乗法や除法を表すときにも使われます

なお、例文は 3 times 4 is 12. と同じです。口語では times のほうがよく使われます。

寸法

例文:The room is 15 meters by 24 meters.(その部屋は15メートル✕24メートルです)

15 meters by 24 meters は「15m ✕ 24m」という意味で、縦 ✕ 横の寸法を表しています。

by は乗法で用いられることから掛け算のイメージが伴っており、そこから寸法という用法が派生したものと考えられます。

※ by は掛け算の代替として使えるものではありません。by はあくまでも、四角形の辺の長さ(縦・横)を表しているだけです。

時間に関する用法

期限

例文:I’ll be back by 4:00.(私は4時までに戻ってきます)

by 4:00 は「4時までに」という意味。by は期限を表しています。

4時に至るまでの間に「戻ってくること」を実行し、その結果、4時には戻っているつもりだ、というわけです。

なお、期限を表す by は “on or before”(ちょうどまたはそれまでに)と英語圏では説明されており、ぴったりの時間も含みます。

by の用法まとめ

by のコアイメージは「~に寄って」です。

by の主な用法は「すぐそばに(近接)」「~で(方法)」「~によって(動作主)」です。

カテゴリ 用法 フレーズ 意味 備考
場所 近接 by the window その窓のすぐそばに
通過 going by the post office その郵便局を通り過ぎていったところ
手段・方法 手段・方法 by selling insurance 保険を売ることで
輸送方法 by bus バスで by+無冠詞の名詞(~の働きを通じて)
経由 by the back door 裏口を通って
単位 by the dozen 1ダース単位で 12個を1まとまりにすることを通じて
差異 overcharged by 1,000 yen 1,000円余分に請求される by は差分の金額
受け身 動作主 by the cat その猫によって
乗法・除法 3 multiplied by 4 3×4 口語では times がよく使われる
寸法 15 meters by 24 meters 15m ✕ 24m
時間 期限 by 4:00 4時までに ちょうどまたはそれまでに