前置詞inの意味・用法まとめ

このページの読了時間:約750

inのコアイメージを教えてください

in は「~の中」というイメージで大体理解できるのですが、たまにin ten minutes(10分後に)やin pencil(鉛筆で)のように「~の中」では理解ができない用法が出てきます。それらはどう捉えたらよいのでしょうか?

スポンサーリンク

inのコアイメージ

inのコアイメージは「何かの中にある」です。

inは「内側に存在する」ことに注目がいきがちですが、inは「外側には存在しない」も表していることに注意してください。

inの主な用法は「空間的な内部に存在する」「コンセプトを適用する」「いまから~後に」です。

「コンセプトを適用する」と「いまから~後に」はわかりにくいと思いますので、例文で確認していきましょう。

inの用法

「場所」を表すin

場所

例文:Taro was in the kitchen.(太郎は台所にいました)

in the kitchen は「その台所で」という意味。in は台所という部屋の中にいることを表しています。

着用

例文:He is in his pajamas.(彼はパジャマを着ています)

in his pajamas は「パジャマを着ている」という意味。in はパジャマの中にいることを表しています。

状況・状態

例文:I’m in love with her.(私は彼女に恋をしている)

in love は「恋に落ちている」という意味。in love は「愛の空間に包みこまれている」とも言えますし、「愛という感情の支配下にある」とも言えます。

例文:The students stood in a line.(その生徒たちは一列になって立っていた)

in a line は「一列になっている」という意味。a line は「一本の直線」で、in a line はその直線上(直線の範囲内)にいることを表しています。

例文:People were in line at the checkout counter.(人々はチェックアウトカウンターで順番待ちをしていた)

in line は「順番を待っている」という意味。冠詞 a のない line 単体は、line のコンセプト「直線的なもの、行列、順番、方向」などを表します。

in line は、そのような line のコンセプトの支配下にある状態です。言い換えれば、そこにいた人々に line のコンセプトを適用するということであり、その結果「人々は順番を待っている」という状況を表しているわけです。

in line と in a line との違い

in a line は「物理的に一直線である」ことを意味します。一直線になっているという現象を表しているわけです。

一方で、in line は必ずしも一直線になっていることは意味しません。代わりに「目の前の現象から line のコンセプトが読み取れるような背景(目的や理由)がある」場合に使われます。

「時間」を表すin

時間

例文:I first visited Japan in 2015.(私は2015年に初めて日本を訪れました)

in 2015 は「2015年に」という意味。in は2015年の間に行われたことを表しています。

~後

例文:I’ll see you in ten minutes.(10分後に会いましょう)

in ten minutes は「10分後に」という意味。in はいまから10分が経過した時点のことを表しています。

なぜ in ten minutes が「10分以内」ではなくて「10分後」になるかというと、【in+期間】の場合は「内側と外側の境」に焦点が当たるためです。

私たちが間違えやすい after ten minutes がどうしてダメなのかなど、より詳しくは以下の記事をご参照ください。

「10分後に会おう」と言うとき、英語ではin ten minutesと表現し、after ten minutesとは言いません。しかし、なぜinで「10分後」になるのでしょうか?また、なぜafterだとダメなのでしょうか?イメージでわかりやすく解説しました。

「方向」を表すin

例文:She looked in her handbag, but her keys were not there.(彼女はハンドバッグの中をのぞき見たが、鍵はそこにはなかった)

look in は「~の中をのぞき見る」という意味。in は方向を表してはいますが、あくまでも動詞の最終目的地を示しているだけで、to のように何もないところから方向をつくり出すようなものではありません。

「方法」を表すin

方法

例文:Her parents always talk to her in English.(彼女の両親は彼女に対していつも英語で話をします)

in English は「英語で」という意味。in English は「言語としての英語空間内で」というイメージになります。

例文:The notebook is written in pencil, so you can erase it.(そのノートは鉛筆で書かれているから消すことができます)

in pencil は「鉛筆で」という意味。冠詞 a のない pencil 単体は、pencil のコンセプト「消すことができるもの、メモやノートに向いている、申請書には不向き」などを表します。

in pencil は、そのような pencil のコンセプトを the notebook is written に適用して、「消すことができる鉛筆で書かれているノート」という状態を表しているわけです。

参考:The note was written with a pencil.(そのメモは鉛筆で書かれた)

with a pencil も「鉛筆で」という意味を表しますが、この場合は、具体的な「ある一本の鉛筆」を使って書かれたことになります。

in pencil と with a pencil との違い

in pencil は「消すことができる鉛筆で」という意味です。

たとえば、数学の筆記試験のように計算などで消したり書いたりを繰り返すことが見込まれる場合、指示文言に in pencil が使われます。

逆に言えば、in pencil にはという文言からは、そのような理由や目的が感じ取れるわけです。

一方で、with a pencil は書く行為に付随する道具として「ある一本の鉛筆で」を意味します。

目的や理由などが背景にあるわけでなく、単純に目の前の現象を述べているだけです。

数量の割り当て

例文:Pack eggs in dozens.(卵を12個ずつ詰めなさい)

in dozens は「12個ずつに」という意味。dozen は「1ダース」で有名ですが、「12個を1つにまとめる」というコンセプトをもっています。

dozensと複数形にして、inを加えることで、in dozens は「何回も12個を1つにまとめることを適用する」イメージになります。

inの用法まとめ

inのコアイメージは「何かの中にある」です。

inの主な用法は「空間的な内部に存在する」「コンセプトを適用する」「いまから~後に」です。

カテゴリ 用法 フレーズ 意味 備考
場所 場所 in the kitchen その台所で
着用 in his pajamas パジャマを着ている パジャマの中にいる
状況・状態 in love 恋に落ちている love(愛)のコンセプトを適用
in a line 一列になっている 物理的に一直線
in line 順番を待っている line(直線的なもの、行列、順番、方向)のコンセプトを適用
時間 時間 in 2015 2015年に
~後 in ten minutes 10分後に 内側と外側の境に焦点が当たる
方向 方向 look in ~の中をのぞき見る
方法 方法 in English 英語で 言語としての英語空間内で
in pencil 鉛筆で pencil(消せる、メモ向け)のコンセプトを適用
数量の割り当て in dozens 12個ずつに dozens(12個をまとめる/複数)のコンセプトを適用する