手段を表すbyとwithの違い

このページの読了時間:約43

なぜ by chopsticks はダメなの?

「彼はお箸で魚を食べたよ」と言いたくて、He ate the fish by chopsticks. と言ったら、正しくは with chopsticks だと教えられました。なぜ by だとダメなのでしょうか?

質問「byとwithの違い」への回答

まず例文を確認しておきましょう。

例文:He ate the fish with chopsticks.(彼は魚を箸で食べた)

「箸で」がwith chopsticksになってますね。これは意味が通じる文章です。

誤文:He ate the fish by chopsticks.

これは with chopsticks を by chopsticks に代えた英文ですが、残念ながら「彼は魚を箸で食べた」という意味にはなりません。この理由はのちほど説明します。

あと by が使える例文も挙げておきましょう。

例文:He goes to school by bus.(彼は学校にバスで行く)

こちらは「バスで」がby busとなっており、意味も通じる英文です。

byとwithの一般的な使い分け

byとwithの使い分けについては次のように説明されるのが一般的です。

  • by:手段によるもの
  • with:道具によるもの

chopsticksは道具なので、with chopsticksとなることはわかりますが、これだけではなぜby chopsticksがダメなのかわかりませんね。

そこで、まずbyとwithのコアイメージを確認してから、描かれる状況がどのように違うのか見てみましょう。

byのコアイメージ

byのコアイメージは「近寄っていき、接して、影響を受ける」です。

A by Bだと「Aは接して、Bの影響を受ける」イメージになります。

その影響はBの働きや仕組みによるもので、Aの意志とは関係がありません。

withのコアイメージ

withのコアイメージは「付随するモノと一緒に存在する」です。

A with Bだと「Aが主、Bが従」という主従関係があることがポイントです。

単に一緒だというわけではないのです。

例文のイメージ

最初の例文に戻って、イメージを描いてみましょう。

例文:He ate the fish with chopsticks.(彼は魚を箸で食べた)

彼とお箸の間に主従関係があり、彼はお箸をコントロールしています。当然、道具として使っているイメージになります。

例文:He goes to school by bus.(彼は学校にバスで行く)

彼はバスの働きに接して影響を受けています。ただ、いまいちわかりにくいと思いますので、イラストに補助を入れてみましょう。

バスに接する部分をわかりやすく「busボタンを押す」と表現しました。このように手段を表す by は利用者がその手段を選んだというニュアンスが含まれます

ただし、お客さんを運ぶというバスの働きは、彼の意志とは無関係です。

誤文:He ate the fish by chopsticks.

この英文を無理やりイメージ化したときの一例(*)が上のイラストになります。

彼はお箸の働きに接して(イラストでは「chopsticksボタンを押す」と表現)、影響を受けています。食べ物をつかんで運ぶという箸の働きは、彼の意志とは無関係です。

「彼は魚を箸で食べた」と言いたいときのイメージとしては不適切であることがわかりますね。

* 手段のbyは「移動や輸送の手段」に対して使われることが多いため、ヒアリングしたネイティブのなかには「お箸という乗り物に乗ることによって、魚を食べた」と無理やりイメージした人もいました。

「byとwithの違い」まとめ

フレーズ 違い 補足
by bus 手段によるもの 手段のもつ働きや仕組みを利用する
(利用者の意志とは無関係な働き)
with chopsticks 道具によるもの 使い手と道具という主従関係がある

コアイメージ再掲