現在分詞って何?現在分詞の形や意味、用法を基本から解説!

このページの読了時間:約836

現在分詞とは何者なのでしょうか。現在分詞のコアイメージを元に、現在分詞の意味・用法(「現在進行形など補語になる現在分詞」「前置修飾」「後置修飾」「see+O+現在分詞」「副詞としての現在分詞」)について解説します。また現在分詞と過去分詞の違いについても記載しています。

現在分詞の形

現在分詞は「動詞の原形+ing形」という形をしています。

# 原形 現在分詞 過去分詞
する do doing done
洗う wash washing washed
走る run running run

過去分詞は「動詞の原形+ed形」以外にも様々な不規則活用をしますが、現在分詞はすべて「動詞の原形+ing形」で規則的な活用をします。

現在分詞の意味・コアイメージ

現在分詞のコアイメージは「進行、ライブ感」です。

現在分詞の代表的な意味は「~しているところ」となります。

現在分詞と過去分詞の違い

現在分詞と対比される過去分詞についても簡単に確認しておきましょう。

過去分詞のコアイメージは「過去の行為による結果の状態」です。

過去分詞には「~された(受け身)」「~し終えた(完了)」という2つの意味がありますが、共通しているのは「行為が完了していること」です。

※過去分詞についての詳細は「過去分詞とは?過去分詞の意味・用法まとめ」をご参照ください。

一方、現在分詞のコアイメージは「進行、ライブ感」ですが、これは「未完了(行為が完了していないこと)」を表しています。

「~しているところ」という意味からは進行している行為に焦点が当たりがちですが、「未完了」というニュアンスも含んでいることに注意してください。

現在分詞の用法

補語になる現在分詞

進行形(be動詞+現在分詞)

例文:He was reading the book.(彼はその本を読んでいるところでした)

「be動詞+現在分詞」の形式は進行形と呼ばれ、意味は「~しているところ」です。

例文は、彼が既に本を読みはじめていて、まだ読み終えていない状況だったことを表しています。

※現在進行形についての詳細は「現在進行形の意味・用法まとめ」をご参照ください。

SVC型(keep+現在分詞)

例文:He kept reading the book.(彼はそのままその本を読み続けた)

「keep+現在分詞」の意味は「そのまま~し続ける」です。

たとえば、本を読んでいたら夜遅くなって寝る時間になったけれど、そのまま本を読み続けていたようなイメージです。

SVOC型(keep+O+現在分詞)

例文:He kept me waiting for thirty minutes.(彼は私をそのまま30分間待たせ続けた)

「keep+O+現在分詞」の意味は「Oをそのまま~させ続ける」です。

彼のせいで私はそのままずっと待ち続けているようなイメージであり、その時間は30分間だったというわけです。

現在分詞の前置修飾

例文:Look at the walking boy.(あの歩いている男の子を見て)

「現在分詞+名詞」の形式を、現在分詞の前置修飾と呼びます。意味は「~しているところの…(名詞)」です。

例文は、まさにいま歩いているところの男の子というイメージです。

現在分詞の後置修飾

例文:The man driving the bus is my brother.(あのバスを運転しているところの男性は僕の兄弟です)

「名詞+現在分詞」の形式を、現在分詞の後置修飾と呼びます。意味は「…(名詞)、それは~しているところの」です。

例文は、まさにいま運転しているところの男性というイメージになります。

see+O+現在分詞

例文:He saw Taro walking ahead.(彼は太郎が前方を歩いているところを見た)

「see+O+現在分詞」の意味は「~しているところのOを見る」です。

まさにそのとき前方を太郎が歩いているところだったというイメージです。

【比較】see+O+動詞の原形

例文:He saw Taro walk ahead.(彼は太郎が前方に歩いていった一部始終を見た)

「see+O+現在分詞」とよく比較されるのが「see+O+動詞の原形」で、意味は「~したOを見る」です。

このように動詞の原形が使われた場合、歩くという動作の一部始終を表すイメージになります。

またwalking aheadは「前方を歩いているところ」でしたが、walk aheadは「前方に歩いていった」となります。

walking aheadだと、まさに歩いているところを切り取っているのでaheadも「前方を」という歩いている場所を表しますが、walk aheadは歩く動作の一部始終なのでaheadは「前方に」という歩く方向を表す意味になるわけです。

以上から例文は、太郎が後方からやってきて、前方に歩いていき、そのまま姿を消したという一連の流れ(一部始終)を見たという意味になります。

※話し手の状況として「see+O+動詞の原形」はある程度の時間、太郎の移動を眺めています。一方で「see+O+現在分詞」は一瞬見ただけでも大丈夫です。なお、話し手が立ち止まって見たのか、または歩きながら見たのかは、この例文だけではわかりません。

副詞としての現在分詞

例文:They walked laughing into the room.(彼らは笑いながらその部屋に入っていった)

walked into the room(その部屋に歩いて入っていった)にlaughing(笑いながら)を上乗せすることでwalked laughing into the room(笑いながらその部屋に歩いて入っていった)となります。

walkという移動を表す動詞にlaughingという動きを追加・上乗せしているわけです。

このように動詞の意味を修正・更新するものを「副詞」と呼びます。現在分詞が副詞として用いられる場合、状態(形容詞)よりも動き(動詞)のニュアンスのほうが強くなります。

※副詞についての詳細は「副詞とは?副詞の見分け方や用法・位置を基本から解説!」をご参照ください。

まとめ:現在分詞とは

現在分詞は「動詞の原形+ing形」という形で、コアイメージは「進行、ライブ感」、代表的な意味は「~しているところ」です。

形式 意味 文法用語
be動詞+現在分詞 ~しているところ 進行形
keep+現在分詞 そのまま~し続ける SVC型
keep+O+現在分詞 Oをそのまま~させ続ける SVOC型
現在分詞+名詞 ~しているところの…(名詞) 現在分詞の前置修飾
名詞+現在分詞 …(名詞)、それは~しているところの 現在分詞の後置修飾
see+O+現在分詞 ~しているところのOを見る 知覚動詞+O+現在分詞
移動・往来を表す動詞+現在分詞 ~しながら…する 副詞としての現在分詞

参考:現在分詞(動詞のing形)の作り方

現在分詞の作り方について一覧表を挙げておきますので、参考にしてください。

動詞の原形 現在分詞(ing形)
一般的な動詞 play playing
read reading
look looking
語尾が「子音+e」 take taking
write writing
use using
語尾が「短母音+子音」 sit sitting
run running
swim swimming
(例外) listen listening
visit visiting
語尾が「ie」 die dying
lie lying

語尾が「子音+e」の場合

take や write のように語尾が「子音+e」となっている場合は、語尾の e を取って ing をつけます。(例:take → taking

語尾が「短母音+子音」の場合

sit や run のように語尾が「短母音+子音」となっている場合は、語尾の子音を重ねて ing をつけます。(例:sit → sitting

※短母音とは音を伸ばしたり重ねたりせず、短く読む母音(あ・い・う・え・お)のことです。

語尾が「短母音+子音」の場合の例外

listen や visit のように語尾が「短母音+子音」となっているにも関わらず、語尾の子音を重ねない例外もあります。(例:listen → listening

このような例外は数がそこまで多くないので、暗記してしまうことをおすすめします。

語尾が「ie」の場合

die や lie のように語尾が「ie」となっている場合は、ie を ying とします。(例:die → dying

【現在分詞関連記事】

【動詞の派生語をまとめて学習したい方へ】

動詞の派生語(過去分詞・現在分詞・to不定詞・動名詞)に関する記事を一冊の電子書籍『英文法イメージリンク【動詞の派生語】』にまとめました。公開記事との違いは次の通りです。

  • 読みやすいように編集しました。
  • 記事中に広告がありません。
  • 練習問題を設けました。
  • 参考例文を追加しました。

また電子書籍なので、キーワードで横断的に検索することができます。リファレンス用などとしてぜひご活用ください。

grammar-imagelink-verbals_banner

この記事のURLとタイトルをコピーする

シェアする