現在完了進行形と現在完了形(継続用法)の違い

このページの読了時間:約739

現在完了進行形は現在完了形の継続用法との違いがわかりにくいですよね。本記事では、その違いをイメージでわかりやすく解説しました。現在完了進行形の用法についても説明しています。

スポンサーリンク

現在完了進行形と現在完了形(継続用法)の日本語訳の違い

まず現在完了進行形と現在完了形(継続用法)の日本語訳がどのように違っているかを確認してみましょう。

例文:I have been working here for three years.(ここで3年間働き続けています

例文:I have worked here for three years.(ここで3年間働いています

現在完了進行形の方は「働き続けています」、現在完了形(継続用法)の方は「働いています」という日本語になっていますが、これだと違いがわかりにくいですね。

それでは日本語ではなくイメージで現在完了進行形と現在完了形(継続用法)との違いを確認してみましょう。

現在完了進行形と現在完了形(継続用法)のイメージの違い

現在完了進行形のイメージ

現在完了進行形は「have+been+現在分詞」という形式で、その意味は「ずっと~していて、まだ終わっていない」です。

現在完了進行形は「現在も動作が続いている状態」を表しています。

現在完了形(継続用法)のイメージ

現在完了形は「have+過去分詞」という形式で、その意味は「~し終えた(状態の)◯◯をもっている」です。

現在完了形には「~し終えた(完了)」「~したことがある(経験)」「~した結果(結果)」「ずっと~だ(継続)」の4つの意味があります。

現在完了形の継続用法は「現在までの状態」を表しています。

現在完了進行形と現在完了形(継続用法)の違いのポイント

さきほどのイメージを元に、現在完了進行形と現在完了形(継続用法)の違いのポイントを挙げておきましょう。

意味 ポイント
現在完了進行形 ずっと~していて、まだ終わっていない 動作の継続・未完了
現在完了形(継続用法) ずっと~だ 状態の継続

ポイントは、現在完了進行形が「動作の継続・未完了」なのに対して、現在完了形(継続用法)は「状態の継続」であることです。

この点に注目して、現在完了進行形と現在完了形(継続用法)の違いを例文で確認してみましょう。

現在完了進行形と現在完了形(継続用法)の違いを例文で確認

例文:I have been working here for three years.(ここで働き続けて、3年間が過ぎました)

have been working は「ずっと働いていて、まだ終わっていない」という意味です。

現在完了進行形なので「現在まで働き続けていること」と「現在も働き終えていないこと(未完了)」というニュアンスを含んでいます。

話し手はまだ働き続けるつもりでいることがわかります。

例文:I have worked here for three years.(3年間、ここで働いています)

have worked は「働いている状態をもっている」という意味です。

現在完了形の継続用法なので「過去に働き始めて、現在まで働いている状態が継続している」というニュアンスを含んでいます。

話し手がこの先も働き続けるかどうかはわかりません。あくまでも言いたいことは「いままで3年間働いた」ということです。

練習問題

次の下線部を英文にしたとき、どちらの選択肢がより適切か選びなさい。

母親のセリフ『息子がいつもどうしているか気になっています。電話をしても相変わらず何も話してくれないんですよ。』

(1)I have been worrying about how my son is getting along.

(2)I have worried about how my son is getting along.

正解(1)

(1)I have been worrying about how my son is getting along.(息子がいつもどうしているか、まだまだ心配が尽きません)

現在完了進行形を使った(1)は「ずっと心配し続けていて、まだ終わっていない」というイメージです。話し手はまだ心配することになりそうだと思っていることがわかります。

(2)I have worried about how my son is getting along.(息子がいつもどうしているか、いままでずっと心配しています)

現在完了形を使った(2)は「ずっと心配した状態をもっている」というイメージです。あくまでも言いたいことは「いままでずっと心配している」ということになります。

問題では下線部に続くセリフで「電話をしても相変わらず何も話してくれない」と述べています。「これまでの話」というよりは「これからも続くこと」が主眼になっているため、選択肢(1)のほうがより適切な英文ということになります。

現在完了進行形について

現在完了進行形と現在完了形(継続用法)との違いは以上ですが、ここで現在完了進行形がなぜ「ずっと~していて、まだ終わっていない」という意味になるのか、その理由を構成から見ておきましょう。

現在完了進行形の形式

現在完了進行形の形式は「have+been+現在分詞」です。

例文:I have been playing golf since 1989.(私は1989年からずっとゴルフをしています)

ポイントは構成要素に含まれている been と現在分詞なので、それぞれのイメージを確認していきましょう。

been のコアイメージ

beenのコアイメージは「ある期間ずっとある状態である(存在している)」です。

過去にbe(状態または存在)が始まり、そのまま今に至っている」というわけです。

現在分詞のコアイメージ

現在分詞の代表的な意味は「~しているところ」で、コアイメージは「進行、ライブ感」です。

現在分詞には「未完了」のニュアンスが含まれます。

現在完了進行形の構成

現在完了進行形は「have+been+現在分詞」という形式でしたね。それぞれの構成要素は次のような働きをしています。

  • 現在形 have:いま何かをもっている
  • 過去分詞 been:その何かとは、過去から現在までずっとある状態である。
  • 現在分詞 -ing:その状態とは、いまもまだ行動している未完了状態である。

これらを合わせて「いまもまだ~している状態をもっている」となり、「ずっと~していて、まだ終わっていない」という現在完了進行形の意味につながるわけだったのです。

現在完了進行形の用法

現在完了進行形の用法も確認しておきましょう。

「未完了」を表す用法

例文:I have been reading the book.(その本は読んでいる途中です)

その本をずっと読んでいて、まだ終わっていない」というイメージから「読んでいる途中です」という意味になります。

「変化している状態」を表す用法

例文:Who has been eating my potato chips?(誰が僕のポテトチップスを食べていっているんだ?)

誰かが僕のポテトチップスをずっと食べていて、まだ終わっていない」というイメージです。

「僕のポテトチップスが減っていっている(動作の継続)けれど、まだ残っている(未完了)」という状況を表しています。

話し手が目を離したり席を外したりするたびに、誰かが話し手のポテトチップスを盗み食いしているわけですね。

現在完了進行形のまとめ

現在完了進行形は「ずっと~していて、まだ終わっていない」という意味を表します。

例文 用法 ポイント
I have been reading the book. 未完了 その本を読んでいる途中
Who has been eating my potato chips? 変化している状態 ポテトチップスが減っていっている