現在分詞と動名詞の違い

このページの読了時間:約326

現在分詞と動名詞はどう違うの?

現在分詞と動名詞は同じ「動詞の原形+ing形」をしていて、何となく意味も似ているように思うのですが、どう違うのでしょうか?

現在分詞の意味・コアイメージ

現在分詞のコアイメージは「進行、ライブ感」です。

現在分詞の代表的な意味は「~しているところ」となります。

動名詞の意味・コアイメージ

動名詞のコアイメージは「まさにその動き」です。

動名詞の代表的な意味は「~すること」となります。

現在分詞と動名詞の違い

品詞として現在分詞と動名詞を区別する

現在分詞と動名詞は同じ「動詞の原形+ing形」(以下、ing形とします)をしているため、形の上では見分けることができません

そのため文の中での役割によって、現在分詞なのか動名詞なのかが決まることになります。

  • 現在分詞:動詞と形容詞の性質を合わせ持つ
  • 動名詞:動詞と名詞の性質を合わせ持つ

英文内のing形が名詞(固まり)として扱われる場合は動名詞になります。そうではない場合は現在分詞になるというわけです。

現在分詞と動名詞のイメージの違い

同じ形をしているのに現在分詞と動名詞で意味が異なるというのは、英文を直読直解をするにあたって厄介なことです。

ここでは、英文内でing形に出会ったときに、どうイメージを描けばよいかを解説します。

まず、ing形を見たら、とりあえず現在分詞の「~しているところ」という行為が進行しているイメージを描きます。前後1秒程度の短い動画のように捉えるとイメージしやすいでしょう。

そのing形が名詞のように感じなければそのままでおしまいですが、名詞だと感じた場合、その進行しているイメージを写真のように切り取って固定化します。

つまり、ing形は現在分詞のイメージ(動画)を基本として、名詞の場合は固定化して動名詞のイメージ(写真)に変えてしまうというわけです。

現在分詞のパターン

例文:He is singing.(彼は歌っているところです)

singingは「歌っているところ」という意味で、彼の現在の状態を表しています。特に名詞というわけでもないので、このままのイメージで大丈夫です。

動名詞のパターン

例文:Singing is fun.(歌うことは楽しい)

singing の後に is fun と続くことから、singingを名詞として扱う必要があります。写真のように切り取ることで「歌うこと」という意味になります。

現在分詞と動名詞の時間軸における志向の違い

現在分詞のイメージは現時点を中心としてそこから先のことを表しやすいので、現在分詞は現在・未来志向のニュアンスを含みます。

それが固定化されて動名詞のイメージになることで、それまでのことを表しやすくなるため、動名詞の場合は過去志向のニュアンスに切り替わります。

同じing形ですが、時間軸における志向が変わることにも注意してください。

まとめ:現在分詞と動名詞の違い

現在分詞のコアイメージは「進行、ライブ感」です。

動名詞のコアイメージは「まさにその動き」です。

# 意味 働き 時間軸の志向
現在分詞 ~しているところ 動詞と形容詞 現在・未来志向
動名詞 ~すること 動詞と名詞 過去志向

関連記事

現在分詞が何者なのか初心者でもつかめるようにイメージを使って意味や用法を解説します。現在分詞と過去分詞の違いについても取りあげています。
動名詞が何者なのか初心者でもつかめるようにイメージを使って意味や用法を解説します。また同じように「~すること」と訳せる to不定詞との違いについても徹底解説しています。

【お知らせ】

動詞の派生語(過去分詞・現在分詞・to不定詞・動名詞)に関する記事を一冊の電子書籍『英文法イメージリンク【動詞の派生語】』にまとめました。公開記事との違いは次の通りです。

  • 読みやすいように編集しました。
  • 記事中に広告がありません。
  • 練習問題を設けました。
  • 参考例文を追加しました。

また電子書籍なので、キーワードで横断的に検索することができます。リファレンス用などとしてぜひご活用ください。

imagelink_banner1 imagetrace_banner1 grammar-imagelink-modal-auxiliary-verb_banner grammar-imagelink-verbals_banner experss_6months

シェアする