to不定詞(to do)と現在分詞(-ing)と過去分詞(-ed)の違い

このページの読了時間:約330

closed
本記事は『英会話イメージリンク習得法』著者の遠藤が、2015年7月8日に徳島大学で行った講義を元にしています。

みなさんにとって過去分詞(-ed)のイメージは「~された(受け身)」だと思います。しかし、実際には「~し終えた(完了)」というニュアンスのほうが強いのです。今回はそのあたりの補足をしていきます。なお、過去分詞だけでは比較しにくいので、現在分詞(-ing)とto不定詞(to do)も取り上げて説明します。

場面としては「エレベーターのドアを閉める場面」を設定して、動詞 close(閉める)に対してto不定詞(to close)、現在分詞(closing)、過去分詞(closed)がどのようなイメージと対応するのかを確認していきましょう。

close1

to不定詞(to close)のイメージ

みなさん、エレベーターの中に入ったらドアを閉めようと思いますよね。この閉めようと思って「閉めるボタンを押そうとすること」、これがto不定詞のto closeのイメージです。

このようなイメージになるのは to が大きく影響しています。次のイラストにあるように、toのコアイメージは「対象に向かっていく動き」です。

そのため、この先にある行為がcloseであるという感じで、「閉めようとすること」となります。

close2

現在分詞(closing)のイメージ

次に閉めるボタンを押して「実際にドアが閉まっているとき」。これが現在分詞のclosingのイメージです。

エレベーターにディスプレイがあれば “Now Closing” と書いてるかもしれません。進行状態やまさに閉まっているところ(ライブ感)を表します。

close3

過去分詞(closed)のイメージ

最後に「ドアが閉まりきった状態」。これが過去分詞のclosedのイメージです。書籍『英会話イメージリンク習得法』では「完全な状態」という少しわかりにくい表現を使ってしまったのですが、もう少し踏み込んで「完了状態」と表現したほうがわかりやすいですね。

close4

過去分詞の「受け身」はどこへ?

ここで「過去分詞(-ed)は『受け身』ではないのか?」と疑問に思う人がいると思います。次のようにドアを主語にした英文であれば「受け身」を表すことができます。

  • “The door is closed.”(ドアは閉まっています/ドアは閉められました)

しかし、訳が2つあることからわかるように、この英文は「完了」とも捉えることができます。むしろ「受け身」よりも「完了」のニュアンスのほうが強いくらいなのです。

英語では「受け身」的な表現があまり使われないという事情もあるので、過去分詞は「完了状態」を表すと捉えておいたほうが、英文本来のニュアンスを捉えやすくなると思います。

「完了」と「受け身」の使いわけ

  • 主語が完了状態である(be動詞+過去分詞)⇒受け身(受動態)
  • 主語が完了状態を持っている(have+過去分詞)⇒完了(現在完了形)

いずれにせよ、過去分詞は「完了状態」だと捉えることができます。これについては以下の記事で詳しく解説しています。

過去分詞の研究「受動態」「現在完了形」ーコアイメージと例文解説
これまで過去分詞は「完了状態」を表していると述べ、次のように受け身と完了を使いわけることを説明してきました。 主語が完了状態である...

過去分詞と対をなす現在分詞について

過去分詞と対をなす現在分詞は「未完了状態」を表しているともいえます。進行状態やライブ感は「完了していない」ということでもあるので、これはわかりやすいですね。以下の記事で「未完了」について詳しく解説しています。

現在分詞の研究「確実な予定」「未来進行形」ーコアイメージと例文解説
過去分詞(-ed) と比べると現在分詞(-ing) は「進行・ライブ感」でだいたい理解できますが、「確実な予定」を表す用法など「進行・ライブ...