動名詞の意味、用法を基本から解説!

このページの読了時間:約452

動名詞が何者なのか初心者でもつかめるようにイメージを使って意味や用法を解説します。同じ「~すること」という意味になるto不定詞の名詞的用法との違いも取りあげています。

スポンサーリンク

動名詞の意味・コアイメージ

動名詞のコアイメージは「まさにその動き」で、代表的な意味は「~すること」となります。

動名詞は「動詞と名詞の性質を合わせ持った単語」です。

イメージとしては、何か行動しているところを写真で切り取ったようなイメージで捉えるとわかりやすいかと思います。

動名詞は主に「習慣的な行為」「一般的な行為」を表します。

現在分詞と動名詞の違いについては次の記事をご覧ください。

同じing形をしている現在分詞と動名詞ですが、実際にはどう違うのでしょうか?区別の仕方やイメージの描き方のコツを解説しました。

動名詞とto不定詞の違い

「to不定詞の名詞的用法」は動名詞と同じ「~すること」という意味になります。そのため、to不定詞についても確認しておきましょう。

to のコアイメージは「別のところに向かう動き(矢印)とその向かう先にある対象(到達点)」です。

to不定詞の名詞的用法は「向かう先にある行為」を表しており、ここから「~すること」という意味が発生します。

動名詞とto不定詞の名詞的用法は同じ「~すること」という意味ですが、そのイメージから次のような違いが生まれます。

  • 動名詞:行為そのもの
  • to不定詞の名詞的用法:先にある行為

動名詞とto不定詞の名詞的用法の具体的な違いについては、この後の例文で確認しましょう。

動名詞の用法

主語としての動名詞

例文:Talking in the library is prohibited.(図書館でのおしゃべりは禁止されていますよ)

例文では Talking in the library が「図書館でおしゃべりすること」という名詞の固まりとして、主語になっています。

イメージとしては、図書館でおしゃべりをしているところを写真のように切り取ったイメージです。

この例文は、いままさにおしゃべりしている人に向かって直接注意するときに使われるような感じです。

【比較】主語としてのto不定詞

例文:To talk in the library is prohobited.(図書館でのおしゃべり禁止)

To talk in the library は「図書館でのおしゃべり」であり、こちらも名詞の固まりとして主語になっています。

イメージとしては、toによって指し示した先に「図書館でおしゃべりをすること」が存在しているイメージです。

この例文は禁止事項が記載された注意書きのような感じです。

動名詞とto不定詞の違いについて簡単に説明しましたが、詳しくは以下の記事をご参照下さい。

動名詞とto不定詞はどちらも「~すること」と訳せますが、実際の英文ではどちらかしか使えないことも多く、混乱しがちですよね。この記事では、動名詞とto不定詞の違いや使い分けをイメージから徹底解説します。

目的語としての動名詞

例文:I like walking in the rain.(雨の中、歩くことが好きです)

walking in the rainは「雨の中、歩くこと」という名詞の固まりとして、動詞likeの目的語になっています。

また例文の walking in the rain は、私がたびたび雨の中を散歩していることも表しています。

なぜそうなるかというと、動名詞が「写真」のようにありありと状況を描いたものであり、そのような状況を描けるということは、それだけ何回もその動作を行ったことがあるはずだからです。

この観点から、動名詞は「習慣的な行為」を表すときによく使われます。

前置詞の目的語としての動名詞

例文:She is good at baking cookies.(彼女はクッキーを焼くことが上手です)

baking cookiesは「クッキーを焼くこと」という名詞の固まりとして、前置詞atの目的語になっています。

baking cookiesは「クッキーを焼くこと」という状況をありありと描いているわけですが、そこで描かれる状況とは「一般的にこうだろうと想像されるもの」になります。

この意味で、動名詞は「一般的な行為」を表すときによく使われるわけです。

まとめ:動名詞とは

動名詞は「動詞の原形+ing形」という形で、コアイメージは「まさにその動き」、代表的な意味は「~すること」です。

動名詞の主な用法は「習慣的な行為」「一般的な行為」です。

英文 働き この英文における注意点
Talking in the library is prohibited. 主語としての動名詞 ありありと状況を描いている
I like walking in the rain. 目的語としての動名詞 「習慣的な行為」を表している
She is good at baking cookies. 前置詞の目的語としての動名詞 「一般的な行為」を表している