be動詞の意味・用法まとめ

このページの読了時間:約316

be動詞を「ですます」で覚えていませんか?それだと意味がつかめないこともしばしばありますよね。いまいち意味の捉えにくいbe動詞をイメージで解説しました。

スポンサーリンク

be動詞のコアイメージ

be動詞のコアイメージは「存在する」です。「場」をつくり、主語がそこにあることを表します。

be動詞の主な用法は「存在」「状態と結びつける」「名前や数と結びつける」です。

be動詞は英語で linking verb(結びつける動詞)と呼ばれることもあります。「イコール」のように考えるとわかりやすいかもしれません。

be動詞の活用

be動詞は主語によって変化します。主語が単数形の場合は特にわかりにくいので、ピックアップしておきましょう。

一人称 二人称 三人称
現在形 I am You are He is / She is / It is
過去形 I was You were He was / She was / It was

主語が複数形の場合は、人称に関わらず次のようになります。

  • 現在形:are
  • 過去形:were

be動詞の用法

存在を表す be

例文:I‘m home.(ただいま)

よく「私は家です」と解釈されがちな例文ですが、実際の意味は「ただいま」になります。

その理由は、I’m (=I am) で「私は存在する」ことを表し、その存在している私を home で家に移動させているからです。

「存在している私が家に移動する」ということで「ただいま」という意味になるわけです。

このような home を副詞と呼びます。副詞について詳しくは次の記事をご参照下さい。

副詞はよく出てくる英文法用語ですが、その正体は一体何者なのでしょう。初心者でも副詞がつかめるように、働き・用法をイメージでわかりやすく解説します。迷いやすい副詞の位置についても記載しています。

参考:Where are you from?(ご出身はどちらですか?)

状態と結びつける be

例文:She is sleeping.(彼女は寝ているところです)

She is で「場の上に彼女が存在している」ことを表しますが、続く sleeping で、その彼女の状態が「寝ているところ」だと説明しています。

この場合は「存在」のニュアンスはほとんど感じられなくなり、「状態と結びつける」という働きが目立つようになります。

参考:I‘m fine.(私は元気です)

名前や数と結びつける be

例文:I‘m Taro.(私は太郎です)

I’m (=I am) で「場の上に私が存在している」ことを表し、続く Taro で、その私の名前が「太郎」だと説明しています。

この場合、be動詞は「名前や数と結びつける」という働きをしていることになります。

参考:My daughter is five.(娘は5歳です)

be動詞の用法まとめ

be動詞のコアイメージは「存在する」です。

be動詞の主な用法は「存在」「状態と結びつける」「名前や数と結びつける」です。

be動詞に関連する記事

現在進行形といえば「~しているところ」の意味が有名ですが、それ以外の用法でつまづいてしまう方が多いようです。この記事では、現在進行形をイメージで統一的に解説しました。現在形との違いも合わせて説明しています。
英語の受動態をイメージで解説しました。また英会話では受動態はそれほど使われませんが、では、どういうときに使われるのか、受動態の使い方もあわせて説明しています。