依頼を表すWill youとCan youの違いを一刀両断!

このページの読了時間:約855

依頼表現のWill youとCan youはどう違うの?

学校で依頼表現としてWill youとCan youを習いましたが、どちらも「~してくれませんか?」という訳で違いがわかりません。Will youとCan youの違いを教えてください。

スポンサーリンク

依頼表現の日本語訳一覧

最初に依頼表現 Will you / Can you さらに過去形の Would you / Could you の日本語訳一覧を提示します。

フレーズ 意味
Will you …? ~してくれますか?
Can you …? ~してもらえますか?
Would you …? ~してくれませんか?
Could you …? ~してもらえませんか?

以下では、どうしてこのような日本語訳になるのか解説していきます。

構成要素のコアイメージ

willのコアイメージ

willのコアイメージは話し手の「確信度の高い思い」です。

willの主な用法は「意志」「見通し」「依頼」です。

canのコアイメージ

canのコアイメージは「秘められた可能性」です。

canの主な用法は「能力」「許可」「依頼」です。

依頼表現の例文解説

Will you …?

例文:Will you go to the supermarket for me?(おつかいに行ってくれますか?)

話し手は自らの見通しとして「私のためにおつかいに行くこと」を相手にパッと投げかけています

当然、これは相手にお願いしたいことなので「~してくれますか?」という意味になります。

なお、willのコアイメージで述べた「確信度の高さ」は「こうしてくれますか?」という要求の強さに現れます。

つまり、ストレートな表現であり、聞く人によっては依頼というよりは命令に近いと感じるかもしれないというわけです。

Can you …?

例文:Can you go to the supermarket for me?(おつかいに行ってもらえますか?)

「あなたは私のためにおつかいに行くことは可能ですか?」で「おつかいに行ってもらえますか?」という意味になります。

相手に可能性を聞くことで、「~してもらえますか?」と依頼を表しているわけです。

Will you …?とCan you …?の違い

キーワードは、willが「話し手のお願い」、canが「聞き手の可能性」です。

Can you …? は「特に問題なければ、相手はやってくれるだろう」という前提をもった上で、相手の都合を聞いています。

一方で、Will you …? はそのようなことはお構いなしに、話し手のお願いをパッと相手に投げかけているわけです。

まとめると、次のような使い分けになります。

  • Can you:その人なら簡単にできると思われることを依頼する(相手の都合を聞く)場合
  • Will you:とりあえず話し手がやってほしいことを依頼する(お願いする)場合

【参考】「~してくれますか?」と「~してもらえますか?」の違い

例文:おつかいに行ってくれますか?
例文:おつかいに行ってもらえますか?

日本語の「もらえる」は可能を表す「得る(える・うる)」が「もらう」にくっついている言葉です。

そのため「~してもらえますか?」は「してもらうことができるかできないか」と可能性の有無を尋ねていることになります。

一方で「~してくれますか?」は「してくれるかどうか」と行動する意志の有無を尋ねています

以上から、Will you …? に「~してくれますか?」を、Can you …? に「~してもらえますか?」を対応させるのが日本語として適切だというわけですね。

Would you …?

例文:Would you go to the supermarket for me?(おつかいに行ってくれませんか?)

Would は will の過去形であり、距離を取ることでお願いのニュアンスをやわらげています

Would you の訳として「~してくれませんか?」を当てていますが、これは日本語では否定疑問の形を取ることでニュアンスをやわらげることができるからです。

英語でも日本語でも、ストレートな物言いは相手にとってキツいので、その言語に合った方法で表現をやわらげる必要があるのですね。

【参考】「~してくれますか?」と「~してくれませんか?」の違い

例文:おつかいに行ってくれますか?
例文:おつかいに行ってくれませんか?

「~してくれませんか?」が「~してくれますか?」よりも丁寧になる理由は、話し手の方からダメな場合をあらかじめ提示することで相手が断りやすくしているためです。

どう断りやすいのか、実際に聞き手が依頼を断ったときの話し手の反応から考えてみましょう。

「~してくれますか?」の場合は「断られることは想定していなかった。驚いた」という気持ちが反映された反応を話し手は返してしまいがちです。

聞き手としては、そのように反応されてしまうかも…と思うと、断りにくいですよね。

一方で、「~してくれませんか?」の場合は「想定していたけどやっぱりダメだったか。仕方ない」という類の反応を話し手はすることができます。

聞き手としては、このような反応のほうが断りやすいですよね。そのような配慮が見える分だけ丁寧な表現になっているというわけなのです。

※このような英語と日本語における表現の違いにご興味がある方は拙著『英会話イメージトレース体得法』をご覧ください。

Could you …?

例文:Could you go to the supermarket for me?(おつかいに行ってもらえませんか?)

Could は can の過去形であり、可能性を小さくすることで依頼のニュアンスをやわらげています

Could you の訳として「~してもらえませんか?」と否定疑問の形を当てることで、日本語側も依頼のニュアンスをやわらげています。

pleaseについて

依頼表現はWould you please …?のように、pleaseとセットでよく用いられます。ここではpleaseについても確認しておきましょう。

pleaseのコアイメージ

please のコアイメージは「受け入れてもらう、喜ばせる」です。

ただし、Would you please …? のような形で用いられるpleaseは、if it please youが省略されたものです。

これは「もし、あなたが受け入れてくれるならば」という意味で、「もし、あなたがよければ」というニュアンスを追加します。

依頼表現にpleaseを加えた場合

Would you please …?のように、元の依頼表現にpleaseを追加した場合、どのようなニュアンスになるか、日本語訳で確認しておきましょう。

フレーズ 意味
Will you …? ~してくれますか?
Can you …? ~してもらえますか?
Would you …? ~してくれませんか?
Could you …? ~してもらえませんか?

フレーズ 意味
Will you please …? ~してくださいますか?
Can you please …? ~していただけますか?
Would you please …? ~してくださいませんか?
Could you please …? ~していただけませんか?

これは日本語の「くれる」を敬語にすると「くださる」に、「もらえる」を敬語にすると「いただける」になるためです。

もちろん、英語のpleaseは「もし、あなたがよければ」と丁寧なニュアンスを追加するもので、動詞を変化させるものではありません。

しかし、日本語で捉えるときには動詞を敬語に変化させるのが自然なので、このような訳を対応させているわけです。

まとめ:Will you / Can you / Would you / Could you の違い

フレーズ 意味 備考
Will you …? ~してくれますか? 話し手のお願いを投げかける
前提なし
Can you …? ~してもらえますか? 聞き手の可能性を尋ねる
前提あり:相手は特に問題なければやってくれるはず
Would you …? ~してくれませんか? Will youをやわらげた表現
Could you …? ~してもらえませんか? Can youをやわらげた表現

pleaseありの場合

フレーズ 意味
Will you please …? ~してくださいますか?
Can you please …? ~していただけますか?
Would you please …? ~してくださいませんか?
Could you please …? ~していただけませんか?

訳からもわかりますが、知らない人に何かを依頼する場合は、pleaseがついた Would you please …? / Could you please …? を使うのがマナーになります。

それを基準として相手との距離感に応じて、徐々に表現を緩めていくとよいでしょう。