willとbe going toの違い

このページの読了時間:約645

willとbe going toの違いを教えてください

willとbe going toは学校の置き換え問題でよく出てきましたが、実際にはニュアンスが違うらしいですね。どう違うのか教えてください。

スポンサーリンク

willのコアイメージ

willのコアイメージは話し手の「確信度の高い思い」です。

willの主な用法は「意志」「見通し」「依頼」です。

willの用法については以下の記事にまとめていますのでご参照下さい。

学校では未来形として習うwillですが、未来以外に意志や推量や依頼などたくさんの用法があります。この記事ではwillのコアイメージから、willの幅広い用法を解説しました。

be going toのコアイメージ

be going to は現在分詞 going と to から成り立っているので、まずは現在分詞とtoのコアイメージから確認していきましょう。

現在分詞のコアイメージは「進行、ライブ感」です。

toのコアイメージは「別のところに向かう動き(矢印)とその向かう先にある対象(到達点)」です。

これらを合わせた be going to doのコアイメージは「既に着手していて、doへ向けて進行しているところ」となります。

人が主語の場合は「既にやろうと決めていて、doへ向けて準備しているところ」となるので「~するつもりです」という意味になります。

既に決めていることから「意図」のニュアンス、ゴールであるdoへ向かうことから「予定」のニュアンスが出てきています。

自然現象の場合は「既に兆候が現れていて、ある現象へ向かって進行しているところ」となるので「~しそうだ」という意味になります。

既に兆しが現れていることから「兆候」のニュアンス、ある現象へ向かうことから「予測」のニュアンスが出てきています。

willとbe going toの違い

人が主語の場合

例文:I‘ll buy an electric car.(電気自動車を買おう!)

I’ll(=I will) buy an electric car.は「電気自動車を買おう」という意味で、意志を表しています。

willの思い描く力によって、その場でパッと思いついたというイメージになります。

例文:I‘m going to buy an electric car.(電気自動車を買うつもりです)

I’m(=I am) going to buy an electric car.は「電気自動車を買うつもりです」という意味で、意図と予定を表しています。

前から決めていることから「意図」のニュアンスが、ゴールである電気自動車を買うことから「予定」のニュアンスが出てきています。

具体的には、買うための準備としてお金を貯めたり、カタログを請求したりしているイメージになります。

自然現象が主語の場合

例文:It will rain tomorrow.(明日はきっと雨だろう)

It will rain tomorrow.は「明日はきっと雨だろう」という意味で、推量を表しています。

必ずしも根拠があるわけでありませんが、話し手のなかでは鮮明に見通しているイメージになります。

例文:It‘s going to rain this afternoon.(午後には雨が降りそうだ)

It’s(=It is) going to rain this afternoon.は「午後には雨が降りそうだ」という意味で、客観的事実に基づく予測を表しています。

具体的には、遠くの山にかかっている雨雲が近づいてきているようなイメージであり、明らかに雨が降りそうな状況で使われます。

疑問文の場合

Will you …?

例文:Will you play tennis?(あなたはテニスをするのかな?)

Will you …? は、話し手が自らの見通しを思い描いて、それを「こうかな?どうかな?」と相手に投げかけるものです。

話し手が思い描いている相手の行為(~するのですか)を尋ねる表現であり、そこから間接的に相手の意志(~するつもりですか)を尋ねていることに注意してください。

Will you play tennis? のシチュエーション例

A I’m going to stay at a hotel with tennis courts in Hawaii next month.(来月、ハワイのテニスコート付きのホテルに泊まる予定なんだ)
B Will you play tennis?(テニスをするのかな?)

Will you …? は、話をしていてパッと思いついたことを確認するときによく使われる傾向があります。

Are you going to …?

例文:Are you going to play tennis?(あなたはテニスをするつもりですか?)

Are you going to play tennis? は「あなたはテニスをするつもりですか?」という意味で、意図と予定を表しています。

既に着手していることから「意図」のニュアンスが、ゴールであるテニスをすることから「予定」のニュアンスが出てきています。

Are you going to …? は、実際に相手がテニスラケットのお手入れなど何らかの準備をしている場合によく使われる傾向があります。

このように Are you going to …? が相手の行動などそれまでの事実の流れを汲み取った上での質問であるのに対して、Will you …? は話し手がパッと思いついたことを尋ねているという微妙な違いがあります。

ただし、その違いはあくまで前提となる情報をどこまで組み入れるかという違いなので、基本的には交換可能な場合が多いです。

そのため、英会話初心者の間は、Will you …? で統一してもさほど問題はありません。

まとめ:willとbe going toの違い

willのコアイメージは話し手の「確信度の高い思い」です。

be going to doのコアイメージは「既に着手していて、doへ向けて進行しているところ」です。

例文 意味 用法 備考
I will buy… 買おう! 意志 その場で思い描く
I’m going to buy… 買うつもり 意図と予定 前から決めており、準備しているところ
It will rain… 雨が降るだろう 推量 鮮明に見通している
但し、根拠はないかもしれない
It’s going to rain… 雨が降りそうだ 客観的事実に基づく予測 既に兆候が現れていて、進行しているところ
Will you play…? するのかな? 推量
間接的に相手の意志を尋ねる
話をしていてパッと思いついたこと
Are you going to play…? するつもりですか? 意図と予定 実際に相手が準備している場合

関連記事

未来を表す表現のまとめ記事

「英語で未来を表す表現はたくさんあるけれど、結局どう違うの?」ー英文法を学べば学ぶほど深まる疑問をここでスッキリ解決しておきましょう。 ...