shallの用法まとめ:shallのコアイメージから意味や使い方を押さえよう!

このページの読了時間:約659

shallとはいったい何者なの?

仕事で海外の会社との契約書の書き方を調べているのですが、shallがたくさん出てきて、どう理解すればよいのかわからず困っています。shallとはいったい何者なのですか?

スポンサーリンク

shallのコアイメージ

shallのコアイメージは話し手の中での「疑いなく導かれる先にあるもの」です。

shallは「神の意志がつくり出す、ただ1つの進むべき道」のように、人の意志を超えたところでの話をするときによく使われます。

shallの主な用法は「予言・決意」「法律・命令」「申し出・提案」です。

shallの用法

予言・決意

例文:We shall all die.(私たちはみな死ぬことになるのだ)

自然の摂理として、私たちはみな死ぬことになるのだ」という意味で、shallは予言や運命を表しています。

人の意志を超えたものとして「自然の摂理」を想定しており、それは避けられないことだというニュアンスを含んでいます。

例文:I shall return.(必ずや戻ってくるぞ)

人の意志を超えたものによって、私は戻ってくることになる」という意味です。

「私は戻ってくることになる運命であり、そうなるためにやれることは何でもやる」という流れで話し手の強い決意を表しています。

運命という強い流れに自分の意志を乗せているようなイメージで捉えるとよいでしょう。

法律・命令

例文:You shall love your neighbor as yourself.(隣人を汝のごとく愛しなさい)

神の意志によって、隣人を自分のように愛すること」という意味で、聖書に出てくる文言です。

人の意志を超えたものとして「神」はとても想定しやすいものです。そのため聖書にshallはよく出てきます。

隣人を自分のように愛することは神の意志であり、疑問を差し挟む余地はないというニュアンスを含んでいます。

例文:All payments shall be made in cash.(すべての支払いは現金で為されることとする)

契約条項によって、すべての支払は現金で為されることとする」という意味です。

当事者間の意志を超えたものとして「契約条項」や「法律」なども挙げられます。契約書や条文などにもshallはよく出てきます。

現金で支払を行うことは疑問の余地なく遂行されなければいけないというニュアンスを含んでいます。

申し出・提案

Shall we …?

例文:Shall we dance?(踊りましょうか?/踊りませんか?)

この例文は「踊りませんか?」の意味だと思われがちですが、実は「それでは踊りましょうか?」のニュアンスのほうが強い表現です。

その理由は、Shall we …? が「相手もそうするつもりがあることがわかっている上での申し出」として使われることが多いからです。

少し意味がわかりにくいと思いますので、具体的なストーリーで確認してみましょう。

パターン1「それでは踊りましょうか?」
N 舞踏会に参加する予定の夫婦。夫は既に準備を終え、玄関で待っています。一方、妻は手袋をはめたり、香水をつけたり、鏡で髪型をチェックしたりして、なかなか出てきません。しばらくしてようやく玄関に妻が姿を表しました。
それでは行こうか?Shall we go?
N 二人は舞踏会に到着しました。しばらく歓談の時間を過ごしていましたが、音楽が流れてきました。指揮者がダンスを踊るカップルたちをダンスフロアに誘導しています。
それでは踊りますか?Shall we dance?

このように Shall we …? は Are you ready?(準備は良い?)の代わりに使われることがよくあります。

パターン2「一緒に踊りませんか?」
N ここは舞踏会の会場。いま一緒に踊るパートナーがいない女性に、男性が話しかけました。
男性 一緒に踊りませんか?Shall we dance?

Shall we …? には「~しませんか?」という提案の意味もあります。

しかし、その提案もこのストーリーのように「相手も舞踏会に来ている以上、踊るつもりがあるのであろう」と推測できる場合に使われるのが一般的です。

それでは、相手にそうするつもりがあるのかわかっていないときに提案したい場合はどうすればいいでしょうか。次の例文で確認しましょう。

Why don’t we …?

比較:Why don’t we dance?(踊るのはどう?/踊りませんか?)

どうして私たちは踊らないのか?(踊らない理由はある?)」から「踊りませんか?」というお誘いの意味になります。

ただし、正確に言えば Why don’t we …? は「~するのはどう?」に近いニュアンスであり、それ以外の選択肢と比較した上で、それが一番良さそうだから提案している感じになります。

たとえば、クラブに一緒に来たカップルがいたとして、飲食やおしゃべりをするよりも踊るのが一番楽しそうだと思ったので “Why don’t we dance?” とパートナーに提案しているような状況が考えられます。

まとめると次のようになります。

  • Shall we dance?:踊る以外の選択肢が考えられない場面で「踊ること」を提案
  • Why don’t we dance?:踊る以外の選択肢もある中で一番良い選択肢として「踊ること」を提案

shall に「ただ1つの」というイメージがあることが、ここからもわかりますね。

Shall I …?

例文:Shall I make some tea?(お茶を淹れましょうか?)

ごく自然な流れによって、私はお茶を淹れることになりますか?」という意味です。

相手に「私がやるべきこと」を問いかけていますが、もちろん相手のためにお茶を淹れるわけですから、相手への提案として解釈されます。

なお、shallという単語自体の古風なイメージもあり、Shall I …? は丁寧でフォーマルな表現として受け取られます。

Would you like me to …?

比較:Would you like me to make some tea?(お茶を淹れましょうか?)

あなたは私にお茶を淹れてほしかったりしますか?」で「お茶を淹れましょうか?」という提案を表します。

Shall I …? は丁寧ですが、少しフォーマルすぎるので、日常会話では Would you like me to …? のほうがよく使われます。

まとめ:shallの用法

shallのコアイメージは話し手の中での「疑いなく導かれる先にあるもの」です。

shallの主な用法は「予言・決意」「法律・命令」「申し出・提案」です。

shallの用法 意味 備考
予言・決意 必ずや~になる 人の意志を超えたものによって疑いなくこうなる
法律・命令 ~とすること 神や法律、契約条項などによって疑いなくこうする
申し出・提案 Shall we …?
~しましょうか?
相手もそうするつもりがあることがわかっている上での申し出
Are you ready? の代わりに使われることもよくある
Shall I …?
~しましょうか?
相手に「私がやるべきこと」を問いかける
丁寧でフォーマルな表現