think of と think about の違い

このページの読了時間:約347

think of と think about の違いは?

think of と think about は両方とも「~のことを考える」だと訳せますが、どのような違いがあって、どう使い分ければいいのでしょうか?

日本語訳ではわかりにくい違いですよね。例文を挙げながらイメージを使って解説していきます。

スポンサーリンク

前置詞のコアイメージ

of のコアイメージ

of のコアイメージは「背景を作り、その支配下に置く」です。

A of B は「A は B に所属している」という意味が有名ですが、それは「A の背景に B がある」というイメージから発生しているわけです。

なお、think of のように動詞のすぐ後に of が来る場合は、背景から前景へ「分離」させる働きをします。

ここから「存在を取り出す」用法が派生します。

※think of の of のように動詞の意味を修正・更新(modify)するものを「副詞」と呼びます。副詞とは何かについては、以下の記事をご参照下さい。

副詞はよく出てくる英文法用語ですが、その正体は一体何者なのでしょう。初心者でも副詞がつかめるように、働き・用法をイメージでわかりやすく解説します。迷いやすい副詞の位置についても記載しています。

about のコアイメージ

about のコアイメージは「まわり」です。

about A は「A のまわり」というイメージになります。

think of 人 / think about 人 の違い

例文:I thought of/about you last night.(昨晩はあなたのことを考えていました)

まずわかりやすい think about から。think about you は「あなたに関することをあれこれ考える」です。

例文が学校の先生が進路指導で生徒に言っているセリフだとすれば、「生徒の志望校、成績など」生徒のまわりにある情報にも考えを巡らせていた、というニュアンスになります。

次に think of。think of you は「あなたそのものを考える」です。of は「あなた」の存在を取り出しているわけです。

例文は恋人同士で交わすやり取りに出てくるようなイメージで、「あなたそのもの」だけを考えていた、というニュアンスになります。

なお、think of you は他にも次のような場面で使われます。

  • 親がひとり暮らしをしている子どもに対して:
    We think of you a lot.(いつもお前のことを考えているよ)
  • 病気をして入院している友人に対して:
    We are thinking of you.(あなたのことを心配しています)

どちらも「あなたの存在」に絞って考えているわけですね。

think of 物事 / think about 物事 の違い

例文:I don’t know why I’ve never thought of it.(なぜそれを一度も考えなかったのか、自分でもわからない)

例文:I would need a few days to think about it.(それについては2、3日考える時間を頂ければと思います)

think about it は「it に関することをあれこれ考える」です。

think about にはじっくり熟慮するニュアンスが含まれており、ある程度の時間を必要としていることが含意されます。

think of it は「it そのものを考える」です。of は it の存在を取り出しています。

例文では、it(考え)を「思いつく/思い浮かぶ/想像する」というニュアンスになっています。

慣用句の「come to think of it」(そういえば)も、パッと思いついた考えについて述べるときに使われます。

think of と think about の違い:まとめ

フレーズ イメージ 違い
think of A A の存在そのものを考える A の存在を取り出す
think about A A に関することをあれこれ考える A のまわりにも広げている