lookとseemとappearの違い

このページの読了時間:約226

look と seem と appear のどれを使えばいいの?

パーティーでネイティブの友人から「おい、彼女を見てみろよ。どう思う?」と言われて、「美しく(beautiful)見えるよ」と英語で返そうと思ったら、look、seem、appearのどれを使えばいいのでしょうか?

質問「look と seem と appear の違い」への回答

例文:She looks/seems/appears beautiful.

どの動詞を使っても日本語訳は「彼女は美しく見える」となりますね。しかし、それぞれでニュアンスは違っています。

どのように違っているのかイメージで確認してみましょう。

look のコアイメージ

lookのコアイメージは「目を向ける」です。意識的に「目」を使っているニュアンスが含まれます。視線の先にあるものが「ある状態に見える」ときにも使われます。

seem のコアイメージ

seemのコアイメージは「話し手の推量を込めた見方」です。主観的な判断を表しています。

appear のコアイメージ

appearのコアイメージは「外見上の見え方」です。

例文のイメージ

例文:She looks/seems/appears beautiful.

She looks beautiful. は「(ちゃんと見て)美しく見えるよ」。視覚情報に基づいた客観的な判断です。ちゃんと見てから判断したようなニュアンスになります。

She seems beautiful. は「(自分的には)美しいように見えるよ」。しかし、今回のような見たままを答えるだけで良い場面で、わざわざseemという主観的な表現を使ってしまうと、その判断に自信がない感じに聞こえてしまいます。

She appears beautiful. は「(外見は)美しく見えるね」。外見だけを取り上げた表現です。視覚による判断という意味ではlookと同じですが、lookに比べて「パッと見」での判断という感じになります。

またappearの場合は「中身(性格)は別だけどね…」という言外の意味まで含むこともあります。

「look と seem と appear の違い」まとめ

単語 コアイメージ 違い
look ある状態に見える ちゃんと見た感じ
seem 話し手の推量を込めた見方 自分的に見えた感じ
appear 外見上の見え方 ぱっと見た感じ

コアイメージ再掲