前置詞 to のイメージと意味・用法まとめ

このページの読了時間:約632

前置詞 to は「~に」という意味が有名ですが、3 to 1(3対1)のように「~に」では捉えられない用法もあります。この記事では to のコアイメージから、to の持つ意味・用法(「方向と到達点」「範囲・限界」「結果」「結合」「対比」など)について解説します。

to のコアイメージ

to のコアイメージは「別のところに向かう動き(矢印)とその向かう先にある対象(到達点)」です。

「矢印と対象物」=「方向と到達点」というわけですね。

to の主な用法は「範囲・限界・結果」「結合」「対比」です。

to の用法

「方向と到達点」を表す to

例文:She walked to the station.(彼女はその駅まで歩いていった)

to the station は「その駅まで」という意味。to は駅を到達点として、そこに向かっていくことを表しています。

例文:He sent a present to her.(彼は彼女にプレゼントを送った)

to her は「彼女に」という意味。to は彼女を到達点として、そこに向かっていくことを表しています。

「範囲・限界」を表す to

例文:My son can already count from one to ten.(私の息子はもう1から10まで数えられます)

from one to ten は「1から10まで」という意味。from A to B で「AからBまで」という範囲を表しています。

例文:I answered the questions to the best of my knowledge.(私が知っている限り、質問に答えました)

to the best of my knowledge は「私が知っている限り」という意味。to は私が知っていることの最大限まで向かわせており、限界を表しています。

なお、to the best of my knowledge は to my knowledge と省略されることもあります。

「結果」を表す to

例文:I was bored to tears listening to the lecture.(その講義を聞いていて、あくびが出るほど退屈だった)

bored to tears は「極めて退屈」という意味。to は「退屈な状態」→「(あくびをして)涙が出る」という感じで、過程とその結果を表しています。

bored to tears はまったく面白くない学校の授業などに対してよく使われます。

例文:To my surprise, they got married.(驚いたことに、彼らは結婚した)

to my surprise は「驚いたことに」という意味。to は「何かが起きた」→「私の驚きにつながった」という感じで、過程とその結果を表しています。

「結合」を表す to

例文:Attach your photo to your application form.(写真を申請書に添付しなさい)

to your application form は「申請書に」という意味。attach A to B で「AをBに添付する」という意味になり、to は A を B に結合する働きをしています。

例文:They danced cheek to cheek.(彼らは仲睦まじく踊りました)

cheek to cheek は「頬を寄せ合って、仲睦まじく」という意味。to は頬と頬をくっつけることを表しています。

ダンスの一種である「チークダンス」は基本的に男女がムードのある音楽に合わせて、頬を寄せ合ったり体をくっつけたりしたまま踊るダンスのことです。

なお、cheek dance は和製英語で、本来は dancing cheek to cheek または cheek-to-cheek dance です。

「対比」を表す to

例文:Giants beat Tigers (by) 3 to 1.(ジャイアンツがタイガースに3対1で勝った)

3 to 1 は「3対1」という意味。to は 3 と 1 を並べて対比させる働きをしています。

なお、英語では通常 3 to 1 ではなく 3-1 と表記します。読み方は three to one です。

例文:I prefer walking to driving.(私はドライブよりも散歩の方を好みます)

prefer walking to driving は「ドライブよりも散歩の方を好む」という意味。prefer A to B で「BよりもAの方を好む」となります。

to は walking(歩くこと)と driving(運転すること)を並べて対比させる働きをしています。

このように to の表す対比は、数字による比較というよりは優劣や前後のような順序を表すときによく使われます

  • senior/junior to A (Aよりも年上である/年下である)
  • superior/inferior to A (Aよりも優れている/劣っている)
  • prior to A (Aよりも前に)

「適合」を表す to

例文:They sang to her piano.(彼らは彼女のピアノに合わせて歌った)

sing to her piano は「彼女が弾くピアノに合わせて歌う」という意味です。to her piano で「彼女が弾くピアノの音」を彼らが歌っている歌に合わせています。

to A はたいてい A が到達点ですが、この to A のように A が進行しているイメージを合わせることもあるので注意してください。

例文:I hope this gift is to your liking.(このギフトがあなたの好みに合いますように)

to your liking で「あなたの好みに合う」という意味です。ギフトをあなたのいいねと感じるものに合わせるイメージです。

to の用法まとめ

to のコアイメージは「別のところに向かう動き(矢印)とその向かう先にある対象(到達点)」です。

to の主な用法は「範囲・限界・結果」「結合」「対比」です。

用法 フレーズ 意味 備考
方向と到達点 to the station その駅まで
範囲・限界 from one to ten 1から10まで
結果 bored to tears 極めて退屈 「退屈な状態」→「(あくびをして)涙が出る」
結合 cheek to cheek 頬を寄せ合って 頬と頬をくっつけること
対比 3 to 1 3対1 3 と 1 を並べて対比させる
適合 sing to her piano 彼女のピアノに合わせて歌う 進行しているイメージを合わせる

【to関連記事】

【英文法の概要や英語学習のコツを知りたい方へ】

英文法の概要を『英会話イメージリンク習得法』にざっくりまとめています。分厚い英文法の参考書を読む前に、さらっとお読みください。

また「これから英語の勉強を始めるぞ!」という方向けに「英語学習を続けるためのコツ」なども掲載しております。ご興味ある方はぜひご覧ください。

imagelink_banner1

この記事のURLとタイトルをコピーする

シェアする

コメント

  1. アバター ひかる より:

    toには~に向かうという意味があり、前置詞の中では比較的扱いやすいものだなと思っていましたが、こうしてみるといろいろな意味があるんだなと思いました。対比や結合での使い方はあまりイメージがありませんでしたが、とても勉強になりました。

  2. アバター ハピネス より:

    最初に出てきた、toのコアイメージを見てから、「彼女は駅まで行った」の図を見た時に、とてもピンときてわかりやすかったです。全体的にわかりやすいのですが、to the best of my knowledgeの部分は、最初から省略形の方が私は悩まずに済みました。その他の英文は簡単でtoの理解を深めることが出来ました。

  3. アバター 映画好き より:

    前置詞の”to”は本当に理解することが難しいと思っていましたし、イディオム感覚で直接暗記していました。しかし、こちらの記事を読み、理解度が増したことは間違いありません。コアイメージと図はもちろんのこと、例文が多くて大変参考になりました。

  4. アバター パラッパラッパー より:

    toは前置詞の中でも、ややこしく、いろんな使い方があると感じていたので、取り上げていただいて嬉しかったです。主な用法についても、概ね納得できました。ただ、「結果」のところだけは、あまりしっくりきません。「つまらなかった結果、欠伸が出た」というふうにつながるのだとは思いますが…、少し理解が難しかったです。

  5. アバター 匿名 より:

    前置詞to の意味・用法がこんなにあるとは知りませんでした。文脈や「~to~」とか「 to~」 とかの熟語で覚えたほうがいいのかもしれません。解説にある「to の用法イメージ」の図解も分かりやすく参考になります。

  6. アバター taco88 より:

    TOの用法が用途別に詳しく説明されていて非常にわかりやすかったです。限界、結果、適合の使い方は、今までどうしてTOなのかよくわかっておらず、どちらかと言うとイディオムとして理解(暗記)していました。会話で使うにはまだまだ慣れが必要ですが、文章読解等においては論理的に理解できそうです。

  7. アバター 芋けんぴ より:

    toの持つコアなイメージが方向と到達点ということを理解することによって、各用法での使われ方がイメージしやすいと思いました。~to tearsなどの有名なイディオムは、結果を表すtoからきているのは知らなかったです。

  8. アバター ゴロンダ より:

    toというのは英語の表現の中でも特に何気なく認識しているものと言えますが、本当に何も考えていなかったということを再確認しました。個人的には、「結合」と「対比」の用法がそもそもなぜtoなのか分からないままできていたので、この記事を読んでとても勉強になりました。