「学校の友達」英語では何と言う?a friend of school だとダメな理由も解説!

このページの読了時間:約42

どうして a friend of school だとダメなの?

「学校の友達」は英語で a friend of school だと思っていたのですが、そうではなく a friend from school だと教えられました。しかし、なぜ of だとダメなのでしょうか?あと、from だと「学校からの友達」になって「学校の友達」にはならないと思うのですが…。教えてください!

ご質問の件は、多くの方が抱いている疑問だと思います。この記事では of や from のイメージを使って解説していきます。

スポンサーリンク

a friend of school

誤文He is a friend of school.(彼は学校の友達です)

a friend of school という表現だと「友達を学校の支配下に置く」イメージになります。わかりやすく言えば、「学校が所有している友達」のようなニュアンスとして受け取られるわけです。

これは of のコアイメージが「背景を作り、その支配下に置く」であることに由来しています。

A of B で「A は B の支配下にある」イメージになり、そこから「所属・所有」の用法が派生しています。

a friend from school

正文He is a friend from school.(彼は学校の友達です)

a friend from school は「友達を出会った起点である学校に置く」イメージです。「学校で知り合った友達」という意味になります。

from のコアイメージは「起点」です。

ただし、from が「出身・由来」を表す場合は「起点に置く」だけ「その起点から動き出す」ことは含みません

日本語の「~から」は起点から動き出すことも含意しますが、その動きを含まない用法が from にはあるわけです。

「小学校/中学/高校/大学の友達」英語では?

「学校の友達」以外に「小学校の友達」や「中学の友達」のように区別して表現したいことも多いかと思いますので、フェーズ別の表現を挙げておきます。

  • a friend from elementary school(小学校の友達)
  • a friend from junior high school(中学の友達)
  • a friend from high school(高校の友達)
  • a friend from college/university(大学の友達)

【参考】日本語「~の」の働き

私達が「学校の友達」を a friend of school と言いたくなってしまう大きな理由は、日本語の「~の」にあります。

日本語の「~の」は「関係する範囲内にあること」を表します。

「学校の友達」は「学校の関係する範囲内にある友達」というわけです。

日本語の「B の A」は「B の範囲内にある A」で、英語の “A of B” は「B の支配下に A を置く」です。

“A of B” は A が B に含まれているだけでなく、B が A に何らかの影響を及ぼしているわけで、「B の A」よりも一歩踏み込んだ表現だと言えます。

問題の「学校の友達」という表現は、日本語の「B の A」には含まれるものの、英語の “A of B” には含まれない表現だったというわけです。

さて、日本語の「学校の友達」は、英語では a friend from school でしたね。

この “A from B” は「起点 B に A を置く」で、こちらは起点に位置づける働きをしています。

「学校の友達」は、こちらの「起点 B に A を置く」”A from B” に含まれる表現だったというわけなのですね。

※イラスト図ではわかりやすさを優先して、「B の A」内に “A of B”, “A from B” が収まっているように描いていますが、実際には「B の A」内に収まらない用法もあります。

“a friend of school” vs “a friend from school” のまとめ

フレーズ イメージ 意味
a friend of school 友達を学校の支配下に置く 学校が所有している友達
a friend from school 友達を出会った起点である学校に置く 学校で知り合った友達