期間を表す for と during の違い

このページの読了時間:約352

for と during の違いを教えてください!

for と during は同じ「~の間」という日本語訳になるので、いつもどちらを使えばよいのか迷ってしまいます。両者の違いや、どう使い分けたらいいかを教えてください。

スポンサーリンク

概要:for と during の違い

先に結論を述べておきましょう。両者の大きな違いとして for は後ろに「数値」を伴う一方で、during は後ろに「名称」を伴います。

これだけで十分かもしれませんが、どのようなイメージの違いによるものなのかを解説しておきます。

for のコアイメージ

for のコアイメージは「(目の)前の方向」です。

for は「範囲・期間」を表す用法のとき、「~の間」という訳になります。

during のコアイメージ

during のコアイメージは「Aが続いている時」です。

during は何かが続いている情景を重ね合わせるイメージです。

重ね合わせる情景が「Aが続いた一部の期間」であれば「~の間に」という訳になり、「Aが続いた全体の期間」であれば「~の間ずっと」という訳になります。

例文解説:for と during の違い

for

例文:Bake the cake for 40 minutes.(ケーキを40分間、焼きなさい)

for の表す範囲が40分だというイメージです。for によって範囲が設けられた後、その幅の長さが数値で提示されるという流れです。

例文:I have lived in Kyoto for two years.(京都に2年間住んでいます)

現在完了形 have lived は「過去のある時に住み始めて、現在も住んでいる状態」を表しています。

for はその過去のある時から現在までの幅を対象としており、その幅の長さが2年だと述べているわけです。

この観点から、for は現在完了の継続用法と相性がよい前置詞だと言うことができます。

for は基本的に数値を伴いますが、数値に準ずる表現も持ってこれます。

・for three months(3ヶ月の間)
・for a few days(2、3日の間)
・for a long time(長い間)

for a long time という表現は納得しにくいかもしれませんが、この long は長さを計る「ものさし」を延長した状態(コンセプトは同じ)だと捉えて頂ければと思います。

during

例文:I had a part-time job during the summer.(その夏の間にアルバイトをした)

during the summer は「その夏が続いている時」という情景を I had a part-time job(私はアルバイトをした)に重ね合わせています

普通は「夏の間のどこかの時点で」として解釈されますが、文脈によっては「夏の間ずっと」の意味にもなります。

・during breakfast(朝食の間に)
・during my stay in London(ロンドンに滞在している間に)

語源から見る during

during は、かつて存在した dure(持続する、耐える)という動詞の -ing 形です。

そして、breakfast during という分詞構文の形式で「朝食が続いている時」→「朝食の間に」という意味を表していました。

ここから語順を入れ替えた during breakfast という慣用句的な表現に変化して、現在に至っています。

元々は「何かが続いている時」だったので、during は「何か」という名称的な語句と結びつくわけなのです。

※分詞構文について詳しくは以下の記事をご参照ください。

「分詞構文って形式は唐突だし、意味はたくさんある…。そのわりに会話ではあまり使われないらしい…」ーーこのように労多くして実りの少ない分詞構文ですが、この記事だけでざっくり理解できるようにイメージを使って解説しました。

まとめ:for と during の違い

for は後ろに「数値」を伴い、「~の間」という時間の長さを表します。

during は後ろに「名称」を伴い、「それが続いている時」という情景を重ね合わせることで「~の間に」という意味を表します。