die of と die from の違い

このページの読了時間:約321

日本語訳すると同じ「~で死ぬ」という意味になる die of と die from の違いをイメージで解説しました。

die of

例文:He died of a heart attack.(彼は心筋梗塞で死んだ)

die of a heart attack は「心筋梗塞で死ぬ」という意味ですが、この表現をイメージで捉えてみましょう。

of のコアイメージは「背景を作り、その支配下に置く」です。

例文の場合、死んだ彼の背景に「心筋梗塞」があるわけです。彼は「心筋梗塞」の支配下に置かれて死んだとも言えます。

このように die of は死んだ直接的な原因を表すときによく使われます。

die from

例文:He died from overwork.(彼は働きすぎが原因で死んだ)

die from overwork は「働きすぎが原因で死ぬ」という意味ですが、この表現もイメージで捉えてみましょう。

from のコアイメージは「起点」ですが、「離れている」というイメージも含んでいます。

例文の場合、彼が死ぬことになった起点は「働きすぎ」だったというわけで、それは彼の死とは少し離れているニュアンスも含みます

実際には働きすぎた結果、何か病気を発症し、それが直接的な死因になったのかもしれません。

このように die from は、死ぬことになった起点(間接的な原因)を表すときによく使われます。

die of と die from の違い

of と from のコアイメージから、die of は直接的な原因、die from は間接的な原因という違いがあると述べてきました。

ポイントは、of の「つながっている」イメージと、from の「離れている」イメージです。

ここから die of は「体の内部に注目した死因(内的要因)」に用いられ、die from は「外部から何かを受けた死因(外的要因)」に用いられる傾向が出てきます。

ある質問サイトに掲載されていた die of と die from の用法例を一部引用します。

用例 意味
die of cancer ガンで死ぬ
hunger 飢えで死ぬ
childbirth 出産で死ぬ
a broken heart 失意で死ぬ
die from a wound 傷が元で死ぬ
smoking 喫煙が元で死ぬ
drinking 飲酒が元で死ぬ

出典What is the difference between die of and die from? – Quora

die of a broken heart(失意で死ぬ)などが内的要因に注目した死因としてわかりやすいですね。

なお、このような用法ごとによく使われる組合せはありますが、実際には die of / die from の両方とも使われる場合もたくさんあります。

また、最近では死因の種類にかかわらず of を用いることも多いようです。

そのため、非ネイティブの私たちはひとまず die of で覚えてしまい、余裕があれば from の用例を身につけていくという流れで学習を進めるとよいでしょう。

まとめ

例文 意味 ポイント
He died of a heart attack. 心筋梗塞で死んだ 直接的原因、内的要因
He died from overwork. 働きすぎが原因で死んだ 間接的原因、外的要因

【お知らせ】

英語文法の概要を『英会話イメージリンク習得法』にざっくりまとめています。分厚い英文法の参考書を読む前に、さらっとお読みください。

また「これから英語の勉強を始めるぞ!」という方向けに「英語学習を続けるためのコツ」なども掲載しております。ご興味ある方はぜひご覧ください。

imagelink_banner1 imagetrace_banner1 grammar-imagelink-modal-auxiliary-verb_banner grammar-imagelink-verbals_banner experss_6months

シェアする