get+人+to do の意味とイメージ解説

このページの読了時間:約230

get+人+to do
人に~をしてもらう、人に~をさせる(主語が説得して)
I’ll get my son to check it out.(息子にそれを調べてもらうことにしよう)
We couldn’t get him to sign the agreement.(私たちは彼にその契約書に署名してもらうことができなかった)
I can’t get the children to sleep at bed-time. They never seem to be tired!(就寝時間だけど子どもたちを寝させられない…。彼ら全然疲れていないみたいだもの!)

imagelink_banner1

get のコアイメージ

get のコアイメージは「何かのアクションによって自分のものにする」で、ここから「~の状態になる、~の状態にする」という意味が派生しています。

get+人+to do のイメージ解説

I can’t get the children to sleep at bed-time. (就寝時間に子どもたちを寝させられない)

get the children to sleep をストレートに捉えると「(主語が)なんやかんやして、子どもたちが寝るようにする」です。「なんやかんや」として何をするのかは文脈次第ですが、たいていは説得誘導のような働きかけになることが多いです。

そのため、get the children to sleep は「(主語が)説得などをして、子どもたちを寝させる」というニュアンスになります。

また、get+人+to do は、それをしてもらうことが難しいニュアンスを含むことがあります。このニュアンスは、to のもつ「離れているところへ向かう」→「実現するまでに距離がある」というイメージから発生しています。

まとめると、この例文は「就寝時間に子どもたちを寝させることは難しいことであり、なんとか頑張って説得したりしたけれど、やっぱりできない…」ということを述べているわけですね。

to do には「離れたところにある行為」→「これから先の行為」というイメージもあるため、will など未来を表す表現とも一緒によく用いられます。例文の I’ll get my son to check it out. が、この場合に当たります。

【参考サイト】

get | ロングマン英英辞典
TO GET SOMEONE TO DO SOMETHING | English Course Malta
to get somebody do/to do/doing something | WordReference Forums

【関連記事】

get の意味・コアイメージ解説・イディオムまとめ

【英文法の概要や英語学習のコツを知りたい方へ】

英文法の概要を『英会話イメージリンク習得法』にざっくりまとめています。分厚い英文法の参考書を読む前に、さらっとお読みください。

また「これから英語の勉強を始めるぞ!」という方向けに「英語学習を続けるためのコツ」なども掲載しております。ご興味ある方はぜひご覧ください。

imagelink_banner1

この記事のURLとタイトルをコピーする

シェアする