get+人+ing形 の意味とイメージ解説

このページの読了時間:約237

get+人+ing形
人に~をしてもらう、人に~をさせる(主語が説得して)
I got my father talking about his experiences in the war.(父に戦時下の経験について話をしてもらった)
In the end, we got the children cleaning the room.(最終的には、私たちはその子たちに部屋を掃除させることができた)

imagelink_banner1

get のコアイメージ

get のコアイメージは「何かのアクションによって自分のものにする」で、ここから「~の状態になる、~の状態にする」という意味が派生しています。

get+人+ing形 のイメージ解説

I got my father talking about his experiences in the war.(父に戦時下の経験について話をしてもらった)

get my father talking をストレートに捉えると「(主語が)なんやかんやして、父が話すようにする」です。「なんやかんや」として何をするのかは文脈次第ですが、この場合は説得後押しのような働きかけが想定されます。

そのため、get my father talking は「(主語が)説得などをして、父に話をしてもらう」というニュアンスになります。

また、get+人+ing形 は、過去のことに使われやすい(=過去形で使われやすい)傾向があります。これは、ing形のもつ「まさに~しているところ」→「はっきりと状況が描ける」というイメージから発生しています。

中学英語イメージリンク

「get+人+to do」と「get+人+ing形」の違い・使い分け

「get+人+to do」と「get+人+ing形」の意味は「人に~をしてもらう、人に~をさせる」で同じです。主語がなんやかんやする(説得するetc)ところも共通です。

では、書く・話すときにどう使い分ければよいのかですが、基本的に「get+人+to do」を使えば大丈夫です。細かい違いを挙げるとすれば次のようになります。

get+人+to doto do「向かう先にある行為」未来のこと or 実現可能性が低そうなことをしてもらう
get+人+ing形ing形「はっきりと状況が描ける行為」過去のこと or 実現可能性が高そうなことをしてもらう

ただ、第二言語として英語を使う立場であれば、まずは「get+人+to do」で統一してしまって大丈夫です。慣れてきたら使い分けるようにしましょう。

【参考サイト】

get | ロングマン英英辞典
to get somebody do/to do/doing something | WordReference Forums

【関連記事】

get の意味・コアイメージ解説・イディオムまとめ

【英文法の概要や英語学習のコツを知りたい方へ】

英文法の概要を『英会話イメージリンク習得法』にざっくりまとめています。分厚い英文法の参考書を読む前に、さらっとお読みください。

また「これから英語の勉強を始めるぞ!」という方向けに「英語学習を続けるためのコツ」なども掲載しております。ご興味ある方はぜひご覧ください。

imagelink_banner1

この記事のURLとタイトルをコピーする

シェアする