Get on with it! の意味とイメージ解説

このページの読了時間:約221

Get on with it!
さっさと取り掛かりなさい!
You keep repeating yourself. Get on with it!(同じことを何度も言ってるわよ。さっさと取り掛かりなさい!)

imagelink_banner1

Get on with it! どういう意味?

Get on with it! とはどういう意味ですか? また、どういうときに使うのでしょうか?

Get on with it! は「さっさと取り掛かりなさい!」という意味です。it のところに具体的に取り組むべきことを入れた場合も同じ意味になります。

・Get on with your homework!(さっさと宿題をやりなさい!)

例文からもわかるように、なかなか物事に取り組まない相手を急かすときに使います。Get on with it! を使いこなせるように、イメージも確認しておきましょう。

Get on with it! のイメージ解説

You keep repeating yourself. Get on with it!(同じことを何度も言ってるわよ。さっさと取り掛かりなさい!)

Get on with it! は「スイッチをオンにしなさい、それと一緒のとき」というイメージです。

「やる気スイッチをオンにしなさい!」→「さっさと取り掛かりなさい!」というわけですね。

Get on with it! という慣用句は、なかなかアクションを起こさない人に対して、さっさとやるように急がせるときに使います。

Stop talking and get on with it!
(おしゃべりはやめて、さっさと取り掛かりなさい!)

Stop daydreaming and get on with your work!
(ぼーっとしていないで、さっさと仕事をしなさい!)

Get on with your homework!
(さっさと宿題をやりなさい!)

Let’s get on with the matter in hand.
(目下の課題に取り組むことにしましょう)

We don’t have all day to finish this job, so can we just get on with it?
(この仕事を終えるのにあまり時間がないので、とりあえず取り掛かりませんか?)

【関連記事】

get の意味・コアイメージ解説・イディオムまとめ
get on with の意味とイメージ解説
→ get on with の「~と仲良くする」「~に対処する」などの意味についてはこちらの解説記事をご参照ください。

【英文法の概要や英語学習のコツを知りたい方へ】

英文法の概要を『英会話イメージリンク習得法』にざっくりまとめています。分厚い英文法の参考書を読む前に、さらっとお読みください。

また「これから英語の勉強を始めるぞ!」という方向けに「英語学習を続けるためのコツ」なども掲載しております。ご興味ある方はぜひご覧ください。

imagelink_banner1

この記事のURLとタイトルをコピーする

シェアする