get into の意味とイメージ解説

このページの読了時間:約74

get into
1. 中に入る
The door was locked and we couldn’t get into the house.(ドアが閉められていて、私たちはその家の中に入ることができなかった)

2. 到着する
What time do we get into New York?(ニューヨークに到着するのは何時ですか?)

3. 当選する
He first got into Parliament in 1982.(彼は1982年に初めて議会に当選した)※「国会議員になった」ということ

4. 入学する
She got into UCLA.(彼女はカリフォルニア大学ロサンゼルス校に入学した)

5. ある状況に足を踏み入れる、~の状態に陥る
After he lost his job, he got into debt.(彼は仕事を失った後、お金を借りる羽目になった)
Are you trying to get me into trouble?(あなたは私をトラブルに巻き込もうとしているの?)
He got into a terrible temper and started throwing things around.(彼は癇癪を起こして、そこら中に物を投げ始めた)※ temper は「ちょっとしたことで怒りだす気質」のこと

6. ~に興味をもつようになる、~にハマる
I first got into jazz when I was at college.(私が初めてジャズに興味をもったのは大学生のときでした)
She’s been getting into yoga recently – she does three classes a week.(彼女は最近ヨガにハマってて、週に3日も教室に通っています)

7. ~に関わるようになる
She was starting to get into politics.(彼女は政治に関わるようになっていった)
How did you first get into script writing?(あなたは最初、どのようにして台本制作に関わるようになりましたか?)

imagelink_banner1

get のイメージ

get のコアイメージは「何かのアクションによって自分のものにする」です。ここから「至る~の状態になる」という意味が派生しています。

get into の意味の広がり

get into の意味は多岐にわたりますが、get のイメージによって大まかに2パターンに分けることができます。

get のイメージget into の意味
至る+into中に入る
到着する
当選する
入学する
~の状態になる+intoある状況に足を踏み入れる
~に興味をもつようになる
~に関わるようになる

get into は get in と同じ意味で使われることもよくあるので、その違いがわかりにくいですね。「中に入る、到着する、当選する」などの意味で使われる場合、基本的に get in は直後に目的語を取らず、get into は目的語を取るという違いがあります。

要するに、get into は直後の目的語で「何に into するのか」を明示してくれるので、get in に比べてあいまいさがなく、意味が取りやすいわけです。

また、get in と大きく違っているのは「~の状態になる+into」のパターンのところなので、そのあたりを重点的に確認するとよいでしょう。

中学英語イメージリンク

get into のイメージ解説

1. 中に入る

The door was locked and we couldn’t get into the house.(ドアが閉められていて、私たちはその家の中に入ることができなかった)

get into the house は「なんやかんやして、至るその家の中に」というイメージで、ここから「中に入る」という意味になります。

get のイメージに含まれている「何かのアクションによって」は「なんやかんやして」となりますが、ここから「中に入るのが難しい」というニュアンスを含むこともしばしばあります。

2. 到着する

What time do we get into New York?(ニューヨークに到着するのは何時ですか?)

get into New York は「なんやかんやして、至るニューヨークの中に」というイメージで、「到着する」という意味になります。

3. 当選する

He first got into Parliament in 1982.(彼は1982年に初めて議会に当選した)

get into Parliament は「なんやかんやして、至る議会の中に」というイメージで、「当選する」という意味になります。

4. 入学する

She got into UCLA.(彼女はカリフォルニア大学ロサンゼルス校に入学した)

get into UCLA は「なんやかんやして、至るUCLA の中に」というイメージで、「入学する」という意味になります。

5. ある状況に足を踏み入れる、~の状態に陥る

After he lost his job, he got into debt.(彼は仕事を失った後、お金を借りる羽目になった)

get into debt は「なんやかんやして、借金という状況の中に入った状態になる」というイメージです。

「debt(借金)という状況に足を踏み入れる」→「お金を借りる羽目になる」という意味になります。get into する先が debt なので、当然ネガティブな意味合いになります。

6. ~に興味をもつようになる、~にハマる

I first got into jazz when I was at college.(私が初めてジャズに興味をもったのは大学生のときでした)

get into jazz は「なんやかんやして、ジャズという世界の中に入った状態になる」というイメージです。

この場合、get into する先が jazz ですが、jazz は一般的に楽しいこととみなされるので、ポジティブな意味合いになります。

また、get into jazz は「ジャズに興味をもつようになる」から「ジャズにハマる」まで、ニュアンスの振れ幅があります。

ジャズに触れたばかりの頃の話であれば「興味をもつようになる」というニュアンスになりますし、すっかり入れ込んでいる頃の話であれば「ハマる」というニュアンスになります。このあたりは文脈で判断する必要があります。

7. ~に関わるようになる

She was starting to get into politics.(彼女は政治に関わるようになっていった)

get into politics は「なんやかんやして、政治という業界の中に入った状態になる」というイメージです。

これまでの debt(ネガティブ)や jazz(ポジティブ)と違って、politics という中立的というか業界的なものの場合は、get into で「~に関わるようになる」という意味になります。

【参考サイト】

get into something | ロングマン現代英英辞典でのget into somethingの意味 | LDOCE
GET INTO SOMEONE | 意味, Cambridge 英語辞書での定義

【関連記事】

get の意味・コアイメージ解説・イディオムまとめ
get in の意味とイメージ解説

【英文法の概要や英語学習のコツを知りたい方へ】

英文法の概要を『英会話イメージリンク習得法』にざっくりまとめています。分厚い英文法の参考書を読む前に、さらっとお読みください。

また「これから英語の勉強を始めるぞ!」という方向けに「英語学習を続けるためのコツ」なども掲載しております。ご興味ある方はぜひご覧ください。

imagelink_banner1

この記事のURLとタイトルをコピーする

シェアする