get away with の意味とイメージ解説

このページの読了時間:約411

get away with
1. ~のまま逃げおおせる(罰せられずに済む)
Everyone thinks he’s guilty of the robbery, but it looks like he’s going to get away with it.(彼が強盗の罪を犯していると誰もが思っているが、彼は罰せられずに済むことになりそうだ)
Watch Frank – he’ll cheat if he thinks he can get away with it.(フランクを監視していて。彼はバレずに済みそうだと思ったら、きっと不正をするだろうから)

2. ~でなんとか切り抜ける
The colour’s not quite right, but I think you’ll get away with it.(その色はバッチリ適切ってわけではないけれど、それでなんとか切り抜けられると思うよ)
Do you think we could get away with just one coat of paint on that wall?(あの壁はペンキの一度塗りだけで、なんとかなると思いますか?)

imagelink_banner1

get と away のコアイメージ

get のコアイメージは「何かのアクションによって自分のものにする」で、ここから「~の状態になる、~の状態にする」という意味が派生しています。

away のコアイメージは「離れたところに向かう」です。

get away with のイメージ解説

1. ~のまま逃げおおせる(罰せられずに済む)

Everyone thinks he’s guilty of the robbery, but it looks like he’s going to get away with it.(彼が強盗の罪を犯していると誰もが思っているが、彼は罰せられずに済むことになりそうだ)

get away with it は直感的には「なんやかんやして逃げおおせる、その状況と一緒に」であり、「その状況のまま逃げおおせる」という意味になります。

it は「罰せられていない現状」を表していて、with it で「その状況を伴って」というイメージなので、「その状況のまま」という意味になります。

get away with は、状況を表す it と一緒によく用いられるので、get away with it(そのまま逃げおおせる)で覚えてしまうのも一つの手です。

2. ~でなんとか切り抜ける

The colour’s not quite right, but I think you’ll get away with it.(その色はバッチリ適切ってわけではないけれど、それでなんとか切り抜けられると思うよ)

この get away with it は「なんやかんやして切り抜ける、それで」であり、「それでなんとか切り抜ける」という意味になります。

この it が何なのか明確ではないので、少しストーリーを設定してみましょう。この例文が使われている場面として、お葬式などに着ていく服で悩んでいる人が「この服で大丈夫かな?」と聞いた相手のセリフだと思ってください。

この設定で言えば、it は「そのスーツ」を表すことになり、with it で「そのスーツで」という意味になります。要するに、この場合の with it は道具や手段を表すことになるわけですね。

なお get away の方も「なんとか切り抜ける」という意味ですが、これは「ショートカットしてゴールにたどりつく」というニュアンスを含んでいます。

さきほどの設定で言えば、お葬式は黒のスーツにするべきところ、紺色のスーツなどで代用して済ませてしまうというわけですね。

get away with it がもつ2つの意味は少し離れているので、表にまとめておきます。

get awaywith it
1. ~のまま逃げおおせる逃げおおせるその状況のまま(付帯)
2. ~でなんとか切り抜けるなんとか切り抜けるそれで(道具・手段)

【参考サイト】

get away with something | ロングマン現代英英辞典でのget away with somethingの意味 | LDOCE
GET AWAY WITH SOMETHING | 意味, Cambridge 英語辞書での定義

【関連記事】

get の意味・コアイメージ解説・イディオムまとめ

【英文法の概要や英語学習のコツを知りたい方へ】

英文法の概要を『英会話イメージリンク習得法』にざっくりまとめています。分厚い英文法の参考書を読む前に、さらっとお読みください。

また「これから英語の勉強を始めるぞ!」という方向けに「英語学習を続けるためのコツ」なども掲載しております。ご興味ある方はぜひご覧ください。

imagelink_banner1

この記事のURLとタイトルをコピーする

シェアする