go homeが正しくてgo to homeがダメな理由

このページの読了時間:約49

どうして go to home じゃダメなの?

なぜ「家に帰る」ことを英語では go home と表現して、go to home と言わないのでしょうか?

スポンサーリンク

homeのコアイメージ

まずhomeのコアイメージから確認していきましょう。homeのコアイメージは「普段、住んでいる場所」です。

現代に生きる私たちにとって「外が危ない」という感覚はありませんが、かつては危険と隣り合わせでした。

そんな時代におけるhomeとは「落ち着く、快適な場所」であり、また外にいるときには「帰るべき場所」でもあったわけです。

この「帰るべき場所」の感覚からhomeは「住んでいる場所へ向かう、目的の場所へ向かう」という動きも表すようになりました。

この「場所へ向かう」動きを表すhomeの関連語には次のようなものがあります。

  • homing instinct(鳥などの帰巣本能)
  • a homing missile(自動追尾ミサイル)

go homeとgo to homeの違い

例文:They went home.(彼らは住んでいる場所へ帰った)

goは「その場を離れる」です。goには、どこへ向かうのか、その方向性は含まれていないことに注意してください。

次にhomeは「住んでいる場所へ向かう」です。homeによって向かうべき方向が示されるわけです。

homeはgoの動きを軌道修正(modify)しています。このように「動詞の働きを軌道修正する単語」のことを副詞と呼んでいます。副詞の正体については以下の記事をご参照ください。

英語の副詞って何?副詞の見分け方や働き・用法・位置を基本から解説!
副詞はよく出てくる英文法用語ですが、その正体は一体何者なのでしょう。初心者でも副詞がつかめるように、働き・用法をイメージでわかりやすく解説します。迷いやすい副詞の位置についても記載しています。

誤文:They went to home.

go to homeがダメな理由は、「toの向かう動き」と「homeの向かう動き」が重複しているからです。

感覚的には、toが指し示す到達点に到着したと思ったら、もう一度homeであっちだよと移動させられるような感じです。

読者からの質問1

homeには名詞としての「住んでいる場所、自宅」という意味があるのですから、go to homeのhomeも名詞として理解すれば、go to homeという表現は成立するのではないでしょうか?

著者からの回答1

論理的にはありえますが、homeに「住んでいる場所へ向かう動き」が含まれているので、それを使わずにわざわざtoで向かう先を表現するのは、やはり二度手間だと思います。

その意味で、表現としてスッキリしているのはgo to homeよりもgo homeであり、その感覚を共有する人が多かったことが、現在 go home という表現がスタンダードになっている理由だと私は考えています。

go homeとgo to my homeの違い

読者からの質問2

そうであるならば、homeが名詞として使われるのは、どういうときでしょうか?

著者からの回答2

次の2つの例文を考えてみましょう。

1) Let’s go home.
2) Let’s go to my home.

1)のhomeは副詞、2)のhomeは名詞です。どちらも正しい文ですが、例文が表している意味の違い、わかるでしょうか。

1)は「(家族など一緒に住んでいる人たちに対して)自宅に帰ろう」または「(友だちなど一緒に住んでいない人たちに対して)それぞれの自宅に帰ろう」という意味になります。

2)は「みんなで僕の家に行こう」という意味になります。

つまり、homeが副詞として使われる場合は「そこにいる人たち、それぞれが思い描く自宅」を表します。

一方で、homeが名詞として使われる場合はmyなどを伴って「誰かの自宅」を表すわけです。

「go homeとgo to homeとgo to my homeの違い」まとめ

表現 イメージ
(○)go home その場を離れて、住んでいる場所へ向かう
(×)go to home その場を離れて、ある到達点へ向かい、更に住んでいる場所へ向かう
※「toの向かう動き」と「homeの向かう動き」が重複しているからダメ
表現 意味
(○)Let’s go home. 自宅に帰ろう
(○)Let’s go to my home. 僕の家に行こう

コアイメージ再掲