shouldの用法まとめ:shouldのコアイメージから意味や使い方を押さえよう!

このページの読了時間:約553

shouldの用法を一通り押さえたい!

shouldは「~するべき」「~のはず」という意味だと思っていますが、たまにそれでは理解できない用法に出くわします。shouldを統一的に理解できるようなイメージはありますか?

スポンサーリンク

shouldのコアイメージ

shouldのコアイメージは話し手の中での「自然に導かれる先にあるもの」です。

shouldは「これまでの経験から、普通はこうだよね」という話し手の中での常識を表すときによく使われます。

shouldの主な用法は「義務・当然の行為」「確信」「意外・驚き」です。

「~するべきだ」は「普通はこうするよね」という感じのもので、強制的なニュアンスは薄いことに注意してください。

「~のはずだ」も「普通はこうなるよね」という感じのものです。

「いったいどうして~なのか」はWhyとshouldを組み合わせた時に発生する用法です。

どうしてそれが自然に導かれる先にあるものなのか?」というイメージで捉えるとよいでしょう。

shouldの用法

義務・当然の行為

例文:We should be quiet in class.(授業中は静かにしているべきだ)

これまでの経験から、普通、授業中は静かにしているよね」という話し手の考えを表しています。

これまでの経験としては「騒いでいて先生に怒られたこと」などが考えられます。

ただし、話し手自身も何か明確な過去の出来事を思い浮かべながら話しているわけではありません。

このあたりは日本語の「常識」に近い感覚ですね。

提案

例文:I suggest that you should stay at the hotel.(そのホテルに宿泊することをおすすめするよ)

これまでの経験から自然に導かれることとして、あなたがそのホテルに泊まることを提案する」という意味です。

これまでの経験としては「話し手自身が実際に泊まって、そのホテルに満足したこと」などが考えられます。

この例文だけでは詳しくはわかりませんが、少なくとも話し手の中には提案するに足る何らかの理由があることを伝えているわけです。

確信

例文:He should be in Kyoto by now.(彼はいまごろ京都にいるはずだ)

これまでの経験から、普通なら彼はいまごろ京都にいるよね」という話し手の考えを表しています。

たとえば「彼が○時×分発の新幹線に乗ったこと」や「そこからだいたい△時間で京都に到着すること」を知った上でのセリフという感じになります。

意外・驚き

例文:Why should I apologize to him?(どうして私が彼に謝らないといけないの?)

これまでの経緯から、どうして私が彼に謝るなんてことになるのか?」という意味です。

たとえば「私は悪いことなどしていない、彼のほうが悪いはずなのに…」のような気持ちが込められているわけです。

whyは「これまでの経緯→私が彼に謝る」という流れ(→)そのものに疑問を投げかけています

これまでの経緯を踏まえた上での行為(判断の根拠)

例文:It is strange that he should say so.(彼がそう言うなんておかしいな)

これまでの彼の言動から考えると、彼がそう言うなんておかしいな」という意味です。

strangeは「彼のこれまでの言動→彼がそう言う」という流れ(→)そのものに対する話し手の判断を表しています

このshouldには「~するべき、~のはず」というニュアンスはないことに注意してください。

例文:Did you cancel on her at the last minute? It is natural that she should get angry.(彼女との約束をドタキャンしたの?そりゃあ、彼女が怒るのも当然だ)

彼女との約束をドタキャンしたことから考えると、彼女が怒るのも当然だ」という意味です。

このように文脈に「これまでの経緯」(この場合は、ドタキャンしたこと)が示されていることもよくあります。

naturalは「ドタキャン→彼女が怒る」という流れ(→)そのものに対する話し手の判断を表しているわけです

比較:It is natural that babies cry.(赤ちゃんが泣くのは当然だ)


赤ちゃんが泣くのは当然だ」という意味です。

shouldがなければ、「これまでの経緯」が出てくることはありません。単純に赤ちゃんが泣くのは当然という事実を述べているだけです。

【参考】自然な流れを表す「~も」

さきほど「彼女が怒るのも当然だ」という日本語訳に「~も」が出てきました。これについて少し補足をします。

日本語の「~も」は通常「並立・付加」という働きをします。

例文:僕の血液型はA型です。父A型です。

この場合、「~も」は「僕と父を並立させる」働きをしているわけです。

例文:彼女が怒るの当然だ。

この場合、「~も」は「ドタキャン」と「彼女が怒ること」を並立させています。

そして、このように並立させることで自然と流れをつくっているわけです。

話を戻すと、この自然な流れを英語で表しているのがshouldだったわけです。

shouldは「当然」などのニュアンスで捉えがちですが、「流れ」を表していることも少し意識して頂ければと思います。

shouldの用法まとめ

shouldのコアイメージは話し手の中での「自然に導かれる先にあるもの」です。

shouldの主な用法は「義務・当然の行為」「確信」「意外・驚き」です。

shouldの用法 意味 備考
義務・当然の行為 ~するべきだ 普通はこうするよね
提案 ~するべきだ これまでの経験から自然に導かれることとして提案する
確信 ~のはずだ 普通はこうなるよね
意外・驚き いったいどうして~なのか どうしてそれが自然に導かれる先にあるものなのか?
これまでの経緯を踏まえた上での行為(判断の根拠) (肯定的文脈)~するのも…だ
(否定的文脈)~するなんて…だ
経緯→行為という流れに対する話し手の判断を表している