mayとcanの違い~『May I vs Can I』と『mayの推量 vs canの可能性』

このページの読了時間:約636

mayとcanの違いを教えてください!

許可を求めるMay IとCan Iの用法や、mayの推量とcanの可能性など、意味が似ていて違いがわからなくなることがあります。mayとcanの違いを教えてください。

スポンサーリンク

mayのコアイメージ

mayのコアイメージは「上から下への許容」です。

mayの主な用法は「許可」「推量」「祈願」です。

canのコアイメージ

canのコアイメージは話し手が思う「根拠に基づいた可能性」です。

canの主な用法は「能力」「許可」「依頼」です。

許可を求めるMay IとCan Iの違い

許可を求めるMay I

例文:May I smoke?(タバコを吸ってもよろしいでしょうか?)

May I ~?は「私は~してもよろしいでしょうか?」と相手に許可を求める表現です。

mayには上下関係のニュアンスがあり、相手を上に見立てています。丁寧というよりも相手に敬意を払っている感じになります。

可能性を聞くCan I

例文:Can I smoke?(タバコを吸っても大丈夫かな?)

Can I ~?は「私は~できますか?」と相手に対して可能性を聞く表現です。

canはお互いに対等なニュアンスになるので、ざっくばらんな会話でよく使われます。

注意すべきは、この可能性が「話し手自身の可能性」だということです。

つまり、自分のことを聞いているふりをして相手の意向を確認しているわけです。

そのため、言葉に厳密な人に Can I smoke? と聞くと、額面通り「私はタバコを吸うことができますか?」で受け取られることがあります

その場合 I don’t know, can you? のような返事が返ってくると思いますが、それは先方が「私は知らないよ。あなたはタバコを吸えるの?」と言ってるわけですね。

※このような返答はごくまれなので、そこまで気にする必要はありません。ただし、家庭によっては許可を求めるときは Can I ではなく May I を使うように親が子どもに促すことはあるそうです。

May IとCan Iの使い分け

May Iは正式に「相手の許可」を求める表現です。

相手にきっちりした印象を与えたい場合は、May Iを使ったほうがよいでしょう。

Can Iは「自分の可能性」を聞く形式で相手の意向を確認する表現です。

相手とくだけた関係である場合は、Can Iを使ったほうが相手に距離感を与えなくて済むでしょう。

mayの推量とcanの可能性・能力の違い

mayが使えて、canが使えない場合

例文:It may rain tomorrow.(明日、雨が降るかもしれない)

mayの表す推量は「ある出来事が想定される(許容範囲内である)」です。

話し手も自信はありませんが、「雨が降るかも」と雨が降ることを想定しているわけです。

誤文It can rain tomorrow.(空は明日、雨を降らせることができる)

この例文は「空は明日、雨を降らせる能力をもっている」という意味です。

※itは「上空部分」を指しています。ここでは「空」としましたが「雲」でもかまいません。

しかし、空はいつでも雨を降らせる能力はもっているはずです。

それを明日に限定しているのは聞き手に大変違和感を与えてしまいます。そのため誤文としています。

例文:It can be very rainy in Japan during June.(日本の6月はとても雨が多いことがある)

この例文は「日本の6月がどういうものか経験して知っているので(根拠)、日本の6月はとても雨が多い可能性がある」ことを意味しています。

このように将来のことでも、雨が降りやすい「梅雨時期」のように期間を設定すれば、canで違和感のない文を作ることができます

読者からの質問

It can rain tomorrow.で「明日は雨の可能性がある」という意味にはならないのですか?

日本語訳としては成立しそうに見えますが、残念ながら英語的には「明日は雨の可能性がある」とは解釈されません。

英語では既に述べたように「空は明日、雨を降らせる能力をもっている」という風に聞こえてしまいます。

canのコアイメージは「それ自身がもつ根拠(実績や要素など)に基づいた可能性」でした。

It can rain tomorrow.を「明日、空は雨を降らせる可能性がある」と解釈するためには、その前提として「明日がどういう天気になりやすいのか経験して知っている」必要があります

しかし、当然のことながら、明日という日はまだ誰も経験したことのない日です。そのため、そのように解釈することができないというわけなのです。

may, canともに使えるが意味が異なる場合

例文:It may be very hot in this room in the summer.(夏の時期、この部屋はとても暑いかもしれない)

話し手は自信はありませんが、この部屋がとても暑くなることを想定しています。

おそらく話し手は夏の時期にこの部屋で過ごした経験はないのだろうと感じさせる表現です。

この例文が使われる状況を挙げるとすれば、カップルがマンションの購入を検討していて、部屋の特徴(たとえば、窓がないなど)を見たときに言うような場面が考えられます。

※mayはいつも根拠のない推測を表すというわけではありません。mayを使うにあたって根拠のあるなしは関係ないわけです。

例文:It can be very hot in this room in the summer.(夏の時期、この部屋はとても暑くなりえる)

話し手は、夏の時期に時々この部屋がとても暑くなりうるという事実を述べています。

おそらく話し手はこれまでにこの部屋で過ごしたことがあって、夏の時期に時々とても暑くなることがあることを知っているのだろうと感じさせる表現です。

※canのコアイメージに含まれている「それ自身がもつ根拠」として「この部屋の夏の時期における実際の気温」が対応しています。

またcanの「可能性」から「時々(sometimes)」というニュアンスも発生しています。

この例文が使われる状況を挙げるとすれば、オーナーが中古マンションとして購入を希望している人に部屋を案内しているときに、過去の経験に基づいて事実を伝えているような場面が考えられます。

まとめ

用法 意味 用途 備考
May I ~? 私は~してもよろしいでしょうか? 相手の許可を求める 上下関係/きっちりした印象
Can I ~? 私は~できますか? 自分の可能性を聞く形式で相手の意向を確認する 対等/ざっくばらんな印象
may「推量」 ~かもしれない ある出来事が想定される 話し手の推測/話し手は自信がない
can「可能性」 ~しえる、~しうる それ自身がもつ根拠に基づいた可能性 事実/時々のニュアンスを含むことがある