in time と on time の違い

このページの読了時間:約341

ギリギリセーフは in time? on time?」ー似た意味になる in time と on time の違いを、in と on のコアイメージを元に解説しました。just in time と right on time の違いについても記載しています。

imagelink_banner1

時を表す in と on の違い

inのコアイメージ

inのコアイメージは「何かの中にある」です。

inは「内側に存在する」ことに注目がいきがちですが、inは「外側には存在しない」も表していることに注意してください。

※前置詞 in の持つイメージ・意味についての詳細は「前置詞 in のイメージと意味・用法まとめ」をご参照下さい。

onのコアイメージ

onのコアイメージは「~に触れている」です。

on はよく「~の上に」と訳されますが、触れている状態は何かの上に置かれていることが多いだけであることに注意してください。

※前置詞 on の持つイメージ・意味についての詳細は「前置詞 on のイメージと意味・用法まとめ」をご参照下さい。

おすすめ英会話教材 英会話エクスプレス

in timeとon timeの違い

例文:We finished our task in time.(仕事を期日までに終えた)

in timeは「何かが起きる前の時間内に」を表します。

in timeは、ある時間を境に内側(前)と外側(後ろ)に区切られ、外側に出ると何かが起きるというイメージを含んでいます。

たとえば、ある日時を締め切りとして、それを過ぎると(=外側に出ると)成果物の提出などがある。だから間に合わせないとマズい…

そんな感覚を前提としてin time(時間内に)という表現が使われるわけです。

例文:We finished our task on time.(仕事を予定通り終えた)

on timeは「予定されていた時間通りに」を表します。

タスクが終わったのと、完了予定日時がピタッと触れているイメージです。

on timeの場合は、予定日時が過ぎた後への意識はありません。あくまでも予定日時だけに焦点が当たっているわけです。

imagetrace_banner1

just in timeとright on timeの違い

最初のご質問に挙がっていたjust in timeについて、right on timeと比較しながら解説します。

例文:I got here just in time for the train.(汽車の出発にギリギリ間に合った)

just in timeは「ギリギリ間に合って」という意味です。

in timeだけだと時間幅がありますが、justでぴったり「内側と外側の境」に収められるイメージです。

またすぐ後ろが外側であり、何かが起きようと迫ってきているので、気持ちに余裕がないニュアンスを含むこともあります

例文:I got here right on time at 7:55am.(午前7時55分ちょうどに予定通り到着した)

right on timeは「まさに時間通りに」という意味です。

on timeだけでも「時間通りに」を表しますが、rightによって更に幅を狭めているイメージです。

just in timeと違って、right on timeは気持ちに余裕があるニュアンスを含んでいます

おすすめ英会話教材 英会話エクスプレス

まとめ:in timeとon timeの違い

フレーズ 意味 違い
in time 何かが起きる前の時間内に inによって内と外に区別する
その外側への意識も含まれる
on time 予定されていた時間通りに 予定日時だけに焦点が当たる

【just in time からの派生表現】

just in time(ちょうどの時間に)と関連のある表現として in ten minutes(10分後に)のような「~後」を表す用法が in にはあります。詳しくは「「~後」を表すinとafterの違い」をご参照下さい。

【英文法の概要や英語学習のコツを知りたい方へ】

英文法の概要を『英会話イメージリンク習得法』にざっくりまとめています。分厚い英文法の参考書を読む前に、さらっとお読みください。

また「これから英語の勉強を始めるぞ!」という方向けに「英語学習を続けるためのコツ」なども掲載しております。ご興味ある方はぜひご覧ください。

imagelink_banner1

この記事のURLとタイトルをコピーする

シェアする

関連コンテンツ

コメント

  1. アバター にゃんダフル より:

    in timeとon timeについては、学習する前のイメージと実際の意味が一致していたので、とても簡単に覚えることが出来ました。また、inについても理解していましたが、onについて~に触れているというのは知らなかったので、それを知れたのが良かったです。

  2. アバター 山P より:

    inとonのコアイメージは非常に分かりやすく、次のin timeとon timeの違いが容易に理解できた。また、just in timeが「ギリギリ」という、若干ネガティブなニュアンスがあるという発想をいままで持っていなかったので、目から鱗でした。なので、比較対象のright on timeの「余裕があるニュアンス」という発想も納得がいきました。
    あと、もしかしたらright in timeやjust on timeとは言わないのか、という疑問を持つ読者もいるかもしれませんね。

  3. アバター あかね1109 より:

    記事の冒頭にも書いてありましたが、私も”in time”と”on time”は日本語の意味だけで理解していたので、時々辞書を引いて使い方を確認していました。”in”と”on”のコアイメージを再確認するだけで理解度が増したと思います。大変参考になりました。

  4. アバター 匿名 より:

    in time と on time の違いは大丈夫でしたが、just in time や right on time になると、あまりイメージができていなかったことがわかりました。just と right のイメージがわかっていなかったのでしょうね。コンパクトになっていた感じがします。

  5. アバター 雪の華 より:

    非常にわかりやすい説明でした。この記事で、「in」と「on」の違いがより理解しやすくなりました。また、ハイライトされている箇所が頭によく入り、理解のポイントを押さえやすかったです。例文の比較もわかりやすく、とても良い記事だと思います。

  6. アバター リンリン より:

    簡潔にまとめられていて、色も文字の大きさも見やすくて、とても好感が持てるサイトです。
    in time と on time は私の中では比較的簡単で、理解していると思っていましたが、記事を読んで、また一歩、理解を深められることができました。記事の最後に簡単な練習問題がほしいです。