「~後」を表すinとafterの違い

このページの読了時間:約552

in ten minutesは「10分以内」ではないの?

「10分後に会おう」の「10分後」を英語で表現するとき、普通に考えたらafter ten minutesだと思うのですが、実際はin ten minutesだと教わりました。

でも、in ten minutesは「10分以内」ではないかと思うのですが、なぜ「10分後」になるのでしょう?あと、なぜafter ten minutesだとダメなのでしょうか?

「inとafterの違い」への回答

inのコアイメージ

inのコアイメージは「モノの周囲をすっぽり包みこむ」です。

inは「内側に存在する」ことに注目がいきがちですが、inは「外側には存在しない」も表しています。つまり、inは「内側と外側の境」が意識されている英単語なのです。

この「内側と外側の境」は、inが期間を表すフレーズと結びつくときにポイントになるので、特別に取り上げて説明します。

in+期間を表すフレーズ

前回の『in timeとon timeの違い』記事で取り上げましたが、just in timeという表現は「内側と外側の境」ギリギリの時間を表しています。

このjust in timeと同じように、in ten minutesのような【in+期間を表すフレーズ】の場合も「内側と外側の境」に焦点が当たります

話し手は立ち位置を「現時点」に置いたうえで、そこからinで「内側と外側の境」を描き、期間を表すフレーズで「境までの期間」を述べています。こうして「いまからある期間が過ぎた時点で」という意味になります。

afterのコアイメージ

afterのコアイメージは「何かの後」です。

afterは基本的に時間的に何かの後であることを表すので、ある程度の幅を持っている表現です。ある瞬間を表しているわけではないことに注意してください。

【in+期間】の例文解説

例文:I will see you in ten minutes.(また10分後に会いましょう)
誤文:I will see you after ten minutes.

まずafter ten minutesは誤文としていますが、文法的には正しい英文です。ただ一般的に使われていない表現だという意味です。

話し手は立ち位置を「現時点」に置いたうえで、そこからinで「内側と外側の境」を描き、ten minutesで「その境までの期間が10分」であると述べています。

こうして「10分後」という意味になるわけですが、inによって「現時点」と「あなたと会うこと」が繋がっている感覚が生まれていることにも注意してください。

なお、予定や約束を表すときにafter ten minutesが使われていない理由として、afterの「以降」というニュアンスとの相性が悪いからということが挙げられます。

人間心理としても、予定や約束を交わすときは「ある日時よりも前」を想定しているものでしょう(実態は「その予定日時よりも後」になりがちだと思いますが…)。

その意味でも、inのほうが予定や約束などと相性が良いわけです。

さて、【in+期間】は内側と外側の境目ぴったりの日時を表すわけですが、そうなると今度は「その期間内」を表すときに困るようになります。

そこで、そのような「その期間内」を表すときは、境を表すinではなく、範囲内を表すwithinを使うようになったのだと考えられます。

【after+期間】の例文解説

例文:I went to the bar, but I left after 10 minutes.(そのバーに行ったんだけど、10分後に出ていったんだ)
誤文:I went to the bar, but I left in 10 minutes.

過去のことを表すときは「現時点」のような基準点が存在しません。そのため、過去を表すときは明確に基準点を述べる必要があります

この例文の場合は「そのバーに行った」ときを基準点として、after ten minutesによって「そこから10分が過ぎて以降」を表現しているわけです。

ここでも一番のポイントは「話し手の立ち位置」です。さきほどのinは内側にいる感覚がありましたが、afterにはそのような感覚はなく、話し手は基準時とつながっていません。このようなこともあり、afterは過去を表すときによく使われます。

「inとafterの違い」練習問題

次の( )に当てはまる単語として in か after のどちらかを選びなさい。

問題1:I’m going to New York ( ) two weeks.(2週間後にニューヨークに行く予定です)

問題2:After baking, set the cake on a wire rack to cool. ( ) ten minutes, remove the ring from the pan.(焼いた後、ケーキを冷やすために棚に置きます。それから10分後にオーブン用の皿から輪形の型を取り除きます)

問題3:She reached Tokyo on 8th May 2017. And she went to Osaka ( ) two days.(彼女は2017年5月8日に東京に到着した。そして、2日後に大阪に向かった)

正解1:in

話し手は現時点と繋がっている感覚で、終端の2週間後を捉えています。そのためinが使われています。

正解2:after

料理レシピの一部抜粋です。基準点が現時点ではなく「ケーキを棚に置いた」ときという料理のステップになっています。このような場合はafterが使われます。

正解3:after

過去のことであり、話し手が語っている現時点との繋がりはほとんどありません。基準点として「東京に到着した日」を設定した上で、after two daysで「その2日後」を表現します。

「inとafterの違い」まとめ

フレーズ 意味 違い
in+期間 いまからある期間が過ぎた時点で 話し手の立ち位置は現時点
現時点とのつながりがある
after+期間 基準時からある期間が過ぎて以降 話し手は基準時から離れている
基準時とのつながりがない

コアイメージ再掲