get back の意味とイメージ解説

このページの読了時間:約328

get back
1. 戻る
I’ll talk to you when I get back.(戻ってきたときに話すよ)
Well, I must get back to work.(さて、仕事に戻らなくちゃ)

2. 取り戻す
Did you get your books back?(本は取り戻せたの?)
Don’t lend him money – you’ll never get it back.(彼にお金を貸してはいけないよ。二度と取り戻せないだろうから)

imagelink_banner1

get と back のイメージ

get のコアイメージは「何かのアクションによって自分のものにする」です。ここから「得る至る」などの意味が派生しています。

back は「後ろへ」という向きを表します。back は名詞では「背面、背中」という意味をもっており、ここから「後ろの方向へ」という感覚が出てきたと考えるとよいでしょう。

get back のイメージ解説

1. 戻る

I’ll talk to you when I get back.(戻ってきたときに話すよ)

get back の get は「至る」ニュアンスで使われており、back は「後ろへ」という向きを表しています。

この back は副詞として働いており、動詞 get に対して back の向きを上乗せしています。具体的には、get(至る)に対して、back の「後ろへ」という向きを加えて、「後ろ(=元の場所)へ到達する」→「戻る」となっているわけです。

なお、get back の表す「後ろ」に何があるのかは文脈によります。この例文のような「元の場所」だけでなく、「それまでにやっていたこと」と考えることもできます。たとえば、get back to work で「(それまでにやっていた)仕事に戻る」となります。

2. 取り戻す

Did you get your books back?(本は取り戻せたの?)

get your books back の get は「得る」ニュアンスで使われており、back は「後ろへ」という向きを表しています。

この back も副詞として働いており、動詞 get の余韻に対して back の向きを上乗せしています。

これはイラストを見てもらったほうがわかりやすいと思います。get your books で「あなたの本を得る」、back で「後ろ(=あなた自身のところ)へ」という向きを加えており、合わせて「あなたの本を取り戻す」となります。

「余韻」について少し補足しておきます。

get back と連続していれば、get にback の向きが上乗せされるという関係がわかりやすいのですが、今回は get your books back という単語の並びになっています。

要するに、get と back が離れてしまっているわけです。このようなときに、どう考えればよいのでしょうか。

その答えは、get が your books に当たった後も、その矢印が残っているものとして、それに対して back の向きを上乗せする、と考えればよいのです。

この「目的語の後にも動詞の矢印が残っている」部分を「動詞の余韻」と呼んでいるわけです。

※文字の解説だと少しわかりにくいかもしれませんね。動画でも説明しているので、ご興味ありましたら解説動画『やり直し中学英語 #3 形容詞・副詞』をご参照ください。

【参考サイト】

get back | ロングマン現代英英辞典でのget backの意味 | LDOCE
GET BACK | 意味, Cambridge 英語辞書での定義

【関連記事】

get の意味・コアイメージ解説・イディオムまとめ

【英文法の概要や英語学習のコツを知りたい方へ】

英文法の概要を『英会話イメージリンク習得法』にざっくりまとめています。分厚い英文法の参考書を読む前に、さらっとお読みください。

また「これから英語の勉強を始めるぞ!」という方向けに「英語学習を続けるためのコツ」なども掲載しております。ご興味ある方はぜひご覧ください。

imagelink_banner1

この記事のURLとタイトルをコピーする

シェアする