現在分詞と動名詞の違いから学ぶ現在分詞と動名詞の意味と用法

このページの読了時間:約951

現在分詞と動名詞はどう違うの?

現在分詞と動名詞は同じ「動詞の原形+ing形」をしていて、何となく意味も似ているように思うのですが、どう違うのでしょうか?

スポンサーリンク

現在分詞と動名詞の形

まず現在分詞と動名詞の形から確認しましょう。現在分詞と動名詞は「動詞の原形+ing形」という形をしています。

# 原形 現在分詞&動名詞 過去分詞
する do doing done
洗う wash washing washed
走る run running run

過去分詞は「動詞の原形+ed形」以外にも様々な不規則活用をしますが、現在分詞&動名詞はすべて「動詞の原形+ing形」で規則的な活用をします。

現在分詞の意味・コアイメージ

現在分詞のコアイメージは「進行、ライブ感」です。

現在分詞の代表的な意味は「~しているところ」となります。

動名詞の意味・コアイメージ

動名詞のコアイメージは「まさにその動き」です。

動名詞の代表的な意味は「~すること」となります。

現在分詞と動名詞の違い

現在分詞のポイントは、進行というニュアンスに「着手済、未完了」という2つの要素が含まれていることです。

既にその動作を始めていて、まだその動作を終えていないことを前提としているわけです。

一方で、動名詞はその現在分詞から進行のニュアンスを取り除いたものです。

たとえるならば、その動作の瞬間を写真に切り取ったようなもので、まさにその動きを表す名詞として使われます。

現在分詞と動名詞の違いをキーワードで言えば、現在分詞が「動画」、動名詞が「写真」となります。

ただし、現在分詞が動画であると言っても、基本的には前後1秒程度の短い動画を想定するとよいでしょう。瞬間を短い動画で切り取るようなイメージです。

現在分詞の用法

補語になる現在分詞

進行形(be動詞+現在分詞)

例文:He was reading the book.(彼はその本を読んでいるところでした)

「be動詞+現在分詞」の形式は進行形と呼ばれ、意味は「~しているところ」です。

例文は、彼が本を読んでいる風景を動画で再生しているようなイメージで捉えるとよいでしょう。

SVC型(keep+現在分詞)

例文:He kept reading the book.(彼はそのままその本を読み続けた)

「keep+現在分詞」の意味は「そのまま~し続ける」です。

たとえば、本を読んでいたら夜遅くなって寝る時間になったけれど、そのまま本を読み続けているようなイメージです。

SVOC型(keep+O+現在分詞)

例文:He kept me waiting for thirty minutes.(彼は私をそのまま30分間待たせ続けた)

「keep+O+現在分詞」の意味は「Oをそのまま~させ続ける」です。

彼のせいで私はそのままずっと待ち続けているようなイメージであり、その時間は30分間だったというわけです。

現在分詞の前置修飾

例文:Look at the walking boy.(あの歩いている男の子を見て)

「現在分詞+名詞」の形式を、現在分詞の前置修飾と呼びます。意味は「~しているところの…(名詞)」です。

例文は、歩いているところの男の子(動画で再生されるような動きのあるもの)というイメージになります。

現在分詞の後置修飾

例文:The man driving the bus is my brother.(あのバスを運転しているところの男性は僕の兄弟です)

「名詞+現在分詞」の形式を、現在分詞の後置修飾と呼びます。意味は「…(名詞)、それは~しているところの」です。

例文は、運転しているところの男性(動画で再生されるような動きのあるもの)というイメージになります。

see+O+現在分詞

例文:He saw Taro walking ahead.(彼は太郎が前方を歩いているところを見た)

「see+O+現在分詞」の意味は「~しているところのOを見る」です。

前方を太郎が歩いているところ(動画で再生されるような動きのあるもの)というイメージです。

【比較】see+O+動詞の原形

例文:He saw Taro walk ahead.(彼は太郎が前方に歩いていった一部始終を見た)

「see+O+現在分詞」とよく比較されるのが「see+O+動詞の原形」で、意味は「~したOを見る」です。

このように動詞の原形が使われた場合、歩くという動作の一部始終を表すイメージになります。

またwalking aheadは「前方を歩いているところ」でしたが、walk aheadは「前方に歩いていった」となります。

walking aheadだと、その歩いている動きの前後一秒程度を切り取っているのでaheadも「前方を」という歩いている場所を表しますが、walk aheadは歩く動作の一部始終なのでaheadは「前方に」という歩く方向を表す意味になるわけです。

以上から例文は、太郎が後方からやってきて、前方に歩いていき、そのまま姿を消したという一連の流れ(一部始終)を見たという意味になります。

副詞としての現在分詞

例文:They walked laughing into the room.(彼らは笑いながらその部屋に入っていった)

walked into the room(その部屋に歩いて入っていった)にlaughing(笑いながら)を上乗せすることでwalked laughing into the room(笑いながらその部屋に歩いて入っていった)となります。

walkという移動を表す動詞にlaughingという動きを追加・上乗せしているわけです。

このように動詞の意味を修正・更新するものを「副詞」と呼びます。副詞とは何かについては、以下の記事をご参照下さい。

副詞はよく出てくる英文法用語ですが、その正体は一体何者なのでしょう。初心者でも副詞がつかめるように、働き・用法をイメージでわかりやすく解説します。迷いやすい副詞の位置についても記載しています。

動名詞の用法

主語としての動名詞

例文:Talking in the library is prohibited.(図書館でのおしゃべりは禁止されていますよ)

例文では Talking in the library が「図書館でおしゃべりすること」という名詞の固まりとして、主語になっています。

イメージとしては、図書館でおしゃべりをしているシーンを写真のように切り取り、そのうえで「この行為は禁止されてます」と述べているような感じです。

【比較】主語としてのto不定詞

例文:To talk in the library is prohobited.(図書館でのおしゃべり禁止)

動名詞とよく比較されるのがto不定詞です。To talk in the library は「図書館でのおしゃべり」であり、こちらも名詞の固まりとして主語になっています。

ただし、先ほどの動名詞talkingがおしゃべりしている人に向かって使われる表現であるのに対して、to不定詞のto talkは図書館に掲示されている張り紙に書かれた注意書きのようなイメージになります。

動名詞とto不定詞の違いについて、詳しくは以下の記事をご参照下さい。

動名詞とto不定詞はどちらも「~すること」と訳せますが、実際の英文ではどちらかしか使えないことも多く、混乱しがちですよね。この記事では、動名詞とto不定詞の違いや使い分けをイメージから徹底解説します。

目的語としての動名詞

例文:I like walking in the rain.(雨の中、歩くことが好きです)

walking in the rainは「雨の中、歩くこと」という名詞の固まりとして、動詞likeの目的語になっています。

また例文の walking in the rain は、私がたびたび雨の中を散歩していることも表しています。

なぜそうなるかというと、動名詞が「写真」のようにありありと状況を描いたものであり、そのような状況を描けるということは、それだけ何回もその動作を行ったことがあるはずだからです。

この観点から、動名詞は「習慣的な行為」を表すときによく使われます。

前置詞の目的語としての動名詞

例文:She is good at baking cookies.(彼女はクッキーを焼くことが上手です)

baking cookiesは「クッキーを焼くこと」という名詞の固まりとして、前置詞atの目的語になっています。

baking cookiesは「クッキーを焼くこと」という状況をありありと描いているわけですが、そこで描かれる状況とは「一般的にこうだろうと想像されるもの」になります。

この意味で、動名詞は「一般的な行為」を表すときによく使われるわけです。

まとめ:現在分詞と動名詞

現在分詞とは

現在分詞は「動詞の原形+ing形」という形で、コアイメージは「進行、ライブ感」、代表的な意味は「~しているところ」です。

現在分詞は、前後の動きを含むので「短い動画」のようなイメージです。

動名詞とは

動名詞は「動詞の原形+ing形」という形で、コアイメージは「まさにその動き」、代表的な意味は「~すること」です。

動名詞は、動きを切り取った「写真」のようなイメージです。

現在分詞の用法一覧

形式 意味 文法用語
be動詞+現在分詞 ~しているところ 進行形
keep+現在分詞 そのまま~し続ける SVC型
keep+O+現在分詞 Oをそのまま~させ続ける SVOC型
現在分詞+名詞 ~しているところの…(名詞) 現在分詞の前置修飾
名詞+現在分詞 …(名詞)、それは~しているところの 現在分詞の後置修飾
see+O+現在分詞 ~しているところのOを見る 知覚動詞+O+現在分詞
移動・往来を表す動詞+現在分詞 ~しながら…する 副詞としての現在分詞

動名詞の用法一覧

英文 働き この英文における注意点
Talking in the library is prohibited. 主語としての動名詞 ありありと状況を描いている
I like walking in the rain. 目的語としての動名詞 「習慣的な行為」を表している
She is good at baking cookies. 前置詞の目的語としての動名詞 「一般的な行為」を表している