mustの用法まとめ:mustのコアイメージから意味や使い方を押さえよう!

このページの読了時間:約31

mustの用法を一通り押さえたい!

mustの用法や意味を一通り教えてください。

スポンサーリンク

mustのコアイメージ

mustのコアイメージは「これしかないモノが迫ってくる」です。

本来は複数の選択肢があるはずのところ、選択肢が一つしか見えなくなって、その一つが迫ってくるイメージです。

mustの主な用法は「義務」「強い確信」「強いオススメ」です。どれも「これしかない!」という感覚があります。

mustの用法

義務

例文:It’s getting dark. I really must go.(もう暗くなってきてしまった。本当に帰らなくてはいけないな)

話し手はこの場を離れなければいけない状況が迫ってきていると感じています。

例文:You must attend the meeting.(あなたはそのミーティングに出席しなければいけない)

そのミーティングに出席しなければいけない状況を相手に押し付けています

それ以外の選択肢はないという感じなので、聞き手には命令として受け取られます。

例文:I must go on a diet.(私はダイエットをしなくてはいけない)

話し手はダイエットをしなければいけない状況が迫ってきていると感じています。

このセリフは話し手の決意とも言えますが、意志を表すwillと比べると追い込まれている感じがする表現です。

禁止

例文:You mustn’t talk to your mother like that.(お母さんにそんな口のきき方をしてはいけない)

お母さんにそのような口のきき方をしてはいけないと、相手に「やってはいけないこと」を押し付けています

強い確信

例文:She must be Shinichi’s mother.(彼女は信一の母親に違いない)

「信一の母親」以外の選択肢はない、「信一の母親」であることが唯一の選択肢だという感じのセリフです。

強いオススメ

例文:You must visit Tokyo Disney Resort. It’s home to the only DisneySea in the world.(絶対に東京ディズニーリゾートへ行くべきだよ。世界で唯一ディズニーシーがある場所だからね。)

東京ディズニーリゾートへ行くことを自分のオススメとして相手に強力にプッシュしています。

mustが強いオススメを表すのか、相手への命令を表すのかは言い方や文脈に依存しますが、たいてい問題なく区別できると思います。

mustの用法まとめ

mustのコアイメージは「これしかないモノが迫ってくる」です。

mustの主な用法は「義務」「強い確信」「強いオススメ」です。

mustの用法 意味 備考
義務 ~しなければいけない やらなければいけないことが迫ってくる
やらなければいけないことを押し付ける
禁止 ~してはいけない やってはいけないことが迫ってくる
やってはいけないことを押し付ける
強い確信 ~に違いない 唯一の選択肢
強いオススメ 絶対に~するべきだよ オススメを強力にプッシュ