mustとhave toとshouldの違い

このページの読了時間:約416

mustとhave toとshouldの違いを教えてください!

must、have to、shouldはそれぞれ義務を表しますが、ニュアンスはどう違うのですか?できれば、具体的な場面を挙げて教えてください。

スポンサーリンク

mustのコアイメージ

mustのコアイメージは「これしかないモノが迫ってくる」です。

mustの主な用法は「義務」「強い確信」「強いオススメ」です。

have toのコアイメージ

have to doの主な意味は「(状況的に)~しなければいけない」です。

shouldのコアイメージ

shouldのコアイメージは話し手の中での「自然に導かれる先にあるもの」です。

shouldの主な用法は「義務・当然の行為」「確信」「意外・驚き」です。

例文解説:mustとhave toとshouldの違い

must

例文:You must study English.(あなたは英語を勉強しなければいけない)

話し手が「英語を勉強することが非常に重要で、そうしなければいけない」と思って、伝えているニュアンスになります。

mustが表す「義務」は話し手自身の気持ちから発生しており、ごく主観的な物言いになります。また選択の余地もなく、そうするしかないというニュアンスも含みます。

そのため、実際の会話で「義務」を表すmustが使われることはほとんどありません

この例文が使われる状況として考えられるのは、親が子どもに無理やりにでも英語を勉強させようとして述べるセリフのようなイメージです。

子ども (辟易としながら)ねえ…、どうして英語を勉強しなくちゃいけないの?
それはね…(あれこれ説明する)
子ども えー、私、もう勉強したくない!
もうっ!わがままばっかり言わないで。とにかくあなたは英語を勉強しなくちゃいけないの!

have to

例文:You have to study English.(あなたは英語を勉強しなければいけない)

状況的に「英語を勉強する必要があり、そうしなければいけない」ということを伝えているニュアンスになります。

have toが表す「義務」は客観的な状況から発生しています。ただし、mustと同じく選択の余地はなく、そうするしかないというニュアンスは含みます。

この例文が使われる状況として考えられるのは、留学先で語学学校の先生が生徒に向かって述べるセリフのようなイメージです。

先生 あなたは一年間アメリカに滞在する予定なのだから、英語を勉強しなくてはいけません。あなたの留学が実りあるものになるように、私も協力させてもらうわ。

should

例文:You should study English.(あなたは英語を勉強するべきだ)

話し手が「普通に考えれば、英語を勉強するべきだよね」と思って、伝えているニュアンスになります。

shouldは話し手の意見やアドバイスを表します。これまでの経験からそうしたほうがいいと思っていますが、絶対にそうしなければいけないとは思っていません。

そのため、聞き手には選択の余地があります

この例文が使われる状況として考えられるのは、就職活動を意識した大学生が友だちと交わすセリフのようなイメージです。

大和 あー、就職活動も考えなくちゃなぁ。でも、何をやればいいのかわからないんだよね。
智一 そうやなー。まだちょっと先やから、企業のことを調べてもピンとこないしな~。まあ、これから先、どうしたって英語は必要やろうから、とりあえず英語は勉強しとくべきやろね

まとめ:mustとhave toとshouldの違い

フレーズ 意味 主な違い 選択の余地
must ~しなければいけない 話し手自身の気持ちから発生している「義務」 なし
have to (状況的に)~しなければいけない 客観的な状況から発生している「義務」 なし
should ~するべきだ 話し手の意見やアドバイス あり


関連記事

「しなければいけない」の意味で有名なmustですが、義務を表す以外に禁止や強い確信、強いオススメなどの用法があります。この記事ではmustのコアイメージから、mustの用法を解説しました。
学校の試験で置き換え問題としてよく出されるmustとhave toですが、実際にはニュアンスの違いがあること、ご存知でしたか?その違いをイメージを使って解説しました。
助動詞のshouldの主な意味は「~するべきだ(義務)」と「~はずだ(確信)」ですが、実はこの2つ、ある共通のイメージから発生していることご存知でしたか?この記事ではshouldのコアイメージから、shouldの用法を解説しました。