crispy(クリスピー)の意味を語源からサクッと解説!

このページの読了時間:約27


スターバックスのメニュー『クリスピー スイートポテト フラペチーノ』の「クリスピー」ってどういう意味ですか?
スポンサーリンク

クリスピー(crispy)の意味

スターバックス®の『クリスピー スイートポテト フラペチーノ®』とは、細かく砕いた芋けんぴ(サツマイモチップス)をふりかけたフラペチーノのようですね。

クリスピー(crispy)は「カリッと揚げた」「パリッとした食感の」などを意味します。スイートポテト(sweet potato)は「サツマイモ」のことですね。

つまり、クリスピー スイートポテト(crispy sweet potato)で「芋けんぴ(サツマイモチップス)」というわけです。

なお、crispy の名詞形である crisp(複数形 crisps)は、イギリスでは「ポテトチップス」のことを指し、アメリカでは「朝食のシリアル」のことを指したりします。

この crisp ですが、実は「さざ波が立つ」という、さきほどの「カリッと揚げた」とは全く関係のなさそうな意味も持っています。

せっかくなので crisp の語源から意味の移り変わりをたどってみましょう。

crisp の意味の移り変わり

元々 crisp は「波状の、巻き毛の、(洋服などの)ひだの」という意味を表していました。

そのイメージが、揚げ物料理で食材が波打つように曲がるイメージと合致して、火を使う料理について用いられるようになっていったのです。

ポテトチップスが好例ですが、揚げ物料理は「砕けやすく」「パリッとした食感」が特徴です。

そうした特徴から、「パリパリッ」「サクッ」としたお菓子などに対して crispy という単語が形容詞として使われるようになったわけです。

Crispy Sweet Potato Frappuccino の一言感想

試食分を頂きましたが、細かく砕かれた芋けんぴがカリカリっとしていて、おいしいです!

ちょっと一息入れたい3時のおやつにぴったりだと思います。

crisp の補足

crisp には「はっきりとした」「爽やかな」という意味もありますが、そちらは語源が別になります。統一的に説明できなくてすみません…

参考:crisp weather(爽やかな天気)

参考:crisp image(色合いが鮮明な画像)