クリスマスを Xmas と書く理由

このページの読了時間:約340

クリスマスシーズンになるとよく見かける “Merry Xmas”(メリークリスマス)という文言ですが、どうしてクリスマス(Christmas)を Xmas と書くのでしょうか?その理由を対談形式で解説しました。

Xmas と Christmas

遠藤 (街なかを歩きながら)早いもので、もう12月ですね。クリスマスツリーが置かれたり、クリスマスソングが流れたりして、本当にこの時期、街はクリスマス一色という感じですね。

 そういえば、店頭などで “Merry Xmas” と書かれたものをよく見かけるんですけど、どうしてクリスマスを Xmas って書くんでしょうね?

 確かに、そのまま読んだら「エックスマス」ですもんね。それでは今回はクリスマスを Xmas と書く理由についてお話しましょうか。

Xmas の由来

 クリスマスは英語で書くと、Christmas です。Christ は「キリスト」、mas は「ミサ・祭礼」を表しています。

 Xmas が Christmas と同じってことは、X = Christ(キリスト)ってことでいいんでしょうか?

 そうです。X はギリシャ語で「キリスト」を意味する Χριστός(読み:クリストス)の頭文字を取ったものなんです。(参考:Xmas – wikipedia

 X はクリスチャンにとって、特別なアルファベットなんですね。

 うーん、「昔はそうだった」というところですね。昔は、今ほど文字が巷にあふれていませんでした。識字率も低かったですしね。そのような時代には X という一文字で「キリスト」を表すのは、都合が良かったわけです。

 確かに、わかりやすい目印になりますもんね。でも、「昔は…」ってことは今は違うんですか?

 今は X で「キリスト」を表すのは否定的に捉えられています。「キリストを X 一文字に略すのは失礼だ!」と感じる人が増えてきたからですね。

 ちゃんと正式名称で表示するべきってことですね。

 それに X には、数学などで出てくる未知数 x のイメージも含まれます。

我らを導いてくれる神の子イエス・キリスト未知のもの扱いするなんて許せない!」とも感じさせてしまうようになったのでしょう。

 うーん、なるほどなぁ~。時代によって、X のイメージが変わってしまったんですね。

Xmas 表記の使用

 あれっ。それじゃあ、Xmas って表記は英語圏ではなくなってきているんですか?

 減ってはきていますが、なくなってはいないです。今でも「広告の見出し」などでは、まだ使われていますよ。

 良いんですか、それ?

 やはり広告にはお客さんに訴求するという目的があるので、デザインを優先しているんでしょうね。ただ、クリスチャンの方々への印象も考えると、Christmas 表記のほうが良いのは間違いないですね。

X’mas 表記は間違い?

 そういえば、X’mas というアポストロフィ付きの表記もありますけど、これはなんでアポストロフィがついているんですか?

 X’mas は日本で広まってしまったもので、正式な表記ではありません

 海外では X’mas 表記はないんですか?

 私はほとんど見かけないですね。理由は定かではありませんが、I am を I’m のように短縮するときにはアポストロフィをつけると教えられたため、Christmas を Xmas という略記にしたときにも同じようにつけるものだと感じている人が多いのかもしれませんね。

 「短縮形」と同じように考えてしまっているってことですね。

 まあ、Xmas のように X と mas を続けると、なんとなくバランスが悪く感じられるのはわかる気もします。アポストロフィが挟まっていたほうが、しっくりきちゃうんですよね。

 そのあたりは日本人的な感覚も影響しているのかもしれませんね。

 何にせよクリスマスを Xmas と書く理由がよくわかりました。ありがとうございます!

【おすすめ記事】

知っているようで知らない「クリスマス」そのものについても由来から解説しています。

12月の街はクリスマスムード一色。でも、クリスマスってそもそも何なのでしょうか?「メリー・クリスマス!」もみんな知っている挨拶ですが、いつ言えばいいのか不安な方も多いと思います。この記事ではクリスマスの本来の意味から、メリークリスマスの使い方、さらに昨今のアメリカにおけるクリスマス事情まで解説しました。

【お知らせ】

英語文法の概要を『英会話イメージリンク習得法』にざっくりまとめています。分厚い英文法の参考書を読む前に、さらっとお読みください。

また「これから英語の勉強を始めるぞ!」という方向けに「英語学習を続けるためのコツ」なども掲載しております。ご興味ある方はぜひご覧ください。

imagelink_banner1 imagetrace_banner1 grammar-imagelink-modal-auxiliary-verb_banner grammar-imagelink-verbals_banner experss_6months

シェアする

コメント

  1. ゆーり より:

    X’mas は日本で広まってしまった誤表記ということはまったく知らなかったです。

  2. なお より:

    とても楽しい記事でした。クリスマスについてまた一つ詳しくなることができました。

  3. neraku より:

    本当かどうかはわかりませんが、私が聞いたことがあるのは、クリスマスは本来「キリストの(誕生を祝う)礼拝」であるのに対して、日本の商業的クリスマスは「キリストなんて人は知らないけど楽しければいい日」的な広がり方だったので「誰の誕生日を祝っているかわからない」という揶揄的な意味を込めて「Xさん(誰だかわからない人)のお祝い」と化しているから「エックスマス(Xmas)」と言い出した人がいるのだと聞いたことがあります。本当っぽいですけどこれも作り話なのかしら。

  4. ほりさん より:

    Xmasにまつわる色々な話題を興味深くまとめていると思いました。

  5. megaboui より:

    個人的には十字架だからXの字を当ててるのかとずっと思っていました。そうでないにしても普通にギリシャ語でキリストの事だとは思いませんでしたが。アポストロフィありが日本特有の表記なのは初めて知った気がします。

  6. BM528 より:

    Xmasという表記は最近の流行りかと思っていたので、そうではないと知りちょっとびっくりしました。否定的な見方もあるという事なので、英語圏の人にカードを書く際には気を付けたいと思います。