may wellの意味がなぜ「~するのもわかる」になるのか、might wellとの違いも含めて徹底解説!

このページの読了時間:約555

なぜmay wellが「~するのもわかる」という意味になるの?

今日、学校で『may wellは「十分に~かもしれない」です。そこから「~するのもわかる」という意味になります。』と説明されました。でも、イマイチこの説明に納得できていません。どう考えればよいのか教えてください!

スポンサーリンク

mayのコアイメージ

mayのコアイメージは「上から下への許容」です。

mayの主な用法は「許可」「推量」「祈願」です。

may wellの意味は「推量」用法を活用したものになります。

wellのコアイメージ

wellのコアイメージは「程度を満足のいくレベルまで上げる」です。wellは動きや行為のレベル感に関する表現であることに注意してください。

満足のいくレベルの行為とは「(本人的に)うまくできた」ということでもあり、「十分にやりきれた」ということでもあります。

ここから「うまく~する」「十分に~する」という意味が発生します。

ただし、これらの意味はあくまで日本語訳するならば当てはまりやすい言葉というだけです。できる限り「程度を満足のいくレベルまで上げる」というイメージで捉えて頂ければと思います。

wellの用法(副詞)

例文:They played very well today.(今日、彼らはとても上手にプレイした)

play(プレイする)にwellを追加することで、play well(うまくプレイする)となります。プレイレベルを満足のいくレベルまで上げているわけです。

wellは動詞playのレベル感に関する表現になっていることがわかりますね。

参考:Did you sleep well?(よく眠れましたか?)

sleep(眠る)にwellを追加することで、sleep well(よく眠る)となります。眠るレベルを満足のいくレベルまで上げているわけです。

なお、wellのように動詞など動き表す単語の意味を修正・更新(modify)するものを「副詞」と呼びます。副詞とは何かについては、以下の記事をご参照下さい。

副詞はよく出てくる英文法用語ですが、その正体は一体何者なのでしょう。初心者でも副詞がつかめるように、働き・用法をイメージでわかりやすく解説します。迷いやすい副詞の位置についても記載しています。

may wellの意味

may wellのイメージ

フレーズ:may well(~するのもわかる)

may(ある出来事が想定される)にwellを追加することで、may well(ある出来事が十分、想定される)となります。

推量レベルを納得のいくレベルまで上げており、意味としては「~するのもわかる(無理はない)」となります。

日本語訳はmay(~かもしれない)とmay well(~するのもわかる)で随分変わってしまったように感じるかもしれませんが、英語では推量のレベル感が上がっただけで、連続的な変化であることに注意してください。

※日本語側も「~かもしれない」ではなく「~が想定される」とすれば連続的な変化になります。つまり、「~かもしれない」が表せる範囲が狭く、wellを加えたときにその守備範囲を越えてしまうことが原因だったのです。

may wellの例文

例文:“What’s all the noise?” – “You may well ask.”(「一体全体、あの騒音は何なんだい?」「あなたが尋ねるのもわかるよ」)

あなたが尋ねるのは十分想定されることだ」ということから「あなたが尋ねるのもわかる」となります。

すごい騒音が話し手にも聞こえているような状況で発せられるセリフです。

might wellの意味

mightの意味・イメージ

mightはmayの過去形です。

過去形はいつも過去を表すわけではありません。特にmight wellのようなフレーズでは現在の推量を表すのが普通です。

推量を表すmightのイメージは「一応、想定される」です。mayの表す「想定される」を距離をとって遠ざけたイメージであり、意味は「もしかしたらそうかもしれない」となります。

might wellの例文

例文:“What do they hope to achieve?” – “You might well ask.”(「彼らは何を達成したいと願ってるんだ?」「あなたが尋ねるのもわからなくはないよ」)

あなたが尋ねるのは一応、十分想定されることだ」ことから「あなたが尋ねるのもわからなくはない」となります。

話し手としてはそこまでではないけれど、彼らの意図や行動にわかりにくいところがあるのは確かだと思っているような状況で発せられるセリフです。

このようにmight wellが表す推量には「一部肯定、一部留保」というニュアンスが加わります。

現在形の枠を残したまま過去形が表す範囲まで縮小させることで、スキマが生まれます。そのスキマに含みをもたせているわけです。(これを文法用語で「仮定法」と呼びます。)

※「一部肯定、一部留保」というニュアンスを、日本語では「二重否定(~しなくはない)」で表現することがよくあります。この意味で、英語の仮定法と日本語の二重否定は近い関係にあると言えるわけです。

練習問題:may wellとmight wellの違い

問題 次の例文を訳しなさい。また、例文が表している状況をそれぞれ説明しなさい。

(1) She may well complain of her boss.

(2) She might well complain of her boss.

※complain of ~は「~の文句を言う」という意味です。

答え

(1)

訳:彼女が上司の文句を言うのもわかる。

状況:話し手から見ても上司に非があると思われる状況。

(2)

訳:彼女が上司の文句を言うのもわからなくはない。

状況:話し手から見て、確かに上司に非はあると思うが、一方で上司側にも言い分があったり、文句を言っている彼女側にも非があるのではないかなと思って、一部留保している状況。

まとめ:may well / might wellの意味と違い

may wellは「そうなるのもわかる」という意味で、推量レベルを納得のいくレベルまで上げた表現です。

might wellは「そうなるのもわからなくはない」という意味で、may wellと比べると「一部肯定、一部留保」が加わった表現になります。