付帯状況を表す with+O+C

このページの読了時間:約620

付帯状況を表す with って何でしたっけ?少し複雑だった気がするので、形式や意味を一通り教えてください!

付帯状況を表す with の形式、意味

まずは付帯状況を表す with が出てくる例文から確認してみましょう。

例文:The dog sat there with his tail waving.(その犬は尻尾をふりながら、そこに座っていた)

この例文は The dog sat there(その犬はそこに座っていた)という状況に、with his tail waving(尻尾は揺れている)状況を付け加えています

このような表現を「付帯状況を表す with」と呼びます。

付帯状況を表す with 内の構造

フレーズ:with his tail waving(尻尾は揺れている)

his tail は「前置詞 with の目的語」であり、「waving の意味上の主語」にもなっています。

英語では、このような複数の役割を同時にもたせることをよく行うので注意してください。

※日本語では一つの言葉に「目的語・主語」両方の役割をもたせることはないので、このような英文を日本語に訳すときには工夫する必要があります。(例:「その犬はそこに座っていた」+「尻尾は揺れている」→「その犬は尻尾をふりながら、そこに座っていた」)

参考:複数の役割を同時にもたせる例

例文:It is difficult for me to read this book.(この本を読むことは私にとって難しい)

この例文は形式主語で習いますが、me は「前置詞 for の目的語」であり、「to read this book の意味上の主語」にもなっています。

付帯状況を表す with のイメージ

話を戻して、付帯状況を表す with の概略をまとめておきましょう。

付帯状況を表す with は、「with+目的語(O)+補語(C)」という形式で、「ある状況に『O→C』という状況を付け加える」という意味になります。

最初に挙げた例文では、補語(C)に現在分詞 waving が入っていますが、現在分詞以外に過去分詞形容詞副詞前置詞句なども入ります。

それぞれのパターンについて例文を挙げながら確認していきましょう。

付帯状況を表す with の用法

with+O+現在分詞

例文:The dog sat there with his tail waving.(その犬は尻尾をふりながら、そこに座っていた)

既出ですが、この例文は The dog sat there(その犬はそこに座っていた)という状況に、with his tail waving(尻尾は揺れている)状況を付け加えています。

補語(C)に現在分詞 waving が使われている場合は、His tail was waving(彼の尻尾は揺れていた)という能動的なニュアンスが表現されます。

with+O+過去分詞

例文:She was lying on the sofa with her eyes closed.(彼女は目を閉じてソファーで横になっていた)

この例文は She was lying on the sofa(彼女はソファーで横になっていた)という状況に、with her eyes closed(目は閉じられている)状況を付け加えています。

補語(C)に過去分詞 closed が使われている場合は、Her eyes were closed(彼女の目は閉じられていた)という受動的なニュアンスが表現されます。

with+O+形容詞

例文:Don’t speak with your mouth full.(口いっぱいに食べ物を入れたまま、しゃべってはいけません)

この例文は Don’t speak(話してはいけない)という状況に、with your mouth full(口はいっぱいの状態で)という状況を付け加えています。

補語(C)に形容詞 full が入っているわけですが、このような場合は your mouth = full として捉えるとよいでしょう。

with+O+副詞

例文:The dog stood with his tail down between his legs.(その犬は尻尾を両足の間に下ろして立っていた)

この例文は The dog stood(その犬は立っていた)という状況に、with his tail down between his legs(尻尾は両足の間に下ろして)という状況を付け加えています。

補語(C)に副詞句 down between his legs が入っているわけですが、このような場合は his tail = down between his legs として捉えるとよいでしょう。

※犬が両足の間に尻尾を下ろしているポーズは「怯え・恐怖」を感じているサインだと言われています。慣用句「尻尾を巻く」のイメージです。

with+O+前置詞句

例文:She came home with tears in her eyes.(彼女は目に涙を浮かべて家に帰ってきた)

この例文は She came home(彼女は家に帰ってきた)という状況に、with tears in her eyes(涙は目の中にあって)という状況を付け加えています。

補語(C)に前置詞句 in her eyes が入っているわけですが、このような場合は tears = in her eyes として捉えるとよいでしょう。

まとめ

付帯状況を表す with は、「with+目的語(O)+補語(C)」という形式で、「ある状況に『O→C』という状況を付け加える」という意味になります。

形式 例文 意味 注意
with+O+現在分詞 The dog sat there with his tail waving. その犬は尻尾をふりながら、そこに座っていた 能動的(尻尾は揺れている)
with+O+過去分詞 She was lying on the sofa with her eyes closed. 彼女は目を閉じてソファーで横になっていた 受動的(目は閉じられている)
with+O+形容詞 Don’t speak with your mouth full. 口いっぱいに食べ物を入れたまま、しゃべってはいけません your mouth = full
with+O+副詞 The dog stood with his tail down between his legs. その犬は尻尾を両足の間に下ろして立っていた his tail = down between his legs
with+O+前置詞句 She came home with tears in her eyes. 彼女は目に涙を浮かべて家に帰ってきた tears = in her eyes

【お知らせ】

英語文法の概要を『英会話イメージリンク習得法』にざっくりまとめています。分厚い英文法の参考書を読む前に、さらっとお読みください。

また「これから英語の勉強を始めるぞ!」という方向けに「英語学習を続けるためのコツ」なども掲載しております。ご興味ある方はぜひご覧ください。

imagelink_banner1 imagetrace_banner1 grammar-imagelink-modal-auxiliary-verb_banner grammar-imagelink-verbals_banner experss_6months

シェアする