What’s up? の意味と答え方

このページの読了時間:約339

ネイティブに “What’s up?” って言われたんですけど、どう答えたらいいのかよくわからず口ごもってしまいました。どう返事したらよかったのでしょうか?

What’s up? は教科書では習いませんが、実際の英会話ではよく出てくる表現ですね。この記事では What’s up? という表現の意味と、その答え方について解説します。

スポンサーリンク

What’s up? のイメージ

例文:What’s up?(何かあった?)

What’s up? は What is up? の短縮形です。

up は「上へ向かう」動きを表しており、そこから「出現する」という意味が派生します。「何か新しいことがあった?」で「最近何かあった?(最近どう?)」となります。

What’s up? の意味と答え方

話の取っかかりとして使われる What’s up?

例文:“Hey, what’s up?” – “Nothing much.”(「おーす、最近何かあった?」「別に何もないよ」)

友だちに会ったときの挨拶と話の取っかかりとして使われるパターンです。この場合は定型文なので、あまり真剣に返事を考える必要はありません

日本語でも「最近どう?」という質問に対して「別に~」と答えたあと、「そういえば、この前さぁ~」と続けたりしますよね。つまり、「別に何もないよ」という答え自体が定型文のようなものなのです。

とりあえず “Nothing much.” と答えている間に、相手に何か伝えたいことあったかな…、と考えればよいわけです。

“What’s up?” への答え方として代表的なものを挙げておきます。

  • Not much, what about you?(別に何もないよ、あなたは?)
  • Nothing special, just chilling. (特に何も…、だらだらしてるだけ)
  • Just the usual.(いつも通りだよ)
  • Same as usual.(いつも通りだよ)

掛け声として使われる What’s up?

例文:What’s up man?” – “What’s up dude?”(「おーす」「おーす」)

男子同士が学校ですれ違うときに交わす挨拶のようなイメージです。

そのあと話をするような雰囲気のときは、”Nothing much.” のような返事をしますが、流すときはそのまま “What’s up?” で返してしまうというわけです。

なお、 What’s up ○○? の○○ですが、呼びかけるときの呼び名が入ります。○○に何が入るのかは、話しかける相手との関係や距離感によって変わってきます

man は「お前」くらいのニュアンスで、dude は「奴、野郎」くらいのニュアンスになります。他には男同士だと bro(brother の省略形)もよく使われます。

呼びかける相手が集団の場合、男女混合だと guys となり、女の子だけだと girls になったりします。

相手に尋ねるときに使われる What’s up?

例文:What’s up with you?(何かあったの?)

with you をつけると、定型文というよりは内容のある会話を期待している感じになります。

相手に何か「おやっ?」と思わせるような違和感を感じたときなどに使います。

What’s up? のまとめ

カテゴリ 例文 意味 注意
話の取っかかりとして “Hey, what’s up?” – “Nothing much.” 「おーす、最近何かあった?」「別に何もないよ」 答えも定型文として使えばよい。その間に考える。
掛け声として “What’s up man?” – “What’s up dude?” 「おーす」「おーす」 すれ違うときに交わす挨拶のイメージ。
相手に尋ねるとき What’s up with you? 何かあったの? 相手に微妙な違和感を感じたときなどに使う