分詞とは

このページの読了時間:約126

英文法で「現在分詞」「過去分詞」に出てくる「分詞」ですが、そもそも何者なのでしょうか?この記事では、分詞のイメージを元に、分詞とは何なのかを解説しました。また分詞を表す participle の意味についても言及しています。

imagelink_banner1

分詞の意味・イメージ

英語における分詞とは「動詞と形容詞の性質を合わせ持った複合語」のことです。

分詞という言葉からは、「分ける」といった【分割】のイメージが出てしまいますが、実際には【合わせ持つ】イメージであることに注意して下さい。

例文:He is singing.(彼は歌っているところです)

このsingingが分詞で、意味は「歌っているところ」となります。動き(動詞)と状態(形容詞)を同時に表現していることがわかりますね。

おすすめ英会話教材 英会話エクスプレス

分詞を表す participle の意味

英語では分詞のことを participle と呼びます。

part(部分・役割)という単語が含まれていますが、元々の語源となっているラテン語では、いろいろな役割・働きをする単語のことを participle と呼んでいたそうです。

特に、英語の分詞は「動詞と形容詞の性質を合わせ持つ」ので「動形容詞」のように読み替えたら、分詞というものを捉えやすくなるかと思います。

英語版のWikipediaでは、participle を verbal adjective(動的な形容詞)と説明しています。

【分詞の関連記事】

【動詞の派生語をまとめて学習したい方へ】

動詞の派生語(過去分詞・現在分詞・to不定詞・動名詞)に関する記事を一冊の電子書籍『英文法イメージリンク【動詞の派生語】』にまとめました。公開記事との違いは次の通りです。

  • 読みやすいように編集しました。
  • 記事中に広告がありません。
  • 練習問題を設けました。
  • 参考例文を追加しました。

また電子書籍なので、キーワードで横断的に検索することができます。リファレンス用などとしてぜひご活用ください。

grammar-imagelink-verbals_banner

この記事のURLとタイトルをコピーする

シェアする

関連コンテンツ

コメント

  1. アバター 123 910 より:

    書籍版は販売してなのでしょうか。

    • 遠藤雅義(Endo Masayoshi) 遠藤雅義(Endo Masayoshi) より:

      「動詞の派生語」は現時点(2019/02/16)では電子書籍版のみとなっており、通常の書籍はご提供できておりません。ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願い致します。